遠津御親神のふか〜い意味

内容


皆さま こんにちは、
石原政樹です。

先日、祝殿でお祓いをあげているとき
のことです。

自分と周囲が祓い清められていく中、
御国体机(おこくたいづくえ)が
意識の中で浮上してきました。
(明治の幕末から明治にかけての動乱期に、白川の学頭、高浜清七郎先生が命がけで持ち出したとされる御国体机です。)

その時感じたのは、御国体机の国津神としてのはたらき。

そして祝殿に収まっている「天沼矛」。
これは別天津神、宇摩志阿斯訶備比古遅神の働きであると言われています。

そして私自身の遠津御祖神。

つまり、

遠津御祖神
国体机が象徴する国津神
天沼矛が象徴する天津神

三神と自分がビシッと一つの軸に
まとまった体感を覚えました。

その爽快なこと!

「とほかみえみため」は

とおつみおやのかみ=ご先祖の皆さま
どうぞご笑覧あれ。

という、ご先祖を祓い清めつながっていくという
意味合いですが、さらに深い意味もあります。

「はふりめく」の中で、七沢賢治先生は、
下記のようにおっしゃっています。

【 天之御中主神から
「とほかみえみため」になってくる、
最初の別天津神の五神、
そして宇宙を生まれた
伊邪那岐、伊邪那美の神。
そして、伊邪那岐、伊邪那美が最後に生んだ、
天照大御神、月読命、須佐之男命が、
それが、「とほかみ」であり、
その「とほかみ」から国津神、
そして、その五行の自然が生まれてきて、
そして、人というもののDNAの中に
入っている進化の過程の、
スイッチがみんな用意されているんだと。】

ご紹介した七沢先生のお話は、
かなり高度な内容ですが、

つまり進化のスイッチは
「とほかみえみため」によって、
自分を器とし、遠津御親神、五行の自然、国津神、
天津神をきちんと迎えること。
それにより宇宙根源の源につながることにあるということです。

ですから「とほかみえみため」は遠津御祖神
とつながるだけではなく、
最終的には遠津御祖神を構成している国津神、
つまり日本の国体を作っているはたらき、
さらには宇宙の運行をつかさどっている
天津神のはたらき、
これらすべてとつながってくるという
意味合いもあるのです。

「とほかみえみため」を白川の祓いの冒頭で唱え、
禊祓・大祓・ひふみ祓を唱えた後に、再度唱える。

これは「とほかみえみため」が基本でありながら、
極意でもあることを表しています。

私たちが、この「とほかみえみため」の
深い部分を実感できるかは、
「とほかみえみため」が自然と口
をついて出てくるまで、淡々と
繰り返し唱えることにかかっています。

さあ、ご一緒に 🎵

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。