Nさんの素敵な体験

体験談


皆さま、こんにちは!
石原政樹です。


本日は体験談をご紹介する日です。
エクレル体験談コーナーでは、
皆さまからいただいたお話を
明るくライトに取り上げてまいります(^^)


ではさっそくまいりましょう!


今日は・・

「Nさん」の体験談です。
(Nさん、体験談をご提供いただき、
ありがとうございました)


Nさんが、おっしゃるには・・


「仕事の段取りも悪く、コミュニケーション能力が低いため、
上司からも部下からも辛く責められ、毎日苦しい思いをして、


その都度その場を取り繕おうと必死になり、
足掻けば足掻くほど仕事も対人関係も失敗を
繰り返していました。」


とのこと。

これ、よくわかりますね!
皆さんも、似たような思いをされたこと
が、おありではないでしょうか?


私も物事を段取り良く進めるのが
苦手だったりするので、よくわかります。


コミュニケーションの苦手意識
から生じる努力の空回りに
毎日葛藤されたことと思います。


そんな日々を送っていたNさんですが、


折に触れて、【とほかみえみため】と声に出したり、
心の中で唱えるようになったそうです。


そんなある日、


「時が熟してから、長期戦で…」ということばが、
突然心に届きました。


ということがおきます。


そうです。

この「突然」というのが遠津御親神のはたらき。
理屈を超えてイッキに意識が進化するのは
とほかみえみためを唱えていると、
よくあることです。


マインドが一気に変わることを
「回心」といいます。


この時Nさん、


「辛くても、慌てず、今やるべきことをやろう」
と心に決め耐えたそうです。


すると・・
この春の人事異動で、苦手な人が


全て!


異動していったそうです。


「びっくりしました。(少し怖くなりましたが…)」


それは驚きますよね。
だんだんと当たり前になりますが。


遠津御親神とつながると、内側が整う
と共に外側も整ってきます。


「今年度人員も減らされ、コロナウイルス対応などで、
確実に仕事量は増えましたが、新たなメンバーで、
何事にも精神的に落ち着いて取り組めるようになりました。」


良かったですね!


遠津御親神は私達のルーツですから、
つながることにより、五魂も自ずと鎮まり、
精神も落ち着きます。


Nさん最後に、
「これに「慢心」せず、業務に
取り組んでいきたいと思います。
ありがとうございました。」


とおっしゃっています。


「慢心せず」は最重要のポイントです。


慢心は例えるならば自己の器を濁った水で
一杯にしてしまうようなものです。


私達はたえず空っぽの器になってこそ、
遠津御親神をお迎えすることができるのですから。


Nさん、ありがとうございました!
引き続き、皆さまからの体験談を
楽しみにお待ちしております。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


26 件のコメント

  • 体験談を共有させて頂きありがとうございます。

    「慢心は例えるならば自己の器を濁った水で
    一杯にしてしまうようなものです。

    私達はたえず空っぽの器になってこそ、
    遠津御親神をお迎えすることができるのですから。」

    いつも、分かりやすく、そして(私を含め)多くの人の心に響く言葉をありがとうございます。
    石原さんの空っぽの器から出る言葉だからなのだ、と言葉に反応する自分を見て納得します。

  • Nです。
    石原先生、この度は私の投稿を、ご丁寧にわかりやすく解説していただき、
    ありがとうございました。
    おかげさまで、混沌としていた気持ちが整理され、少しずつ前へ進めそうな気がします。

    また多くの皆さまには、暖かな応援メッセージをいただいたり、
    貴重なご意見や体験談をお聞かせいただくことができ、
    とても感激いたしました。

    先生や皆さまに寄り添っていただけ、嬉しく暖かな気持ちになれました。
    この場をお借りしまして、心より感謝申し上げます。

    仕事も遅く、まだまだ人との接し方については悩みは尽きず、傷つくことはありますが、
    私自身の課題だと捉え、逃げずに「長期戦で…」ということばに従いつつ乗り越えていきたいです。

    「とほかみえみため」という優しく暖かい光に包まれている気がします。
    思い切って投稿(アウトプット)して、本当に良かったです。

    今後もよろしくお願い申し上げます。

    • 追伸失礼いたします。
      「長期戦」というのは、自分の心、感情との戦いなのですね。
      そこからすべての行動言動が産まれる。
      面倒くさがりで行動すべきときにしなかったのも、勉強してこなかったことも、
      仕事をどこかで手を抜いていたのも自分でした。
      職場の人、交際相手、友達同士、家族、周りの人々などに
      伝えたいことが伝わらないのでなく、
      下手なりにも伝える努力をしなかったことも自分でした。
      自分に言い訳して卑下ばかりして、失敗を人のせいにしたり、
      親に抑圧されて育ったからこんな自分になったとか、
      いい年して子どもでもないのに「被害者意識」で凝り固まっていました。
      これまでの人生、自ら選択してきた現状に対し、
      被害者意識から「責任者意識」にシフトしていきたです。
      かつて読んだアドラー心理学の『嫌われる勇気』が、
      今ビシビシ響いてきて、腑に落ちてきています。
      とあることで深い悩みに陥って鬱気味になってから今日まで、
      5年以上の歳月が過ぎてしまいました。
      今後も「慢心」で失敗することも必ずでてくると思いますが、
      長期的な視野で、その時々の課題をひとつひとつクリアしながら
      日々を過ごし、楽しかった頃を取り戻していきたいです。
      自分が主人公となる人生のための「とほかみえみため」からの厳しい試練ですね。
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している