とほかみえみためで「つながる」コツ

体験談

皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

「とほかみえみため」を唱えている
皆さんから寄せられる体験談には

この言葉が効果的に作用する
たくさんのヒントで溢れています。

今回ご紹介する体験談も
そのひとつです。

さて、皆さんは
いくつの「ヒント」を
発見されるでしょうか。

とほかみえみためは、素晴らしい奇跡の言霊ですね。

私も今、とほかみえみためを唱えながら、皆様に奇跡が起きて欲しいと言う願いを込めて、コメントさせていただいています。

私達夫婦共に、とほかみえみためを唱える事を習慣にしていたのですが、夫婦共に転職活動中私の方は、採用が決まって、主人の方はそれまでの経歴を明確にする事で、条件のより良い場所への転職に向かっています。

生活基盤を立て直す、と言う課題があることに、今まで目を背けて来たのですが、課題に直視する事で解決に向けて加速しています。

「皆様に奇跡が起きて欲しい」

この純粋な祈りの言葉は
いろいろなことを象徴しています。

こちらのご夫婦が
良い方向に向かわれた理由

そして、「とほかみえみため」という
言葉が意味するものです。

次のことから考えてみると
わかりやすいかもしれません。

「経歴を明確にする事で条件のより良い場所への転職に~」

「課題に直視する事で解決に向けて加速~」

「明確」「直視」という言葉に、注目です。

どちらも、これまでハッキリして
いなかったことを「明らか」にしている
という点で、共通していますね。

これは、明るみに出すという意味で
「とほかみえみため」の
「えみため」にあたる

「ご照覧あれ(どうぞご覧ください)」

に通じるものであるといえます。

このように「開く」ことは
ご先祖と遠津御祖神とつながっている
私たちの本来の姿である

「ネットワーク」

に接続することです。

このネットワークには
不可能などありません。

ひとたび接続すると
ご先祖や遠津御祖神
あるいは他者を通して

奇跡のように、事態に変化が
訪れたりするのですね。

オンラインサロンみえますの
「感情マスタープログラム」でも

これまで隠れていた感情を
一つひとつ明らかにしていく
ワークをおこなっています。

これも、感情を明るみに出して
ご覧くださいと言わんばかりに
「開く」ことです。

このように、感情をはじめ
何かを明確にしたり
直視したりすることは
「開く」ことにつながり

個人の力を超えたネットワークと
つながって状況を変化させるうえで
非常に大切なことなのですね。

ちなみに、何をやっても
駄目なとき。

そんなときは、「諦める」ことで
途端に上手く回り出すというのも
よくある話です。

「諦める」とは
それまで掴んでいた手を「開き」
執着していたものが明らかになる
(=明らめる)ことでもあります。

それによって
「ネットワーク」につながり
スッと動き出すのでしょう。

なんだ、始めから諦めればいいのか
と思いたくなりますが(笑)

人事を尽くしたあとのほうが
つながりを生む要素が多くあるため
ネットワークにつながりやすいと思います。

しかし
にっちもさっちもいかなくなって
諦める形で「開く」よりも

普段から「開く習慣」でいたいもの。

「とほかみえみため」
(=遠津御祖神、どうぞご照覧あれ)
と唱えることは

この神々のネットワークに
意識を「開き」「つながる」ための
最高の習慣です。

そして冒頭に話が戻りますが

周囲に向けた「祈り」もまた
「開く」ことに通じているのですね。

「とほかみえみため」は
あらゆる神々の名を含んだ
最強の祈りの言葉。

唱えるほどに開いていき
「つながって」ゆくでしょう。

今回の体験談を通して

周囲への祈りや
これまで見えなくなっていたものを
「明らかに」していくことが

(「とほかみえみため」がもたらす)
神々のネットワークとのつながりを
ますます促して

私たちの本来の姿と力を
明らかにしていく。

そんなメッセージを感じて
いただけましたら幸いです。

九州で豪雨被害に見舞われている
すべての皆さまの無事と
一日も早い収束への祈りを込めて。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


