経済を超えた新しい繋がり

体験談

こんにちは、
阿蘇安彦です。

もうコロナのニュースは
うんざりかもしれませんね。

ですが、ウィルス以上に
我々の生活に影響があるであろう
経済の動向をお伝えします。

日本の4~6月期のGDPの成長率は、
戦後最悪の落ち込みとなり、
このペースが1年間続くと仮定した
年率換算は27.8%減でした。

そして、他国においても

アメリカ マイナス32.9%
EU   マイナス40.3%

イギリスにいたっては、なんと
マイナス59.8%とのこと。

各々、景気の実感は違うでしょうが、
以前のような社会には戻らないでしょう。

さて、我々のやっている
「とほかみプロジェクト」は、

個人や社会が良い方向に
はっきりと変わらなければ
何の意味もないと考えています。

withコロナ時代は、
個人の意識変容から社会変容へ、

つまり、「個人主義を超える」こと
がテーマになります。

昨日、「オンラインサロンみえます」の
QAライブにおいても、
土地を守り食料を確保するという
新しい社会システム構築の宣言がなされました。

オルムスの時もそうでしたが、
国難の際に必要なことを行うことが
白川の神祇官としての役割でもありました。

今は、神祇官ではなく
民が神と一如になり、
皆で皆を守っていく時代です。

「とほかみえみため」の伝承とともに、
新しい社会を共に創造していきましょう!

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!


「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。

体験談応募フォームはこちら

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


4 件のコメント

  • 阿蘇先生、いつもほんとうの優しさ溢れるコラムをありがとうございます。お言葉 心から全賛同です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 安蘇魔さんの言われる通りだと思います。コロナの騒動で経済が狂ってくる事は皆が容易に考えられる事だったと思います。しかし、それを国民は安易に考え、政府が補填してくれるのが当然という考えの方が多かったのではないでしょうか?幸い、Gコードの学びをさせて頂いているうちに、そうではないことの実感があったのです。私は、常に、温故知新ということを大切に思っておりましたので、今日本人の中に忘れ去られてしまっていることを取り戻す機会だというように感じました。そこで、新しい社会を構築する礎を作る目的に取りかかりました。今までのピラミッド型ヒエラルキーの感覚とは、まるで違う考えが明確に出てまいりました。これも、「とほかみえみため」と、祓い鎮魂を重ねるうちに、自然と出てきて、行動の方向性も感じ取れるようになってきたと思います。統合知の時代に入り、ますますデジタル社会とアナログのリアル社会の、ネットワークによる統合がされる時代になったと感じるのです。これも、このコロナ騒動のお陰かと思います。正に「天の神影、日の神影」と深くます造化神の示されるところと感じるのは、間違いでしょうか?私にはそのように感じられます。

  • 素敵なコラムをありがとうございます。
    最近、「人に頼る事が自立」とある動画で教えてもらいました。
    自分で何とかしようとか、立場をわきまえて何とかするとか、誰にも頼らず1人で運命を切り開くとかしていくと……倒れてしまうよ……と、いうお話しで……
    弱くても良い、誰かを頼っても良い、と、言われると、余計な力がフッと抜けてもっと自由でもっと自然で良いのだと気付かされました。
    「とほかみえみため」も、ご先祖さまに感謝してご先祖さまの叡智に頼って良いのだと感じています。
    今の時代は、人々の助け合いが本当に大切な時代になったと思います。
    いつも、コラムを読ませて頂いて感謝しています。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    阿蘇安彦
    neten株式会社研究員

    空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
    「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。