「とほかみえみため」の神髄を掴む~負のエネルギー~

内容

エクレルの皆さま、こんにちは。
石原政樹です。

前回の「にぎ」さんの
体験談解説でも触れましたが、

このところ、「負」のエネルギー
をしっかりと実感するという課題が
出ています。

「とほかみえみため」で、
現実的、つまり「正」の世界
の願いが叶うという前提で、

さらに奥にある真髄を
掴む段階に来たという
ことです。

皆さまが日々
「とほかみえみため」を唱え、
階層を上げられた結果として
次の段階を顕す時期に来た
とも言えるでしょう。

それは「とほかみえみため」を
唱えるだけではなく、その際の
意識のありようを見直すという
段階です。

あくまでも現実的な
幸せのみを目的として、
「とほかみえみため」
を唱えた場合、

現実的な願いが叶ったとしても、
それが本当の意味での
永続的な幸せか?という
疑問があります。

物質的な欲求は
キリがありません。

地位も名誉も富も
どこまでも欲しくなる。
それが人間の性です。

また自分自身が満たされると
いわゆる増上慢に陥り、
意識進化の道から外れてしまう
こともありえます。

負のエネルギーは、
それと対極の世界であり、

実践としては
遠津御祖神を
鎮魂するということ。

あるいは、8月にメルマガで
書かせていただいたように
たとえば戦没者を鎮魂する、

それが負のエネルギーを
実感する近道になるのです。

これは、自身の幸せが
背景にありながら、その上で

連綿と命を繋ぎ、
自分をこの世に送り出して
くださったご先祖さま、
あるいは国を支えてくれた英霊達。

それらの存在に想いを馳せ、
鎮魂するという意志を持って
「とほかみえみため」を
唱えることにより、

本当の意味での負の領域への、
アクセスが始まります。

正の世界はあくまでも
相対の世界であり、
絶えず周囲との比較が
生じてきます。

たとえば、
神話の解釈ひとつとっても
正しいとか間違っているとか
闘争が繰り広げられています。

過去のデータから見ると
正解の候補がいくつか
あるとして

その、いくつもの答えを
作っている大元の世界、
それらが形になる前の世界、

そこに踏み込めるのが
まさに負の世界であり、

負の世界が形を超え、
欲得を超えているが故に、

個人や社会を、
正しく導く情報の源にもなると
いうことになります。

また、負のエネルギーを感得
するようになると、

その負のエネルギーからくる
無形の喜びを得られます。

私たちを支えてくれた
ご先祖や英霊に対する鎮魂などは

大きな悲しみと喜びが矛盾なく
統合され、真の喜びが漲ってくる
世界です。

現実的な幸せも
もちろん大切ですが

皆さまの意識進化に伴い、
負のエネルギーの世界を通して、
「とほかみえみため」の
素晴らしさをお伝えできればと
思います。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


8 件のコメント

  • 石原さん、本日のコラムも涙が出ました。
    自分というより、ご先祖様かもしれません。

    いつも心して感じる様に耳を傾ける様にしていますが、していますが、そういう事も通じているのだと思えました。

    いつもありがとうございます。
    表現がうまくできませんが、いつも感謝です。

  • 《負のエネルギーから来る無形の喜び》
    負のエネルギーからは、逃れたい。と想ってしまいます。まだまだ修行が足りない!を実感しています。
    その域に達するまで
      《とほかみ えみため》唱え続けます》。
       

  • 石原さん、こんにちは。いつもありがとうございます。
    本日の記事を読ませていただいてイージーロゴスでも日本の為に戦ってお亡くなりなられた英霊たちまた、戦没者の方々、戦国時代など日本国内での戦いで亡くなられたご先祖たちを鎮魂できるような構文を私達にも公開していただければありがたいです。
    あと、個人的なんですがいろんなことをすべてイージーロゴスで発信しようとすると500文字では足りない感じです。ロゴストロンの大型機というのと同じにしてほしいとまではとても言えませんが、もう少しだけ容量のアップはしていただけないでしょうか?
    勝手なこと言い申し訳ありません。使っているうちにそう思うようになってしまったものですから。

  • いつもありがとうございます。こちらのコラムを読ませていただくと、自分を振り返る機会となりありがたいです。最近特に先祖が気になり、どんな人だったのか?どんな亡くなり方をしたのか?と思っていました。先祖を意識して祓っていきます。
    ありがとうございます。

  • 「負のエネルギー」という表現が少し気になりますが、最新刊の大野さんの本に書かれている宇宙理解の方程式(魔法の三角形)のことだと思いました。負のエネルギー=ロゴス=言霊=情報=神 (源)(最後の神は私流)が見える視点のことだと思いました。

    石原さんの私たちみえますメンバーの意識進化を希がっておられるお気持ちがよく伝わりました。
    一日も早くこの高い階層からの視点で物事が見れるように精進したいと思います。
    ありがとうございました。

  • 石原さん、ありがとうございました☺️不思議なのは、最近、うちの家系図を作ろうと、ふと、思い立ち、市役所へいき、戸籍を取り寄せました。これから、一人ひとりを時間がかかってもいいから、ご供養していこうと思っています。負の世界にアクセスしたい。

  • 英霊のこと想うと今生かされて生きてることをよりフォーカスされていきます。
    心寄り添う氣持ちに一層なりました。
    今を生ききる日々の在り方に変化を感じます。
    ありがとうございます。

  • 何時も石原さんのコラムの内容に心震える思いが湧き上がります。何かズーッとこの負の世界を求めていたように思うのです。私自身のこの身体の生死、のみならず、幼い時から、常に生死の狭間にいたように思います。歴史の大きな変換の時に生まれた事が、それも中国で生まれた事が、何か意味がある様にまだ幼く、知識の理解は無くとも感性で感じていたのではないかと思います。15・6歳の頃から閉じられていた蓋が開き始めながらも現実世界とのギャップの中で気づく事ができないままもどかしさを感じて生きてきた様です。この白川のお道に出会いが有った事は遠津御祖神のお導きで有った事は間違いのない事実です。正直、母から聞いた時、小学一年の私のIQは172で、東京都内で私ともう一人の男子がトップだったそうです。その後様々な事があり北九州に移り小6の時のIQは下り168でした。これは私自身の記憶で間違いありません。勉強は学校の授業を受けるだけ興味は常に本の中それも自然の中の人の描写や神話古代史、宗教などとても変な子供でしたが、其れを人に知られるのは何か嫌で、外でお転婆な事ばかりしてお友達も男女問わず遊んでいました。知識や、目に見える事より何時もSFや古代の歴史物ばかりに興味があった事を良い事か悪い事かはわかりませんが思い出します。見えない世界を追い求めての人生、よく精神異常者にならなかった事と我ながら感じます。その生きた道筋もきっと御先祖からのお示しいただいた道だったのだと思います。Gコードを通じ、とほかみえみため に出会えた事は偶然では無く私にとっては必然であったと感じています。見える正の世界はある意味有限ですが、この負の世界は無限であり、又、無量、無辺であると思います。どこまでも小さく点のようであり、果てのない広い掴む事すら出来ないこの世界は唯あるのみと委ねる以外にないのではと感じるのですが間違いでしょうか?一つ私の中の思いはこの負の世界こそが自分のルーツの様に感じていたのでは?という事なのです。変ですね。ごめんなさい。増上慢なのかもしれません。とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している