急流中底の柱

内容

エクレルの皆さん、こんにちは。

師走も近づいてこようという時期ながら
コロナのこと、米大統領選の今後など

落ち着いて、心温かに
一年最後の月を迎えるには、
不安定な事象が尽きませんね。

時代や歴史の変遷は
川の流れのように例えられる
ことがありますが

VUCA時代と呼ぶに
ふさわしく、というべきか
激流、急流続きの2020年です。

以前、福井に仕事の関係から
ご縁があった時に

継体天皇の事績をはじめ
福井の歴史に少し触れさせて頂く
機会があったのですが

その中で、幕末の福井藩藩士
橋本左内のことを知る機会がありました。

左内の残した言葉に

「急流中底の柱 即ち是れ大丈夫の心」

というのがあるのですが、

幕末日本が時代の急流であったとして

2020年以降の日本も世界もまた、
どうやら急流から逃れ得ない状況で
あることを考えるとき、

いかなる激流の中でも動じない柱を
自分の心の深い底から屹立させることが

この時代の難局を生き抜く上で、
非常に大切なことになるのではと思います。

話は転じて、心の柱といえば

伊勢神宮には
心御柱(しんのみはしら)が
立てられていますが

こちらは神を迎えるための依り代
としてのはたらきを持っています。

そのはたらきは
時代、時代のいかなる急流の中でも

国家と人々の安寧と幸福のため、
神意と共にある不易の柱として

長い歴史を貫いて
人々の人生を支え、守り続けてこられたのでしょう。

抗いようのない急流の中
個人でその時代を生き抜くのは
到底容易ではないとした時、

まずもって、自分という
存在に連なる不易の柱を

自分の中に
深く静かに迎えることは

かけがえのない支えになってくれると思います。

そして、「とほかみ」と結びを起こし
そのはたらきのご加護を受けて
この苦難の時代の先を開くことができるとしたら

「とほかみえみため」という
たった八語の言霊で結ばれている
このエクレルというネットワークは

これからの世界を生きる人々にとって
どれほど貴重なものになるだろう、と

そんなことに想いを巡らせた今日でした。

あるいは
そこまで大仰に考えないとしても

「とほかみえみため」という、
人と神をつなぐ柱となる言霊が

エクレルの皆さんが
この時代を生きる上での
「急流中底の柱」となっていただけたらと

この叡智とご縁を頂いた
同時代人として、そんな風に感じる次第です。

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。