死生一条

内容


こんにちは、内海昭徳です。

今日は、私の好きな荘子の言葉を一つ、ご紹介します。

万物斉同を説いた荘子は、死生観について、

「死生一条」という概念を残しました。

死と生はひとつである、ということですね。

私たちは普段、肉体生命の時間を
生きていると認識していて、

これが失われるときを、死、と捉えています。

死には、たくさんの情念が付きまといますね。

離別の悲哀、今生への未練
現象への執着や愛着

死の間際、そして未知なる死後の世界への恐れなど。

たとえば感染への恐怖も、
つまるところは死の恐怖に対する
無自覚的な表層意識の一部でしょう。

もちろん私も、
大切な人や仲間、家族が病苦で死ぬのは
イヤだと感じます。

死ぬときに苦しいのとか痛いのは
イヤだなあ、と思ってますし、

人の生命が絶たれていく様を観じれば、
悲痛な思いも湧きます。

虚無的な死生観に陥らない為にも、
「生」の豊穣と感謝に対する感性の深化はとても大事だと思います。

一方、本質的に観れば、
人生とは死亡率100%の物語なのですから

死の恐怖に惑い、怯えて生きるよりは、
死というさだめをまるっと
飲み込んでしまった方が、いっそ楽な感じがします。

メメント・モリ(死を想え)という
有名な言葉がありますが

あれも原義は、
「今を楽しめ」ということだそうですね。

古神道では、4次元現象世界での「今」を突き抜けた先に

「中今」という概念がありますが、

ここはまさしく、死と生とがひとつになったところであり、
同時に、死も生もない境涯と言えます。

先祖と繋がり、万象の根源に至る
「とほかみえみため」の言霊は

死につきまとうあらゆる情念を祓い清め、
平らかで安らかな心境で中今を生きるための業、とも言えるでしょう。

といっても一足飛びにそんな境涯を得ずとても、

例えば、
朝に、今日が人生最後の1日だと感謝して朝日を浴び、

夜に、今日の1日と今生に感謝して床に入る。

1日1日に、ひとつひとつの出来事に、あらゆる瞬間の世界に、
天地万物の恩寵がはたらいている。

そして、今を生きる自分と、
すでに死を通過した遠津御祖神

つまり生者と死者とが
「とほかみえみため」という一条の言霊によって結ばれている。

そんなことも観じながら、静かに心を整えてみれば、

こんな時勢だからこその意識深化ということに、
きっと繋がっていくのではないでしょうか。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


31 件のコメント

  • いつもありがとうがざいます。
    死生一条 深い言葉ですね。
    自分がどれだけ理解出来ているのかわかりませんが、死者と生者が繋がる言葉 とほかみえみため と朝に夕に
    唱えて行きたいとおもいます。

  • 死生一条  すばらしい達観した言葉ですね。その為にも今をせいいっぱい楽しんで一瞬一瞬を中今で生きる。世の中がこのような状況でも  とほかみえみため  を唱えていると安心して生きられます。本当にありがとうございます。

  • 空の次元に生と死を入れる発想で混乱するのでしょう!投槍ではないけど、生まれた瞬間死に向かう。真面目に親切、等身大に空に囲まれれば、死は恐くないです。誰も知らなかった、最近見なかったけどのままに死に達するとほかみえみためです。空だから、無いが有るがわかるのです❗️肉体は滅びても、言霊感は残る空、五次元を生きます!

  • 朝は目覚めたことに感謝して起き
    夜は、一日を生きられたことに感謝して眠る
    これだけなんですね。

    まだまだ、死を思うと怖くなりますが
    「とほかみえみため」
    の言霊に助けてもらいます。

    ありがとうございます

  • 何時もありがとうございます。私は特に死を恐れてはいませんが、概念的に死を迎えた時に苦しみがあるのではないかとい気がします。しかし「とほかみえみため」は、それを超越していることで安心します。

  • 「とほかみえみため」という一条の言霊
    生者と死者のつながりと
    自分自身のとおい昔からのつながりも感じ
    心が静まっていきました。
    ありがとうございました。

  • 朝目覚めたら、ふと気づくああ生きてると。死に向かう一日が始まった。生きてるから死ねるのだ!と。空に覆われる。1日を正直に親切等身大にとほかみえみためしよう!同じようなコメントしか出来ないけど、昨日と違う自分をご先祖様は喜んでくださるかな!

  • 「死生一条」 つまり人間は、この肉体(この世界)だけの存在ではないということですよね。
    「今ここに在るワタシ」という意識が、何を考えて何を求めてどこを目指して生きているのか?「ソレが問題だ」ってことですよね。

    昔「大阪万博」で「人類の進歩と調和」というテーマが掲げられた時、子供心に「人間って素晴らしい生き物なんだな~」と思ったものですが、結局、人は皆、「(自分という存在に)心から安心したい存在」なのじゃないでしょうか?
    その「安心・安全」を得るために「自分と他人を癒し、安心させ、楽しませ、喜ばれる存在でありたい!」と願うのが「人間」なのじゃないでしょうか?
    そして、それは「この宇宙」をつくった「万物の創造主」の願いでもあるのじゃないでしょうか?
    人間の内なる宇宙(精神)が一応、創造主と同じ「思いのまま」という〝つくり”になっていることは、神のごとき知恵も愛も持ち合わせない不出来な人間にとっては危険極まりない「自由」なので、、やはり、「神の教え」や「助け(救い)」は人間に必要不可欠と感じます。

