病院で「とほかみえみため」

体験談

皆様、こんにちは。
阿蘇安彦です。

以前の投稿、
「即効で、邪気が祓われます」
で、治療家の体験談を紹介いたしました。

本日は、
その記事のコメントに寄せられた、
Mさんの体験談を紹介いたします。

私も病院で働いており、とほかみえみためを呟きながら仕事をしています。

その方が良くなられます様にというより、その方とそのご先祖さまに対して、或いはその方の最適な方向性を願ってという感じで唱えています。

こちらが願っている感じではなく、言霊におまかせするかんじです。
勿論日々の作法で自分の振り返りや意識進化は続けながら。

とほかみえみためを唱えながら仕事をする様になり、
通常ではもう最悪を想定しなければという方が元気に回復されるという事が起きています。

1人は腎臓や心臓の状態がとても悪かったのですが元気に回復され歩ける様になり退院されました。勿論ご自分でも元気になる事を心から願っていらっしゃいましたからその願いが通じたのだと思います。しかし退院される時ほんとに貴方にはお世話になったと泣きながらお礼を言われました。

もう一人は認知症のお爺さんで足の血管が悪く足先に潰瘍ができ始め、足を切断しなければいけないかもしれないというところまでになりましたが、もっと専門的な検査の出来る病院で検査を受け、今のところしなくて投薬で様子をみようという事になりました。

自分の状態がよく分かっていらっしゃらなくて、私はその方のご先祖さまにもとほかみえみためを唱えながら最適化を意識して仕事をしています。重度の認知症ですが、私を1番に覚えてくれました。

その方の最適化を願って、又自分が最適な援助が出来る事を願ってご先祖さまやあらゆる事に対してとほかみえみためを発信していく事が仕事の仕方に加わり、とても良い事の様に感じています。

Mさん、素晴らしい体験談の
シェアをありがとうございます!

「真面目・親切・等身大」なMさんの
在り方が伝わるエピソードでした。

今回、注目したいのが、

「こちらが願っている感じではなく、言霊におまかせするかんじです。」

という、一文です。

特に、「生死」に直面する現場である
病院でのお仕事では、

「私」という存在ができる限界を
感じる場面が少なくないはずです。

患者さんの病気だけでなく、
「人生」や「ご先祖」に関わるという
Mさんの覚悟があったからこそ、

どうにかしようとする「私」を祓い、
「言霊におまかせする」という境地で、
「とほかみえみため」を唱えているのだと推測します。

もちろん、あらゆるお仕事は、
全ての存在のいのちに関わっていますので、
大いに参考になる体験談だと思い
紹介をさせていただきました。

それでは、本日も
「とほかみえみため」と共に、
素晴らしい一日をお過ごしください。

ABOUT US

阿蘇安彦
neten株式会社研究員

空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


8 件のコメント

  • こんにちは
    いつも素晴らしい情報をありがとうございます。
    私の知人の体験をシェアさせていただきます。

    嬉しいお知らせです。

    私の以前のお仕事のお客さんからです。
    読んで見てください。

    Sさんへ
    Sさんの前のメールで「とほかみえみため」をはじめて知りました。
    意味をスマホで調べたところ、大野さんの本があることがわかり、すぐにAmazonで注文し、何回も読みました。
    本のとおり実践したところ、たいへんな事が起こりました。
    それは40年以来続いたアルコールが自由にコントロールできるようになりました。
    家にいる時は一滴も飲んでいません。
    きっかけは、仕事で、たいしたことはないのですが、足をケガして抗生物質を一週間飲むようになったからです。
    ケガをしたことに大感謝です。
    とほかみえみためを唱えると、悪い習慣を修正されるようです。
    Sさんにこれは報告しないといけないと思いながながと書きました。
    Sさんには、いろいろ教えていただき本当にありがとうございます。
    心より感謝しています。
    ほかにも、よい事があるのですが、また連絡します。
    ありがとうございました。

    昨夜、以上のような連絡をいただきました。
    嬉しくなりコメントさせていただきました。

    私も大野さんのとほかみえみためを書籍を事があるごとに何回も読んでおります。
    心が落ち着いてとても充実感を感じております。
    今では、この本のカバーを観るだけでなんとも言えない充実感、安心感が自然に湧いてきます。
    ありがとうございました。

  • Mさんの体験談とても参考になりました。私の妻も7年前から記憶障害になり現在介護5で介護施設にいますが必ず治ると思っています。今まで以上にとほかみえみためを唱えていこうと思います。

  • 本当に、良い体験談をお聞きし、とても嬉しく感じました。私も、事実、最近といっても、2ヶ月くらい前に、ツイッターを通してお友達申請をしてこられた方、中国と日本のハーフで、アメリカ国籍、現在の、海軍の医療機関で、イエメンで任務についているお医者さんとラインを通してお話をしてます。常に、死と隣合わせの中という事もあり、私は、とほかみえみためを唱える様にオススメしております。そして、必ず、ラインの締めくくりは「とほかみえみため 」3回唱えつつ書いて送ります。自爆テロに襲われた時、隣と前のジープの兵士は、亡くなられ、自分の乗るジープは難を逃れたと書いてきました。彼は、「貴方の神が、守ってくれたのかも」と感謝された事がありました。私は、唯、いつも、今日1日、私の縁のある方たちに良い1日である事を意宣るだけなのですが、遠くイエメンで、「とほかみえみため」のおかげを頂いた方がおられることにとても、有難く、感謝いたしました。「とほかみえみため」で、世界が変わるを実感したものでした。。

  • どうにかしようという『私』、
    ことに身内のことや体調を案じることになると強くなりがちでした。
    今日のメッセージで改めて気づきました。ありがとうございます

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    言霊にお任せする感覚。
    とくに「とほかみえみため」はお任せするという感覚がしっくりくるような気がします。

  • ★遅くなりました。m(_ _)m 素晴らしい体験ですね。m(_ _)m ありがとうございました。m(_ _)m コメントするつもりは、なかったのですが、たまたま昨日昼に私が自転車に乗っていた時に慌てていたので、車と接触事故を起こしてしまいましたが、「とほかみえみため」を唱えながら自転車をこいでいたので、双方に問題なく、軽い接触で、助かりました。相手の年配女性は、やや笑っていて不愉快でしたが、自分も悪かったから仕方ないと感じました。自転車が、パンクしたのか気になりましたが、大丈夫でした。(*^^*) 有難いです。守られました。ありがとうございました。m(_ _)m

  • 阿蘇さん、記事を取り上げて頂き恐縮ながら、取り上げて頂く事で知らない方にも体験を知って貰い、共感の声を頂くのは、自分の満足ではなく、公の共感の喜びがありました。ありがとうございます!阿蘇さんの推測が、分かって頂けた喜びになりました。

    医療現場にも多大な問題があると思いますが、医療はなくてはならない部分もあります。しかし働く身としては目の前の患者さんの最善から。

    慢心はしません、常にゼロになり進みます。公で取り上げて頂きありがとうございます!

  • 素敵な体験談をありがとうございました。
    その方の最適化を思いつつ、自分のできることの最適化を思いつつ、どうにかしようとする自分を祓いながら、言霊におまかせする。
    体験談を読ませていただいただけで、私自身も祓われたような感じでした。
    ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です