「柏手・松山英樹選手優勝に見られるコミュニケーションの本質」〜はふりことより〜

内容

皆さま、こんにちは!

松山英樹選手がアジア人初の
マスター優勝を成し遂げましたね!
放送を観て拍手喝采された方も
多いのではないでしょうか。

七澤代表による「はふりこと」で、

世界でも人を迎えるときに柏手
(かしわで)を打って、
相手を迎えます。
今回も松山さんが18番ホールで
優勝が決まって、スタンディング・
オベーションで皆で
賛美するといいますか

という表現で、このような
スポーツの中にも人と人との
コミュニケーションの中に
柏手という神道的な精神が
息づいていることを
示唆されています。

本来の神道は日本固有の
宗教ではなく、
民族全てに共有される
自然な姿のはたらき、
と言えるでしょう。

さらに「はふりこと」より、

「人と人のコミュニケーションを
する時の作法と
いうものが、柏手(かしわで)に
繋がっていくのですが
数をたくさん打てばいいと
いうものではないと思いますが、
打つということで、きっとその、
神々を祀る体系も出来て
いったのではないかと思うのですね」

ということで、人だけではなく
上位の階層における神との
コミュニケーション、
神をお迎えするための
神拝作法の世界まで網羅されている
ことがこの学びの素晴らしさです。

このように人の階層、神々の階層を
理解しながら日々の生活に戻ると、
柏手を通して「中今」の存在としての
人間同士が出会っていくこと。
日常の中で通常の時空間を超えた
「中今」をつかめること。

人と人。
人と神。

どこまでも探求し甲斐のある道です。
私達データムグループはこれからも
神をお迎えする方法を階層ごとに
精緻に解き明かし、公に貢献して
参ります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。