悪口ばかり言う人が・・

体験談


こんにちは、
阿蘇安彦です。

人の悪口を聞かされて、
ウンザリしたことはありますか?

悪口を聞かされて気分のいい人は
あまりいないと思いますが、

一方的に聞かされて話を遮れない。

「ウンウン」と共感しようものなら、
さらに悪口が加速し、何も解決することなく、
長々と嫌な時間につきあわされてしまう。

など、

そんな経験がある方も
多いかも知れませんね。

そんな時にも
「とほかみえみため」

本日は、電話をかけて来て
人の悪口ばかり言う人に対しての
体験談を紹介いたします。

====ここから====

唱えはじめた頃経験したのは、私に電話をかけてきて人の悪口ばかり言う人がいて、「とほかみえみため」と心のなかで言ったとたんに、その人が「あ、嫌なことばかり聞かせてごめんなさい」と言ってすぐに電話を切りました。いつも嫌だなーと思いながら聞いてあげていたのですが、それ以来、電話もかかってこなくなりました。
うまく表現できませんが、何かを期待するのではなく、何も考えずに淡々と唱え続けることしかないと思っています。

====ここまで====

素晴らしい体験談を共有していただき、
ありがとうございます。

サラっと書かれていますが、

「うまく表現できませんが、何かを期待するのではなく、何も考えずに淡々と唱え続けることしかないと思っています。」

ここは大切なポイントです。

「実現させたい!」という期待や
「実現できなかったら・・・」という不安など、
感情に囚われることなく、淡々と唱える。

「淡々」という文字も
「水」と「火」が合わさり、
どちらかに偏ることのない在り方をあらわしていますね。

日々淡々と、純粋な在り方で
「とほかみえみため」を唱えて参りましょう〜

それでは、本日も
素晴らしい一日をお過ごしください。

とほかみえみため。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


25 件のコメント

  • おはようございます、いつも貴重なお話しをありがとうございます。
    「淡々」という文字も
    「水」と「火」が合わさり、
    どちらかに偏ることのない在り方をあらわしていますね。
    なるほど、現実世界では交わることがないけれど、言葉の世界ではすべてが可能ー。
    しかも、「淡々」と…、日本語だから見えない世界の表現ができるってことのかな?。
    日本語の言葉はとてつもなく深い…、と受けました。
    日本人で良かったと深い感謝を沁々と感じてます、誠にありがとうございます。

  • ジャッジをしないで淡々と。
    簡単そうで難しいですね。
    簡単に唱える事を自分に許可して
    楽しんでいきたいと思います。
    いつも新しい気づきを
    ありがとうございます

  • 悪口ばかり言うひとってじぶんをうけいれていないひとがおおくみられます。
    満たされないから、満たされたと思える人を悪く言って貶めようとします。実はもっとも貶めているのは自分なんですが。この心の流れを汲み取れば後はトホカミエミタメを唱えてると良いと思います。
    ジャ

  • 私も、人の悪口を言いそうになることが多いのです。つい愚痴の様な形で出てきます。そのとき、いつも、貴方はどうなの?そんな貴方を好き?と自分に問いかけながら、とほかみえみためを唱えます。回数は40回はいつもは無理なので3回唱えています。そうすると心静まり、自分を好きになろうと思えてきます。ひとは、自分では自分の姿をしっかり見えません。だから、本音を人になぞらえて愚痴の様な悪口を言ってしまいます。そこに気づいてとほかみえみためを唱えていたら最近、口が非常に少なくなって、心安らかな日を過ごすことが多くなってきました。

  • お疲れ様です。
    何かに期待したくなるのが人の常ですね!
    それを考えず、淡々と唱えるよう
    心がけていきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    阿蘇安彦
    neten株式会社研究員

    空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
    「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。