残された自分に出来ること

方法・使い方


こんにちは!
エクレル講師の大島です。

『孝行したい時に親はなし』
とはよく言いますが、

僕も23年前、
ある日突然母親を亡くすという
悲しい体験をしました。

『いつも心配ばかりかけていたな』
『孫の顔も見せられなかったな』

母親の事を思い出すとき、
いつもそんな切なさと、

母親の寂しそうな顔ばかりが
心に浮かんで来たものです。

『生きている時
何にもしてあげられなかった。』

そんなしこりが
心に残ったまま、

いつの間にか
母親の年齢を追い越している
自分がいました。

先日『とほかみえみため』を
唱えていたら、

久しぶりに、
ふと母親の顔が
脳裏に浮かんで来ました。

子供の頃

僕の顔を覗き込みながら

いつも見せてくれた
満面の笑顔。

何十年かぶりで、
その笑顔を見た時、

僕は
心から救われた気がしました。

『 どんなに離れていても

たとえ会えなくなってしまっても

親孝行って出来るんだな。。。 』

『 とほかみえみため 』が、
もたらしてくれた

素敵な気づきでした。

あなたは大切な人に、
思いを伝えていますか?

大切にしてあげていますか?

もしも、

照れくさくて
それが出来なかったとしても、

『 とほかみえみため 』の響きは、

あなたの大切な人にもしっかりと
伝わっているはずですよ。

この素晴らしい響きを、
もっともっと
世界中に響かせたいですね!

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


35 件のコメント

  • 私も「とほかみえみため」に救われています。
    9年前母を亡くして、もっといくらでもしてあげる事があったのに何もしなかった自分をいつまでも悔やみ、突然後悔に苛まれて落ち込んでいました。「お母さんを頼むよ」と言って亡くなった父にも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。そんな時「とほかみえみため」を心の中で繰り返すと、気持ちが落ち着きました。両親や祖父母の温もりを感じながら「とほかみえみため」を心の中で唱えています。
    先祖供養と言われても何をどうすれば良いか分からない中でしたが、本当に救われました。

  • ほんとにそうですね。今なら、もっと優しくしてあげられるのにと思います。母は2年前に他界しました。電子書籍のなかに…私は先祖の集合体である…私の今の状態が先祖の状態をも決める?…今、私が幸せなら先祖も幸せである?・
    母の分まで私が最高に幸せになろう…きっと、母も喜んでくれると信じて。

  • 大島先生のこのお母様の回想ととほかみえみため読んで元気出ました。

    その気持ちで、とほかみえみためを自分の病がちな
    疾患で呼吸が苦しくなっていたので発音ミクちゃんのデジタルが人間の声より尚効果高いと聞いてほっとしました。

    元気出ますね。

  • 私は両親に何の恩返しができないまま永遠の別れをしてしまいました。
    長い間、親不孝な自分を責めて苦しい気持ちのまま来てしまいました。
    でも最近、自分が親になってみて改めて子供を見たとき、
    子供たちはただそこにいてくれるだけで、嬉しいものだと気づきました
    そんないろいろな思いが残っていたとしても、自分はご先祖のために
    この「とほかみえみため」に出会うために守られてきた存在だと理解したとき
    今まで自分を見下したり、尊敬できなかったり、殺したいほど自分を憎んで
    きましたが、大野先生のお言葉などからご先祖に対して自分を嫌うなど
    とんでもないことだ、と知り辛い気持ちが和らいでいます。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    大島英明
    幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
    クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
    長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
    その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
    1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
    現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。