内容


皆さん、こんにちは。
内海昭徳です。

先だってのみえますQAライブ
ご参加、ご視聴くださった方々
本当に、どうもありがとうございました。

時間もだいぶオーバーしまして
3時間をゆうに超えるものになりましたが

おかげさまで
素晴らしい始まりのときを
刻むことができました。

改めて、心から感謝いたします。

もちろんこちらの
エクレルの方でも

少しでも皆さんの人生のヒントになるものを
引き続きお伝えしていければと思いますので

とほかみネットワークの輪の中で
ご縁を深めさせて頂ければ有り難く思います。

さて本日は、エクレル体験談の日です。

さんそんママさんから、
このような心あたたまる体験談を頂きました。

“先日、子ども達と登山に出掛けまして、六年生の長男が、我が家でも大好きな「鬼滅の刃の修行だー」と言って岩や川を飛び越えて遊んでいましたら、案の定滑って転んで足や顔を石にぶつかり大泣き。
「もう歩けない、立てない」などと言って泣いておりましたが、本人がはっと気づき「とほかみえみため」を唱えだしました。
すると、「痛みがなくなったー」と本人も 驚いてまた走り回ってました。
子どもは素直というか単純というか、、大人よりもはるかにあちらの世界と繋がりやすいんだなと感じました。”

小学六年生というと、11,12歳ですね。

私も小学二年生の長女をはじめ
三人の子育て真っ最中でして

子供たちには隙あらば
「とほかみえみため」の
言葉をかけています。

親が自然に唱えていると
小さい子どもは遊び感覚で
一緒に唱えるものなのですね。

また私の場合は、
子どもがどこか体の具合が
悪いと言ってきた時に、

その部位に手を当てたり
さすったりしながら

「とほかみえみため」を唱えています。

するとやっぱり、
さんそんママさんの体験談のように
「もう大丈夫〜」などと言って
けろっと元気になったりします。

こういう効果はもちろん
大人でもあるのですが、
やはり子どもの方が
効果てきめん、の感が強いですよね。

さて、なぜなのでしょう?

いろんな理由が考えられますが
今日のところは

「無心で素直であること」

と解しておきたいと思います。

心のねじれ、ゆがみ、滞り、
囚われ、詰まり、わだかまり、などなど…。

そういったものが無く、
そのままスッと言霊がはたらくあり方。

「素(ス)に直る」

という言葉の並びのとおり
ありのまま、そのまま、そのものとして

「スナオ」

であることが、とっても大きな要因です。

大人になるとどうしても
いろんなものが
心にくっつき、張り付きますが

子供のあり方が諭してくれることを、
ぜひ「スナオ」に、大切にしていきたいものですね。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


17 件のコメント

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    アワジを産出す、根源の言霊ス。

    スに直る・・・、素直さこそが、この神遊びを体得できる奥義なのかもしれませんね。

  • 実家のネコ、爪切り嫌いなんですが、『とほかみえみため』唱えながら抱っこしたらとってもスムーズ。あっという間に終わりました。ネコにも通じますね!

  • 我が家の体験談をシェアしてくださりありがとうございます!!
    息子に報告すると、嬉しそうに照れ笑いしておりました!!

    「素に直る」から素直という言葉が産まれたのですね。
    大和言葉の美しさを感じます。
    これからも奥深い言霊の一音一音を大切に「とほかみえみため」を唱えていきたいです。

    ありがとうございました。

  • 内海昭徳先生
    先日のQAライブに私の質問のアンサーをいただき本当にありがとうございました。
    どの時点で、お礼を申し上げようかと思っておりました。私はギリシャ西マセドニアに住むたった一人の日本人です。この場所で皆様のお話を拝見、拝読させていただいております。諸先生方のお姿は非常に上品で紳士でユーモアもあり、お言葉の一つ一つは凡人では思いつかない叡智に富むものでした。白川神道を代表するすばらしい方々ですね。「とほかみえみため」に出会えた、ご縁を大切にして参ります。3月初旬、コロナウイルス騒動で海外に住む日本人も中国人と同じように「コロナ!ウイルス!」などと呼ばれ、いじめの被害に合われていたようでしたね。私もオープンマーケットで「危ないぞ、近づくな、気をつけろ」などと何人かのギリシャ人が私を見ていっていました。その後、買い物に行くのが嫌だったのですが、毎日「とほかみえみため」を唱えていたら、怖がる気持ちもなくなり、長年の右膝関節痛もピタリとやみました。生きて行く上で大事な素直さをまた、「とほかみえみため」を唱えることで教えていただきました。内海先生のお子様たちの素直さは親の信仰もありますが汚れのない魂なんですね。すばらしいお話ありがとうございます。

  • 娘達が、これから大人になりピンチな時にこそ、唱えて逆境も強く乗り切る人になって欲しいと思って、娘達が失敗をした時にこそ「はい!とほかみ40回!!」と言ってやらせるようにしてます(笑)私自身も子供にイラついた時に、声を出して「とほかみえみため」と言うと怒りがおさまります(笑)そして、その度ご先祖様にありがとうと思うようになり、ご先祖と一緒に子供を見守り育てている様に思えて幸せな日々です。

  • うちの子どもは11才、5才です。
    5才の子どもは私がお祓いを唱えると
    とほかみえみため、を自然に一緒に唱えています。
    11才お兄ちゃんは、照れがあるのか?普段は唱えていませんが、塾へ行く途中電車の中でお腹が痛くなった事がありました。
    メールで、お腹が痛くてどうしたらいい?と泣き声です。
    そこで、とほかみえみため、と心で唱えて痛い所に手をあてて、と返信した所実行し、
    痛みが治まったという事がありました。
    (*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    内海昭徳
    株式会社ロンズデーライト代表取締役
    neten株式会社客員研究員

    筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
    9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
    世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
    北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
    シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
    コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。