100年人生の「神の資産」

内容


皆さんこんにちは、
内海昭徳です。

2020年上半期の最終月、6月ですね。

コロナ問題のこれから
世界の混沌の様相
全くもって予断を許さない中

日々の暮らしやニュースなど
つい目の前のことだけに意識が
向かいがちかもしれませんが

歴史的な大変革期のいま、
心を静かに鎮めて、
自分の人生を俯瞰してみる時間も
大切かと思います。

数年前に『LIFE SHIFT』
という本が流行り

「人生100年時代」という
言葉があちこちで使われるようになりました。

一般的に、「有形資産」である
金融資産形成のうたい文句として
使われることが多いようですが

2020年の激動の上半期を
振り返りつつ、これからを思うとき

「100年人生」を安定的に
見据えることができる人は、
世界的にほぼ皆無なのではないでしょうか。

私自身は『LIFE SHIFT』を読んだとき
一番印象に残ったのは、

「変身資産」という概念でした。

著者は、不動産や金融資産などの
「有形資産」と別に
3つの「無形資産」を重視していまして

「生産性資産」と「活力資産」
に並んで上げていたのが、「変身資産」です。

端的に言えば、自らを変化させていくための資産で

そのために、十分な自己理解や
多様な人的ネットワークが大切、
ということを書かれていました。

時代的背景としては、テクノロジーの進化はじめ
世界のあらゆる領域での大規模な変化が
加速し続ける、ということがあります。

自分の外の環境が激変するとき、
それを鋭敏に察知し
自らを柔軟に変化させ続けられなければ、
時代に適応できず、淘汰されてしまいかねません。

しかし根本的な問題は、もはや
「私」という個体の変化だけに
フォーカスしていても、対応不能なほどの
時代の大激変期に突入していることだと思います。

いわゆる西洋近代的な「私」という概念そのものを、
より本質へ、本質へと拡張し、一新する必要がある時代です。

このあたりのことについては、
大野さんの著書『とほかみえみため』を
ぜひご再読ください。

つまるところ、これからの時代に
力を発揮する新次元の変身資産とは

「私」という自我の変身もさることながら

「私」を超えて
「神の身へと変すること」が鍵になってきます。

またそれが、抽象的な精神世界の領域にとどまらず
現実社会に再現性をもって実装していけることも重要ですね。

「とほかみえみため」の叡智と
ロゴストロンテクノロジーの掛け算は

誰もがただ8文字を唱えるだけで人生を変容させる
「変神資産」と呼びうるものかもしれません。

永遠に失われることのない
8文字の「神の資産」を共有して
人生を送ることの価値も、これからどんどん広まっていくと思います。

その希望の輪をぜひ、ご一緒に創造して参りましょう。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


10 件のコメント

  • 変身資産と言う考え方の時代に入ってると言うことに、まだ正直理解出来ていないところはありますが、この場に参加させて頂いている事で
    有り難く感じています。

  • 確かにその通りだと思います。私も今、目の前の経済社会と産業構造の変革時期を思うと、コロナウィルスのこの騒動はギリギリの選択を迫られている様に感じております。個人的には、未来を見据える、新しい教育、全ての人が自立していくための場、新しい産業構築のためのコーディネートシステムなど、本当は、10年前からしなくてはいけなさったのかなとも思います。私自身が、どこかで気づいていながら、自分のそのときの状況から、自分には出来ないと思い込んでいました。今、この学びを通して、自分の持つ概念から行動にブロックをかけて、其れがいつしか鍵が開かない扉になっていた様です。昨年春に、このままで死ぬわけにはいかないと、遅まきながら立ち上がり、行動を起こし、そのための礎となる社団法人を立ち上げました。0からの出発、うまくいかないことも多い中、信念は益々強くなり、この大騒動の最中、登記完了までこぎつけました。まだスタート台に立ったばかり、ともすれば目先にとらわれ、一喜一憂しがちな事を自省しながら、仲間と共にさらに高い位置から、俯瞰して次なる手を打ち出します。新たな未来社会創成の礎を強固なものとしていく事を意宣る毎日です。

