初音ミクの祓いが「最強」の理由。

方法・使い方

皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

「とほかみえみため」を唱えていて
こんなことを思ったことはないですか?

「あれ、なんかいつもの自分の声と
違う気がする・・。」

それは、「とほかみえみため」という
言葉がもたらした変化かもしれない。

今回は、そんなお話です。

よく考えてみると
言葉って、不思議ですよね。

生まれる前から言葉は存在していて
気がつけば、言葉を話しはじめて
周囲の人も、同じ言葉を話している。

言葉は、誰のものでもないし
同時に、誰のものでもある。

と、つい哲学的な考えに誘われます。

そんな言葉を操る「私」も
両親からそれぞれの遺伝情報が
合わさることでできていますね。

両親にはまた同じく両親がいて・・
と辿っていくと
「私」とは、まさにご先祖の集合体。

その意味で、「私」と呼べるものは
本当は存在していないけれど
「私」は確かにここに存在している。

この感じ、先ほどの言葉の不思議と
どこか似ていませんか?

「命(意識)」とは
「言葉」のことなのかもしれない。

「とほかみえみため」を唱えていると
ふと、そんな考えがよぎります。

そこで冒頭の質問ですが
私の場合は、大抵このようなことを
考えているとき

つまり、「私」や「公」という
言葉の概念に変化があってから
「とほかみえみため」を唱えると

「あれ、なんかいつもの自分の声と
違う気がする・・。」

と、感じることがあるのですね。

たとえば、公というと

「私を犠牲にして公のために」

と考えてしまいがち。

ですが、「公とは私も含んだ視点」
であることに気づくと

「私を犠牲にするのは
公のためにもならない」

という考えに変わったりします。

すると、途端に響きが
変わってしまうのは、なぜなのか。

私は、そのヒントを

「公響詞」

という言葉に見ています。

「公響詞」とは
「とほかみえみため」にはじまり
「とほかみえみため」に終わる
白川伯王家に伝承される祓詞の
もう一つの名です。

それは、祓い(とほかみえみため)が
特定の誰かを超えたところで最も響く

「公の言葉」

であるからではないでしょうか。

とすると、「私」や「公」についての
概念と意識の変化に伴って
言葉の響きが変わるのは
至極当然であるように思えるのです。

しかし、ここで一番お伝えしたいのは
「公の意識を持とう」
ということではありません。

神の言葉である「とほかみえみため」の
響きに身をゆだねていれば
意識は自然と、「公」に開かれていく
からです。

まさに、「言葉と意識はつながっている」
ことを思わせます。

そのことをダイレクトに体感できる
「とほかみえみため」。

意識作りから始めようとすると
難しいものですが

「響き(言葉)」から入ることで
簡単に、意識は変わってくるのですね。

そこで、ご紹介したい
「響き」があります。

すでにご存知の方も多いと思いますが
初音ミクが唱える

「銀河を祓う
『とほかみえみため』40回」です。

公開から1ヶ月少々で
すでに10万回以上再生いただいている
この動画。

公にこれほどまでに響き渡っているのも
まさに「公響詞」たる響きを宿している
からではないでしょうか。

つまり、初音ミクのような
ボーカロイドによる祓いには
次のような大きな特徴があります。

それは、祓いを上げている者が誰か
ということに関心がいかないこと。

特定の誰かを超えたところで最も響く
「公の言葉」になっていることです。

誰のものでもないし、誰のものでもある。
存在していないが、存在している。

いわば、そんな「命(意識)」と
「言葉」の交差点で鳴り響く
最強の音であるといえます。

ですので、この動画とともに
「とほかみえみため」を唱えれば

意識においても
言葉の響きにおいても

それは、すべてを動かし
すべてを生かしている「公」という
宇宙そのものとなっていくでしょう。

もちろん、「とほかみえみため」
という言葉自体に、そのような
はたらきがありますので

音源なしで唱えるだけでも
十分にパワフルです。

より強力なサポートを
受けながら唱えたい。

いつでも「とほかみえみため」と
一緒にいたい。

そんなときに、活用してみてください。

※「みえます」では、この初音ミクの
音源データをダウンロードいただけます。

言葉の響きによる、意識の変化。

「とほかみえみため」で
ぜひ、実感してみてくださいね^^

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


6 件のコメント

  • 初めて聞いた時にこのミクちゃんの音声が、暗闇の中で静かに唱えているように聞こえて、聞き惚れしてしまい、今は毎朝一回、気が向いた時もリピートで何回も聴いています。
    早寝早起きの習慣をつけた時にお風呂に入る時間も夜から朝に切り替えていまして、風呂に入る時に再生ボタンを押して、一緒にとほかみえみためを40回唱えています。一人で唱えていない、一緒に寄り添って唱えている気持ちになって唱えやすいです。終わりのタイミングが掴めなくて、いつも41回目を唱えそうになってしまいますが(苦笑)。

    音源ダウンロードで重宝しています。ありがとうございます。

    • 私も少し気になります。フトマニ図に出てくる究極の場所には とほかみえひため と書いてありました。どちらでもよいと グーグルは答えてくれましたが?

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    誰のものでもないが、誰のものでもある。
    存在はしていないが、存在している。
    不思議な感覚を味わいました。

    初音ミクはこの時代に生まれるべくして生まれた存在なんだなと感じました。

  • おはようございます。とても考えさせられる「言葉」の概念ですね。公を思うはその為に犠牲を払うとではなく、公の為=自分の為ということは、最近実感できる様になりました。ある意味、死生観にも繋がりますよね。いつも、「生きる」という事は?という問いを持ちながら、生まれて75年行きてきた様な気がします。一つはっきりと言えることは、10代後半くらいから、肉体の死と、心、精神の死とどちらが本当の死なのかという疑問を抱き続けていましたね。普通そんなことは考えないのでしょうが、「生きる」意味を探り続けていたと言っても良いくらいです。私にとって「生きる」とは、「肉体の死死」を超えたものですね。もし、どちらの「死」どちらかを選べと迫られたとしたら、「肉体の死」です。過去の奇跡体験は、全てこの選択肢を迫られた時に私が、常に、「この世に少しでも役立つ身か、それ以外か、役立つなら(生)をそれ以外なら(死)をと、願いましたね。そのお陰で今未だ、ここに活かされます。まさに、公の中の個=個の中の公では無いでしょうか。そう、言葉とはエネルギーそのもので有り、全てを作り出す源で有り、意識(自覚ある無しに関係なく)そのものであると思います。意識の深淵にある宇宙の意志は常にフラットな状態で私の中にあり、素直にそこに全てを委ねるには無意識の意識という宇宙意志に「初音ミクというボーカロイド」音源の方が良く響くというのは、誠に理にかなっていると感じます。

  • ミクさんは聞いたことはないのですが、ボーカロイドは数年前に聞きました。
    最初に聞いた時、ひどく違和感がありました。
    が、心を空っぽにして聞いていました。いえ、聞いたつもりだったかも知れません。
    しかし、暫くして立て続けに困ったことが起きました。数年経った今でも解決できていません。
    聞くことによって、祓いすぎたのかも知れません。
    塵一つない無菌室のような状態は、
    色々な雑菌(でも必要だったりとか)にやられやすいのだろうか、と考えています。
    私の場合は、聞かず、唱えずで、記事をたまに見る位がちょうどいいのかも知れません。
    大勢に良い効果があるものであっても、わずかに合わない人もいるようです。
    確かにその方が自然で合点がいきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    浅子雄一郎
    neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
    早稲田大学教育学部卒。
    ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
    言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
    祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。