いざ!逆吉

内容


こんにちは、
阿蘇安彦です。

一般的には、神と悪魔は闘争し、
永遠に対立していると捉えられています。

しかし、白川神道の教えでは、
その前提を覆す概念と技が
伝承されているのです。

災いをおこす働きを
「禍津(まがつ)」と、
古神道では言います。

その「禍津(まがつ)」を、
言霊の力で「禍津日(まがつひ)」にして、
瞬時に神として祓い清める。

白川の祓詞である身禊祓には、
「八十禍津日神(やそまがつひのかみ)」と、
「大禍津日神(おほまがつひのかみ)」
という神様が出てきます。

つまり、日本では古来より、
どのような災いや罪穢れも、
神に変えてしまう概念と技が
神道の教えとして伝承されているのです。

このように、凶を吉に反転させることを
「逆吉(ぎゃくきち)」と呼びます。

人類の災いであり、国難を乗り超えるには
この「逆吉」の精神と技が必要です。

皆さまと一緒に唱えている
「とほかみえみため」

その8文字は、
人類が苦難を乗り越えてきた
精神と技の結集といえるでしょう。

阿蘇 安彦

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


27 件のコメント

  • 阿蘇先生、逆吉の事を教えて頂き、ありがとうございました。
    禍事を神様に変えてしまうなんて素敵な、考え方なんでしょう❗元々、悪いことなどなーんにも無いんだよ❗だから、安心して生きて行けば良いんだよ。と、言われた心地よさを感じさせて頂きました。毎日とほかみえみためを神棚と、御仏壇に唱えております。
    最近、仏壇の前に正座してとほかみえみためを唱え始めると、十回位になって来ると、無性に涙が流れて来るのです。「とおつみおやのかみ」に繋がって来たのかなーと考えたりして、ほんわかした気持ちを味わっております。

  • 「禍津(まがつ)」を、言霊の力で「禍津日(まがつひ)」にして、瞬時に神として祓い清める。‐
    素晴らしい叡智ですね。すべては神! 「八十禍津日神(やそまがつひのかみ)」と、「大禍津日神(おほまがつひのかみ)」、毎日のお祓いの時にますます腑に落ちていきます。ありがとうございます。

  • すばらしいです。災いー悪魔をも「禍津日」の神として祀るのですね。そして此の祓詞は「身禊祓」に有りますね。話はずれるかもしれませんが、今、TVで、名探偵コナン劇場版を観てました。まさに偶然かもしれませんが、此の逆吉が、人の身の内なるところで起こり、全ての関係している人達が私を捨てて事に全力であたるとき多くの人を救う奇跡を起こす、というものでした。今の時期、天→天御中主が、私達人間へ此の難局を乗り切る道を示してくださっているかのような、内から湧き上がる感動、ありがたさに、思わず涙してしまいました。たかがアニメと思う方もいるかもしれませんが、私には天からのメッセージとして届いたのです。まさに逆吉そのものの内容でした。み終わって子の阿蘇さんのお話を目にした時、私の感覚は間違っていなかったと確信しました。とほかみえみため ありがとうございます

  • いつも参考になるお話をありがとうございます。

    先週末、夜中に2度ほど微熱が出たので、酵素スプレーを使いました。ちょっと口に入れるようにしたのですが(推奨されていないのは知っています)、しばらくしたら、その熱がスッと引いていくのがわかりました。
    熱は睡眠不足と疲れから来ているのだろうと思いますが、念のため、ペパーミントの精油も足裏に塗っておきました。
    翌朝にはすっかり平熱になり、普段通りの生活を送ることができました。
    酵素スプレー、重宝しています。ありがとうございます。

  • 日本では古来より、
    どのような災いや罪穢れも、
    神に変えてしまう概念と技が
    神道の教えとして伝承されている。

    凄いですね。
    西洋の考えを超える概念だと思います。

    今のこの文明がどのようになっていくのか
    具体的な道筋はみえないのですが、

    この叡智が広く浸透していけば、
    様々な困難も課題として受け取り、
    乗り越えていけるのではないでしょうか。

  • お世話になります。逆吉のお話は大野先生から、講座で伺っておりましたが、新たな説明により、分かりやすかったです。それにしても、すごい内容です。これは。
    話は変わりますが、安蘇先生のリュック・モンタニエ博士の研究のお話、DNAの伝播、テレポーテーション実験の成果とG-コードによる
    人類の遺伝子プールの進化に関して、希望を持っております。ジェラルド・ポラック博士の第4の水の相の研究と合わせて、何か水に関する
    希望の持てるお話がききたいです。

  • 知らずに唱えていた祝詞の意味を教えて頂きありがとうございます
    毎日の奏上にも、より気持ちが篭ります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    阿蘇安彦
    neten株式会社研究員

    空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
    「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。