  • 諸外国で昔、一握りのスパイス(黒胡椒、クローブ等)は、沢山の金貨に値し、それを得る為に奪い合い殺し合いが起きたという話を聞いた事がある。
    空襲や自然災害時、自分が棺桶に入る時に持っていけるものは限られている。
    立派な家も、住む人がいなくなれば荒れてしまう。
    お金も物も盗まれたり壊されたりすれば憎悪や猜疑等の思いが生まれる。
    「とほかみえみため」は、どんなに分けても減ることがない。分ければ分けるほどそれぞれの中の何かが開花し豊かさが増す。
    次世代を残せなくても自分の生きた証が後世に繋いでいける。
    一粒のお米を稲穂にするように、分かち合った人たちが豊かで笑顔になるように、この貴重な言霊を教えくれた方々と神様に感謝しながら「とほかみえみため」を伝えていこうと思った。

  • 5月には参加出来ませんでした。[みえます]からの情報は、今の私にとって、貴重な導きとなることでしょう。宜しくお願い致します。

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    「神の資産」、荘厳かつ無尽ですね。

    貸借対照表の左側に資産計上すれば、右側にどれだけ負債が来ても最早問題ないですね。

  • 変身せざるを得ない流れですね。とほかみえみための言霊パワーをお借りして、更により良くなれるように日々唱えています。ちなみに、家庭菜園の野菜達にもとほかみえみため、と声かけしています。どのような野菜に育つのか楽しみです。

  • 変身資産、素晴らしい概念だと思います。
    これまでは、天災や戦争で、社会が変わってきました。
    今回のコロナ騒動もその一つです。
    私たちは、天命を知り、天の意志に従って、新しい世の中を創っていかなければならないでしょう。
    現実の一つ一つを変えたり、それぞれが自然に変わっていったりする中で、
    新しい形がうまれてくるのではないでしょうか。
    私たち一人ひとりが自立して、主体的な意志を持っていることが大切です。
    集合体は期せずして、予期せぬ動きをすることがあります。
    それでよいのかどうか、自分の自我と相手の自我を見極めて判断し、みんなにとって塩梅のよい形を創っていくことが求められています。そのためには、一人ひとりが「神」に近づくということは非常に重要です。八百万の神がいらした時代に神同士の争いはあったようなので、そのあたりどうしたらよいのか、講師の皆様方にお尋ねしたいと思います。

  • とほかみえみための凄さに変神資産、なるほどと感じました。
    神様により近づけますよういつでも唱えてまいります。
     
    私自身だけでなく、間違いなく周りの人にまでラッキーが伝播しています。笑顔の方が周りにふえると私も嬉しく感じます。

    ついつい、口ずさんでしまうとほかみえみためです。

  • 「みえます」に参加させて頂き、本格的に「とほかみえみため」を唱えています。

    最近、人助け?を連続で経験してます。
    以前は、そのようなことは避けたいという考えでした。

    ・「めまいがするので、、」というおじいさんを、タクシー乗り場まで連れて行く

    ・目の不自由な白い杖をついている年配のご夫婦。
    エスカレーターに逆から乗ろうとしているのを見かけたが、近くの人たちはなにもしないようだったので、距離がありましたが、走って行き誘導しました。

    ・ATMでおばあさんが意識を失い倒れそうになっているところを、近くにいた行員さんと協力し助け、救急車に乗せる。

    これらのことが、起きたとき、いつの間にか自然に対応している自分に気づき、驚いています。

    以前なら、知り合いに「こんなことしたんだよ」と自慢するほどの大事件ですが、誰にも話す気になりません。

    また、不思議に思うのは、親切にした当事者の方から、全くお礼を言われませんでした。

    言って欲しいとは全く思いませんが、ちょっとしたことでも「ありがとう」と言われることが多いので、

    連続で親切?をして、連続でお礼を言われないというのは不思議です。

    でも、どなたかが「親切にして、お礼を言われないときは、お礼を言われたときより、何倍もポイントが高い」というお話しを思いだしました。

    誰にも話す気はなかったのですが、もしかしたら「とほかみえみため」効果なのかもしれないと思い、書かせて頂きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    内海昭徳
    株式会社ロンズデーライト代表取締役
    neten株式会社客員研究員

    筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
    9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
    世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
    北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
    シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
    コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。