4 件のコメント

  • おはようございます。

    今朝は地震で目が覚め、慌てて「とほかみえみため」を唱えました。イージーロゴスにも「地震が鎮まった」と入力しました。九州・四国・中国地方の大雨に対して、日曜日の夜からずっとイージーロゴスで発信しましたが、天や天界は3次元空間の私達の願いに反して、甚大な被害をもたらしました。

    阿蘇さんの「淡々と唱える」をまず実践しようと、ひたすら唱え続けましたが、内海さんや石原さんがコラムにお書きになった、チベットやインカやインディアンの悲劇が頭の中でグチャグチャになり、淡々と唱えつつも、天や天界が自然災害を通して私達に見せようとしている、残酷な現実を直視するしかないのだと、人間の無力さに悲しくなりました。

    6月23日のQAライブで、地磁気の話がありました。地磁気の乱れだけでなく、地球には基軸のズレもあるはずです。アラハバキが残したピラミッドは、今では北斗七星からかなりズレています。地磁気だけでなく基軸もズレれば、異常気象も地震も起こりやすくなります。基軸をズラすエネルギーには、マイナスのエネルギーもあるはずです。

    最終的には淡々と「とほかみ…」を唱えるだけでは、天之御中主神のご機嫌は回復しないのではないかと、今回の大雨で考えてしまいました。

  • 私の地域も、豪雨に見舞われたのですが、お陰様で例年、氾濫寸前まで溢れていた、川も、流れは激しかったのですが、溢れるほどではなく、避難要請もありましたが、慌てて避難することもなく、ほぼ、普段通りの生活を皆さんおくられていました。何時も、欠かさず(時間はマチマチですが)祓い、鎮魂をさせて頂き、会う人ごとに「とほかみえみため」をお勧めしている事で、皆さんが、唱えてくださっている結果ではないかと、勝手に思って感謝しております。全国のとほかみプロジェクトにご参加いただいている方たちの意宣りが功を奏したものと有り難く、受け止めております。「諦め」ると言うのは少し違うも知れませんが、私の感じでは、諦めと言うより、覚悟を決めると言う感じでしょうか。「人事を尽くして、天命を待つ」と言うことかと思います。いつも、「これが、神の意志に叶うなら、お聞きください。間違っているならばお示し下さい」と意宣り、後は、そこに向かってただひたすら、無心で努力していると、、意外なところからの手助けで叶うことが多くあるような気がします。集中と、執着をしっかり、縦分けて、楽しく集中出来ると、発見、気づきも多くなり、結果、叶っていることが多くあります。いつも、ありがとうございます。とほかみえみため

  • この豪雨は天災なのでしょうか?

    もしも天災でないとしたら、水害をもたらしている勢力(実在するか目に見えないかは問わず)をまず祓うようにとほかみえみためを唱えるのですが、、

    先日の感情を祓う体験談で、祓いたいネガティブな感情とともに、それと対になる(ポジティブな)感情も祓うことで完成する、というようなお話がありました。

    正負バランスをとってゼロにする、の意味かと素人なりに想像するのですが、もしそうだとすると、この水害(をもたらす意志)の場合、対になる意識とは何でしょうか?

    豪雨があまりにも続いている状況があり、日本列島の真上に雲が連なっていることがあり、こちらのコメント欄でとほかみえみためを唱えるだけでは対処できないのではというようなお気持ちが書かれていたのも読み、何かとっかかりが欲しくて考えてしまいました。

  • おはようございます。
    日常生活におわれ、メールチェックもままならない状態で、連日あっという間に一日がおわり、又朝を迎えました。今はこんな状態で、明らかに出遅れております。
    ふと、浅子さんのコラムを目にし、明確、直視という言葉に、目が留まりました。
    すとんと、そうだな。と、思え、今の自分に必要なメッセージと受け取りました。
    なぜ、明確、直視がうまくできないのかなと不思議です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    浅子雄一郎
    neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
    早稲田大学教育学部卒。
    ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
    言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
    祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。