    そして今、思うのは、神様も決してこの「現実世界」に満足などしていない。今の人類に満足などしていない。それどころか、一旦リセットして一からやり直したい位のお気持ちなのでは!?とも思える、こと。かもしれない!?などと、神サマの気持ちをおもんばかったりしています(笑)

    神さまが「より良い(人類)世界」を求めて、人類の永遠の「進化・発展と調和」を促しておられると信じることは、決して慢心でも、特定の神への執着でもないですよね。
    その時代その時代に“特定の神”が出現し、後の世に「救世主」と認められることは歴史上繰り返されてきたこと。古い神への執着が災いの元であるのは、「確かにその通り!」と思いますが、だからといって、イエス・キリストが西洋の光であり、釈迦が東洋の光であることは、歴史上否定できない事実でもあり、文明の終わりには必ず新しい「文明の光」が誕生することになっているのじゃないでしょうか?
    というか、末世も甚だしい現代日本にこそ、救世主(=地球の光)の降臨が待ち望まれます。

    歴代天皇にだけ伝えられてきた「とほかみえみため」の言霊の力が今蘇ろうとしていることも、世界を救う救世主に日本がなるための神仕組みの一つとは思いますが、「とほかみえみため」の言霊がどこまでも「和の国 日本の光」にとどまるなら、世界に通用する「神の言葉」が必要だと今は思います。
    実は、非常事態宣言発令直前、映画「三島由紀夫vs.安田講堂全共闘~50年目の真実~」を映画館で観ました。
    その中で「だからあなたは日本人という枠を越えられないんだよ」と学生に言われた三島由紀夫が「それでいいんだよ!」と返して無茶カッコイイ!と思いましたが、「とほかみえみため」の言霊信仰の精神も、三島由紀夫と同じく「日本人はどこまでいっても日本人でいいんんだよ(外国人にはわからなくて良いんだよ)」なのでしょうか?
    それはつまり、「日本人が世界に通用する言葉でもって世界を救うというより、世界が日本に学べばよい」ということでしょうか?
    日本が島国で、日本語が世界の中では特殊な言語であることが、日本の国土と日本文化を守ってきたのは確かですが、その特殊性が今や日本を孤立させ、世界の中で一番トンチンカンな動きをする孤島の“貧国弱兵の国”になってしまったのは残念過ぎます。

    この時代、今の日本を目覚めさせる「神の言葉」が「とほかみえみため」だけなら、先の戦争で散っていった英霊たちののように、三島由紀夫のように、日本と世界の為に潔く一旦滅んで見せるしかなくなるのでは…と危惧します。
    そして、日本がどんなに見事な散り際をみせようとも、世界の手本となろうとも、先の戦争でも連合国側によって史実を捻じ曲げられ、戦後の日本もソレを誇ることが出来ないようにされたように、今回のコロナ戦争で日本がもし中国にひれ伏すようなことになったら、この星は中国共産党ウイルスが蔓延して赤く染まってしまうでしょう。歴史は中国共産党によって書き換えられてしまうでしょう。(先の戦争が連合国側によって書き換えられ、日本にあらゆる濡れ衣が着せられたように)

    なので、世界に通用する「神の言葉」が今の日本にはどうしても必要だし、もし「神の言葉」が今、降りていたとして、聞こうともしない日本人が大半なら、「家にこもって、マスク・手洗い!」しか言えない唯物論日本政府同様、国民にも天の裁きが下されるのでは?と危惧しています。

    日本が(そしてこの星が!)それぞれの民族神の決戦場にされないコトを祈るばかりですが、中国には、唯物論共産主義という邪神が憑りついて離れません。
    せっかくコロナウイルスが中国を封じ込めてくれたというのに、台湾・香港・日本の味方「コロナウイルス」を怖れて、中国の唯物論共産主義の侵略を怖れない、日本政府と日本国民は、中国同様、天の裁きを受けるのでは?

    そうなって初めて、日本人も神に救いを求めるのでしょうか?
    このままでは、日本は世界を救うどころか、三島由紀夫が危惧した通り、今すでに「日本が日本でなくなっている」気がしますが、「とほかみえみため」だけで本当に、間に合うのでしょうか?
    日本人の枠を越え、広く世界を見渡して、今・現在の世界に通用する「新しい神の言葉」が日本で説かれて然るべきじゃないでしょうか?
    日本が先の戦争に負け、国の柱(現人神)を失ったのが、すべての災いの始まりなんじゃないでしょうか?

  • 今日のコメントは、皆様大変素晴らしいですネ私は、東洋医学治療家、量子医学無限療法も生かし子供の難病改善、障害児のケアボランティア等もさせていただいて来ました。目標は、日本の未来に格差の無い子供達の教育分野と世の為人の為にこぼれる愛を地域から貢献。とうかみえみため、、を朝夕日々お唱えし心穏やかに残りの人生を歩みながら此の世に未練を残す事無く、幸わせでした、と言える終わりを迎える時迄日々精進に努めます。凄いご縁に心から感謝申し上げます。ありがとうございます。合掌松下

  • メメント・モリ(死を想え)という
    有名な言葉がありますが
    あれも原義は、
    「今を楽しめ」ということだそうですね。

    違うと思います。
    死を想え、いつか死ぬ
    王にたいして、死んだ後、汚名を残すような行動をするなと言う
    王に対する戒めの言葉です。
    王の行進?の時、家来たちがメメントモメを唱えながら行進したそうです。
    安易な発言は信用を無くします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    内海昭徳
    株式会社ロンズデーライト代表取締役
    neten株式会社客員研究員

    筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
    9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
    世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
    北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
    シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
    コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。