「とほかみ」超健康法

方法・使い方


こんにちは。
阿蘇安彦です。

ウィルスを警戒するあまり、
緊張が続き、呼吸が浅くなっていませんか?

「お祓いは最高の健康法である」

と、七沢先生は仰います。

ポイントは、
息の使い方。

鼻から吸って、
口から吐く(とほかみを唱える)。

毎日、お祓いを続けると、
肺が確実に強化されます。

肺は唯一、自らの意思で
コントロールできる臓器です。

正しい呼吸により、自律神経が整い、
免疫も上がります。

もちろん、祓いをすれば、
不必要なエネルギーや情報も
解消されます。

まさに、
いいことずくめ!

声を出さなくても、
意志エネルギーの発生により、
お祓いの効果は十分あります。

その威力により、当然、
ウィルスは祓い清められます。
(*この自覚、大切です。)

しかし、声を出せる環境であれば、
呼吸を意識して唱えてみましょう。

健康といえば、
サプリメントも良いですが、
水と空気によって
生かされていることを
忘れてはなりません。

私たちは、生まれてくるときに
オギャーと息を頂き、

亡くなるときは
息を引き取ります。

息を通じて、
イノチの創造と帰趨(きすう)を自覚し、
元氣になりましょう。

それでは、今日も
イキイキとした
一日をお過ごし下さい。

阿蘇 安彦

ABOUT US

阿蘇安彦
neten株式会社研究員

空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。