とほかみえみためで時空を超える!

内容

皆さんこんにちは!
大島です。

最近各講師から、

『縮時法』
の話題がよく出て来るように
なりましたので、

今回は
私の『縮時法』体験の中から

分かりやすいものを
ひとつご紹介させて頂きます。

まだ20代の頃、
急に思い立って

当時のパートナーと2人で
神戸まで車を走らせました。

その頃は車で遠出をした事が
ほとんど無く、

関西に行くのも初めてでした。

今のようにスマホで簡単に
所要時間が分かるような時代では
ありませんでしたし、

時間にも余裕がありましたので、

何の計画性もなく

『走っていればいつかは着くだろう』

位の軽い気持ちで出発しました。

出発は栃木県の宇都宮市で、
そこから高速に乗り

東京に入るまで
1時間ちょっとかかりました。

東京までは何度も
ドライブしていたので、

そこはいつも通りの
時間がかかりました。

そこから、
いざ神戸を目指して

中央自動車道を
平均110キロのスピードで
車を走らせました。

(僕は以外と安全運転なのです(笑))

特に大きな渋滞もなく
スイスイと順調に車は進み、

神戸に着いたところで
友人に電話をかけて

近くのレストランで、
落ち合うことにしました。

『遠いところをご苦労さん!
東京からどの位かかった?』

友人の第一声です。

『うーん、2時間位かな?』

この答えを聞いた友人は、
思わず大爆笑。

『そんなんワケあるかー(笑)
どんなにぶっ飛ばしても

6時間はかかるわー!!』

それを聞いて
パートナーと目を見合わせて
絶句してしまいました。

東京に着いた時点で
時間はしっかりと確認していますので、

2時間で着いたことは間違いありません。

逆に友人に
騙されているのかと
疑ったくらいです。

神戸から帰る時に、
友人に

『2時間で東京に帰るから見とけよー!』

と啖呵を切ったのですが、

帰りはしっかり
6時間半かかりました(笑)

本来の所要時間を
知ってしまったからかも知れません。

思い起こしてみると、

子供の頃はこういう事が

今より頻繁にあったような
気がします。

知識や常識が
増えていくにつれて

どんどん
時空に閉じ込められていくのを
感じます。

本来私たちは
時間も空間も超えた存在なのだと
腹に落ちれば、

自由に時空を
遊び楽しむことが出来ます。

『縮時法』の極意も
『空』にあります。

『とほかみえみため』
で『空』を掴み、

時空を超えて行きましょう!

ABOUT US

大島英明
幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


6 件のコメント

  • なーるほど、そんなすごい経験をされているのですね。特に時間を気にせずにやったらこうなった。後で常識と客観的証拠と付き合わせたら気にせずにやった方の時間がとんでもなく常識はずれの時間だった。
    我々は普段から不測のトラブルに合わないようにと、無意識的に出来る限りの予想をしてことにあたりますよね。それが却って無意識的に自分を縛ることになっている・・のかな? うーん、面白いですね。

  • 凄い体験ですね!
    縮時法…漢字変換には工夫が必要な言葉!

    ホンマですか?
    2時間は……??

    意識2時間持つと成就してしまう。

    記憶に置いて。とほかみえみため。唱えます。

  • 昨日読ませて頂き脳に強くインプットした 箇所と 今朝…朝日を浴びた後にもう1度読み直して注目したら個所が異なる事に気がつきました.よく何度も繰り返して!と言われますが、ふと!反芻動物の事が浮かんだ!Wikipediaなどで調べても良いけど兎に角…人間には消化しにくい繊維質の植物を反芻してそれを人間の為になるタンパク質などに供給してくれるところまで…それてしまった!

    今朝はこの部分に忘れる事のない衝撃を受けた!
    ⬇️
    子供の頃はこういう事が

    今より頻繁にあったような
    気がします。

    知識や常識が
    増えていくにつれて

    どんどん
    時空に閉じ込められていくのを
    感じます。

    本来私たちは
    時間も空間も超えた存在なのだと
    腹に落ちれば、

    自由に時空を
    遊び楽しむことが出来ます。

    『縮時法』の極意も
    『空』にあります。

    『とほかみえみため』
    で『空』を掴み、

    ⬆️は.これは凄い!行きは意識しないで110キロで走り…確かに行きは宇都宮から神戸まで2時間で行けた事実!帰りは知ってしまった常識の6時間半掛かった!と言う事実を重視しました!
    大島さんのこの様なたくさんの体験から来ているお言葉をこれからも理解深める為にワクワクした⬇️気持ちで読みます!それにしても行きは2時間!の奇跡な事を平然と言って友達が爆笑で反応した事は…凄い思い出ですね.

  • 自己であれ他者であれ
    事実として認識したことが
    現象化するということが
    よくわかるお話でした。
    ありがとうございます。

  • 素敵なメッセージ有難うございます。

    そんなワケあるかー(笑)っと思う一方で、とても理解出来ます。そんな体験を過去何度もしてきたような気がします。

    自覚していないところで、私も時間と空間を超えた体験を何度もしてきているんでしょうね、きっと。

  • 面白いですねぇ!
    子供の頃って何にもとらわれずに、人間本来の姿で自由自在に生きていた気がします。
    大島さんは大人になっても自由自在!
    いや、誰だって本当はそういう存在なんですね。
    有難うございます。

  • コッコ さん へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です