日本の死亡者数11万人超

方法・使い方


こんにちは。
エクレル講師の内海です。

この日本で、実は毎日平均で
300人もの方が命を落としている。

年間ではなんと、11万人を超える。
そんな病気が日本列島を覆っている。

そう聞いたら、どう感じるでしょうか。

新型コロナのことではありません。
一般的な肺炎のことです。

厚生労働省の資料によりますと、
65歳以上になると、肺炎での死亡率がとても高くなります。

【厚生労働省HP:死亡者数】
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html#

その他の年代では、この表の中に肺炎は出てきません。
唯一、1~4歳の死因の第5位になっています。

これは、ひとつの客観的事実(ファクト)です。

65歳以上になると、肺胞の炎症を起こす肺炎という病気で、
命を落とす方がこんなにも多いのですね。

統計にしてしまうと単に数字になってしまいますが、
もちろんそこには、それぞれの人々が歩まれた人生の物語があります。

昨今、日々のニュースに触れる時も、大切にしたい視点だと思っています。

さて、古今東西、感染病は人類にとって大きな課題ではあります。
が、療養して軽度で早々に回復するならば、さほどのことでもないでしょう。

風邪もインフルエンザも特効薬はありませんが、多くは快気できます。

問題は、重篤化して、死に至るケースです。

上記の通り、肺炎の死亡者数は、日本で平均して毎日300人です。

一ヶ月で9000人。
二ヶ月で18000人。
三ヶ月で、27000人…。

ちなみに新型コロナに関しては、
4月1日現在の厚生労働省の公表で、これまでの死亡者57名ですね。

医療関係者の方々の、想像を絶する現場でのご尽力の賜物と思います。

いち日本国民として、感染拡大の防止など、
自覚を持って取り組むべきことは当然ながら、

個人としては、免疫力の向上が、とっても大切だと思います。

良質な睡眠、適度な運動、健康的な食生活を基本に、
やはりオススメしたいもの。

そう、

「とほかみえみため」ですね。

オルムスを壁や空間に散布して、
そうして肺を大きく広げて、鼻から息を深く吸い込んでみる。

肺いっぱいに清浄な空気が満たされるように。

そして長い息(ロングブレス)で、

「とほかみえみため」を唱えてみてください。

肺の中を巡り満たす、言霊の、祓いの振動。

それは同時に、肺の外の空間に無限に広がり、宇宙の果てまで響き渡るもの。

祓いの振動は肺を清め、
深い呼吸の効果がきっと免疫力を高めてくれると思います。

そして、ご病気で亡くなられる方の御霊が鎮まりますようにと。

そんな想いも、そっと添えてみてください。

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。