結果が欲しい!と思う時にこそ

方法・使い方


こんにちは、
阿蘇安彦です。

昨日の柳田さんのコラム、

「おそらく、
今日はコメントが多いとか、
特に阿蘇さんは気にしているのではと(笑)」

決して、そんなことは・・・

あります(笑)

コメントを気にする気持ちもそうですが、
すごい体験談を知ると、

「私も体験談のようになりたい!」
と思う方がいるかもれませんね。

前回の記事のコメントから、
抜粋いたします。

===コメント要約ここから===

『とほかみえみため』のすごさが
ものすごくよく伝わってきました。

ご先祖様や神と繋がる実感ってどういうことなのか
答えを探しにばかり意識を向けてしまいがちです。
続けるからには、結果が欲しい
じゃなきゃ、モチベーションが続かない!
という風に思っている自分がいました。
思い=重い
日々の罪・穢れは意図せずたまっていくものですね。

毎日、先生方がさまざまなコラムを発信してくださり、
それにコメントをすることで、客観視できています。
来週も楽しみにしています。

===ここまで===

素晴らしい気付きですね。
ありがとうございます。

期待やあれこれ思考が働くと、
「思い」=「重い」となり、
言霊の力を発揮できません。

言霊は、質量の無い、
時空間を超えた世界に存在します。

一瞬、一瞬を大切に
「とほかみえみため」

淡々と、
「とほかみえみため」

続けていきましょう。

それでは、
今日も良い一日をお過ごしください。

阿蘇安彦

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


26 件のコメント

  • とほかみえみためと唱え続けると大宇宙を自分が創造していることに気づき、手放した欲しかったものが手に入る、関わった出来事が最高の結果に終わる、子供の2人の熱が2日で下がる等奇跡が起きまくっています!ありがとうございます

  • 毎日、何か思うたびに「とほかみえみため」と唱えています。少し、追い詰められているような自分を見つけました。全てを手離して「とほかみえみため」を唱えていきます。「思い」が「重い」にならないように…いつもありがとうございます。

  • 結果は、とても出てます。
    自分で氣づくか、
    どうかわからない細やかなものまで、
    さまさまな現象があります。

    『とほかみえみため』を唱えていると、
    最近、多い道路工事の片側通行の信号が、
    いつも青のタイミングで通っていることに
    氣づきました。
    (何となく得した氣分!)
    あとは、体の内側から、元氣とか、やる氣が、
    自然に出て来てます。
    僕は〝前向き効果〟と呼んでます。

  • 昨日(2/22)ネッテンのメルマガで、とほかみプロジェクトのことが紹介されてましたので、さっそく、ネットワークに登録し、
    「と ほ か み え み た め」、いろんなシーンで唱えてみてます。

    まだ始めたばかりなので、なんとも言えませんが、
    好転反応なのか、やたらと眠いです…。
    新月が近いこともあるとは思いますが…。

    ただ、この2月22日というタイミングで、突き動かされるように動いたことは、なにか導かれてる氣がします。

  • とほかみえみため、、を唱えるときに胸が重く感じるときがあります。
    時々です。
    これはなぜでしょう?
    気にしないようにしていますが、、
    なかなか週間にならないです。それでも不定期にいちにち数回は唱えています。
    毎回、40回とはなりません。
    三回ずつ、あるいはとなえるのに
    回数は気にしなくていいでしょうか?

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    「山をも動かし、鬼神のこころをも和らげる」為に必要な言霊は、実は軽くなければならない。
    思いは重さに通じ、宇宙まで高速で飛んでゆけない・・・。

    大切な気づきを思い出しました。有難う御座いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    阿蘇安彦
    neten株式会社研究員

    空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
    「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。