「負」に真の豊かさがある

体験談

皆さま、こんにちは。
石原政樹です。

本日は
「にぎ」さんからの体験談を
解説させていただきます。

もうダメかなと思っても
なんとかなる事が多いです。

例えば職場で、お客様に
上手く説明できず、
結果お叱りを受けてしまった
時も、大ごとにならなかったり、

家族が具合が悪く、
即入院かと思いましたが、
精密検査で経過を見る
に留まりました。

という体験談です。
にぎさんありがとう
ございます。

人生の中で、
窮地に追い込まれること、
ありますよね。

そんな時、
この「なんとかなる」という
のはとても大事な気がします。

「なんとかなる」という
体験を積み重ねると、

「なんとかなる」という
気持ちで、困難にも挑戦して
いけるようになります。

逆に
「どうにもならない」と
思ってしまうと、
さらに深い窮地に
追い込まれることに
なりがちです。

たとえ、その人の中で
行き詰まったように思えても

必ず抜け道はあります。
それは一般的な「抜け道」ではなく、
現世的な「正」の世界を突き抜けて
いく、まさに「負」の世界。

今見えている世界が
「正」だとすると

そうではない「負」の世界に
解決の道があるということです。

それに気づかずに、
自滅する人の
いかに多いことでしょう。

心を病んでしまったり、
命を絶ってしまったり。

「正」の世界のみを見た場合、
確かに今は大変な時代かも
しれません。

先日、限界集落の復興に尽力
されている高名な方と
お会いした際に

その方が関係されている
支援施設では、

支援される方も
大変な状況の方が多く、

支援する方も
社会的、経済的に
切迫してきて余裕がなくなり、

本来善意で始めたのに、
運営者自身も追い詰められている
というようなお話をうかがいました。

体の階層のみで
人生設計をしていると、

それでは通用しない、大変な
ことが起きた場合、

「どうにもならない・・」
と思ってしまいがちです。

しかし、
「とほかみえみため」を唱えると

目に見える「正」以外の
「負」の世界にも、
たくさんの仲間や家族がいて、

手助けしてくれるエネルギーの
源があるといわかってきます。

そうすると、ネガティブに
向かったり、ヤケになったり
という自滅の心の要素が
なくなってきます。

まず心の乱れが
「とほかみえみため」で
無くなってきて、
「負」の世界に昇華される。

私たちにとって、
「負」の世界をはっきりと意識
することが、

「とほかみえみため」の
真の素晴らしさを実感する上で
必要不可欠です。

一時的な幸福を喜び、
不幸を悲しみ、
一喜一憂しているうちに
私たちの生は終わって
しまいますが、

死の間際に、
現実世界の喜びが、
どれだけその人を支えてくれるか
は疑問です。

しかし、とほかみえみために
よって「負」の世界に
通じる喜びは、

自らが死に至る時にも
身内の死においても
必ず役立つものです。

また負の世界は人生を正しく
俯瞰できるので、
生きることにおいても
役に立ちます。

「とほかみえみため」を
唱えながら、「正」の世界の幻影
を打ち砕き、

「負」の世界の豊かさを
味わって参りましょう。

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!

「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!
※プレゼントの贈呈の対象者は、みえます入会者に限ります。
体験談応募フォームはこちら

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


5 件のコメント

  • とほかみえみため
    の重要な気づきを
    また一つ得られました。
    ありがとうございます。

    困難な状況から逃れられたことに
    感謝していましたが
    違ったんですね。

    負の世界だからこそ
    人生を正しく俯瞰できる

    苦境は避けられたら
    それでいい
    という
    今までの価値観が
    覆されました。

    負の世界の豊かさも
    味わいます

    困難に陥っても
    失敗しても
    淡々と次の行動に移り
    成功していく方々の
    パワーの源は
    ここにあったのだと
    確信しました。

    とほかみえみため

  • こんにちはすばらしい教えに巡り会うことができて、心から先祖のご加護にひれ伏します。大袈裟でも過大評価でもありません。毎朝「とほかみえみため」を、唱えていると、今私という存在があるのは、すべてのご先祖が、いのちを繋いで来てくださった過去があるからだ、とつくづく感じいるのです。ここ近年のことを振り返っても、東日本大震災の年に母がなくなり次の年に妹が亡くなり、次に母の妹の伯母が亡くなり、父の弟の叔父が亡くなり、その叔父の連れ合いの叔母が亡くなり、三年前に父が亡くなりました。この十年間の間に近しい身内のすべてがあの世に旅だってしまいました。
    すべての身内を見送って、今、私は、一人っきりです。たった一人の息子とは、ちょっとした行き違いで、絶縁状態になっております
    こんな状態でも、寂しくなってしまったり、悲しんだりはほとんどありません。
    亡くなり魂のふるさとに帰って行った人びとの供養を、させていただく使命を授かったことに、改めて生かされている自分を愛おしく感じているのです。これも「とほかみえみため」の言霊にご縁を頂けたからです。
    大野先生の書籍にも書かれてありましたが、
    「どうせ、そうなるのだから、大丈夫」ですね。と考えていることが出来るように成りました。一人で出来ることはあまりないかもしれませんが、残された人生がご先祖様達が喜んでくださるようなお役立ちを、心して生きて行きます。
    これからも、どうぞ御指導賜りますようお願いいたします。
    「とほかみえみため、とほかみえみため、とほかみえみため、祓ひたまひ清めたまふ」

  • 本当にその通りなのではないでしょうか。私は以前もお話致しましたが小さな時から本当に数奇な人生を歩んできました。一冊の本にしたら、きっと面白いと思ってくださる方が多いと思います。何度も生死を行き来するそのような人生の中で、してを考えた時ですら、自分が楽になるためではなく、自分の肉体の命をお金に変えて子供達の将来を守りたいの一念だったような気がします。どうすれば、たくさんのお金を残して、私の親兄弟に子供達を託せるかと考えていたような気がします。でも、そんな時死に対しての恐怖はないのです。なのに、そんなにも追い詰められていたにもかかわらず不思議なくらい、助け手が現れ、この肉体を捨てる必要がなくなりました。まさに負のエネルギーというか、見えないものにいつも包まれ、助けられている自分をこれでもかと言うくらい教えて頂きました。様々な門を叩き、多くの中から、師と言える方達との出会いが、更にこの白川のお道に繋いで下さったと思います。この出会いがなければ、私は真実を知らぬままにこの恩恵を「良かった、ラッキー!」位に感じ、使命を果たす事をさも当然できて当たり前のごとく傲慢になっていただろうと思います。とても恐ろしい事です。人が見て辛かろう、苦しかろう、ひどい状態であっても確かに抜け出したいとは思っても不幸だとはほとんど感じていなかったように思います。当然の体感、体験としてスーッと受け入れてこられたのは遠津御祖神のお陰なのですね。先祖代々の遠津御祖神につながる負の世界、見えない世界こそが真実の世界であり、正として見えるこの世界はホロスコープという一部に過ぎないと感じます。それならば、何を一喜一憂するのか全てを受け入れる事で、生の世界をプログラミング出来るのが負の世界なのではと感じております。この感覚が正しいかどうか、私は、学問的知識は広く浅く、ごく浅くしか持ち合わせませんのでわかりません。わかっている事は「とほかみえみため」は常に最後には正解を示し現象化してくれると言うことだけです。ありがとうございます。とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している