器をつくろう(陶芸のススメではありません^ ^)

方法・使い方


皆さんこんにちは!
石原政樹です。


コロナウィルスの報道がますます過熱していますね。
週末はウチの周りのスーパーから
トイレットペーパーとティッシュが消えていました。
なくなる、というデマがSNS上で流れたようですが、情報ウィルスには十分注意です。


情報ウィルスに対する最高のワクチンはもちろん「とほかみえみため」。


何度か緊急連絡をさせていただきましたが、私たちも早期の解決に向けた具体策を打ち出していますので、じょうずにご活用くださいね。

まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ
緊急連絡1
緊急連絡2

このような一つ一つの実践が、助けあいながら災難や困難を乗り越えるコミュニティ=「講」を育てると確信しています。

そしてそれが、生涯安心して暮らせる「終の住処」につながります。

さて、前々回で「器教」の話をしましたが、みなさんとつながっているこのエクレルも「講」もまさに器です。

器を作れば神が降りてきます。
神が降りれば、ありえない速さで困難が解決します。
天候が変わったり、難病が快癒したり、職場環境が変わって経済的にゆったりできたり、というのは皆さんからもご報告いただいていますね。

たとえば、金銭的な報酬に恵まれないという不満や不安は良くあること。

そのような時も、まず「器」をつくります。
具体的には祓い、鎮魂を行い、とほかみえみためを唱え、お客様の役に立つ情報(言霊)を発信する!この実践で、焦りが消えて気持ちが楽になります。

リサイクルショップを経営している知人は、売上げが伸びない時はお店の商品を福祉団体に寄付しているそうです。

すると、その空いたスペース(器)に
合わせるかのように、たとえば高級な絵画や
ブランド品などがタダ同然で入ってきて、結果として売上げが上がる。 何度もこれを経験しているとか・・。
これも器のなせる技です。


私の中で、最高の器づくりの名人といえば、七沢代表です。(陶芸ではありませんよ~汗)
損得抜きでつくった器に神が降り、素晴らしい結果を生み出し続ける様子を目の当たりにすると、
「器」についての確信が生まれます。


個人も社会も幸せになる、美しい器を作っていきたいですね。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


22 件のコメント

  • 石原さんおはようございます!
    今日も一つ学ばせて頂き、ありがとうございます。
    「器」を作るのはなかなか難しいように思います。と考えるのも器ができていないのでしょうね…日々悩んでばかりいますので、あれこれと悩んで神経をすり減らすのはもったいないと思うと、悩むことを忘れようと思いました。
    今、私の器はご飯茶碗くらいでしょうね。それも小ぶりの…もう少し大きめのご飯茶碗を目指して日々、精進したいと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いします!

  • やはり器なのですね。器によって物事がうまくいくこともあるしいかないこともあるのですね。損得を考えずに無になってただただ唱えていけばよいのですよね。これからも唱え続けてまいります。ありがとうございます。

  • 器とは神を迎え入れるための空間を作れということですね。不要なもの自分の欲望から溜め込んだものを処分すれば神が最善のもの環境を整えてくれるんだと。
    あらためて自分の心の中の整理をしていこうと思いました。

  • デマが多いんですね。
    七沢代表は陶芸も出来るのか?と
    ロクロを回している姿を想像してしまいました。

  • ゆとり器を作って綺麗にして神様をお迎えしたいので祓い・鎮魂・言霊を淡々と実践します。

    要らないものをポイポイ捨てたいです。
    エネルギーも出し切れば必ず新しく新鮮なエネルギーが入ってきますものね!

  • 今、わたしも仲間と器を作っております。あとほんの少しで完成します。その中に子供達のそれぞれの夢が叶う未来への礎となるものを創りこみ、又、そのことにより日本から世界への価値の創造ができることを祈って居ます。今、とほかみプロジェクトやGコードに出会えている幸せに感謝してます。美しく、優しい器ができる様歩みます。

  • 石原さん、いつも、ありがとうございます。
    わかります。私も、美しいお茶碗を、作ろうと思います。
    あっ、間違えました。美しい器でした。笑

  • 損得考えてしまいます。
    とほかみえみため
    とほかみえみため
    とほかみえみため
    気をつけます。

  • すばらしいですね、「とほかみえみため」を唱え続けて10日くらいたちましたが、
    寝不足をしようが、いつでも頭がすっきりしていることに感謝でいっぱいです。
    今までこの様なことは一度もなかったので、おどろきです。
    ご先祖様もすべてが喜んでくれている証拠なんですね。
    嬉しい限りです。
    ありがとうございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している