ふと思うは神心

内容


こんにちは、
阿蘇安彦です。

火曜日の朝のこと。

「とほかみえみため」
の効果を発揮するための
心の在り方を教えていただけますか?

と、七沢先生に質問しました。

なぜ、質問したのかというと、
ふと思ったからです(笑)

七沢先生のお話を
要約させていただきますと、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

余計な悩みや、実現させたい
という力みがなく、
素直に「とほかみえみため」ということを
発せられるような状態が良いと云いますかね。

つまり、純粋という
心の前提が必要になります。

「ふと思うは神心」で、
純粋な気持ちで、
瞬間に、ふと思ったことが
実現できるということです。

「遠津御祖神(とおつみおやのかみ)、えみため」
というような意味合いでいえば、
自分の先祖というものと
繋がっているわけです。

一方では、
さらに長い間を遡って
人類のはじめの人というものに
想いが至るということもあり、

宇宙創造の最初の神様も、
時空間を考えたら
遠い存在かもしれないけども、

創造の結果、こうして
この私として生きております、
どうぞ私をご覧になってください、と。

ですから、それは始まりと
137億年という時間とが
一緒にあるような中で、

自己というものが
その遠いと思っている神様を、
今、迎える。

その上で、
その創造意志に違わないかどうか、
ということを感じながら
その言葉が出ると一番良いと思います。

それだけを考えすぎてもいけませんが、
瞬間に、何の躊躇もなく、
ただ「とほかみえみため」と言える。

あるいは言って、そしてそれを
良しとすることが、
この「とほかみ」の実現させる
エネルギー場に行き着く道ではないかと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご先祖様から宇宙創造の原点までを
瞬時に迎える8文字の言葉、
「とほかみえみため」

ただただ唱えることで、
祓い清まり、その純粋な状態が、
遠いご先祖や宇宙創造の意志と適い、
とてつもない力を発揮する。

なんということでしょう!

そもそも、七沢先生が
「とほかみプロジェクト」を
始めようとしたきっかけは、

昨年の大型台風の後、
「身に危険が迫ってきた時に
長い祝詞を暗記していない人でも
助かるような言葉がないか?」と
聞かれたことがあり、

それには「とほかみえみため」を
唱えるのが一番良いでしょう、と
答えたのが始まりだったとのことです。

まさに、今の時代に最も必要とされる
言葉ではないでしょうか?

今日は、原点でもあり、極意でもある
お話を共有させていただきました。

さて、これから、
「とほかみカンファレンス」
に行って参ります!

来週はカンファレンスの様子なども、
共有させていただきたいと思います。

それでは、素晴らしい
一日をお過ごしください。

阿蘇 安彦

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


36 件のコメント

  • 週末の雨は、雨の神様が「家でゆっくり過ごしましょうね」って言ってるみたいです。

    ふと思いました。

    いつもたくさんの気付きをありがとうございます

  • 七沢先生の「さらに長い間を遡って・・・創造の結果、こうしてこの私として生きております、どうぞ私をご覧になってください、と。」というお話のところに、思わず涙が出てしまいました。
    自分とは、他の命に生かされているものであるとは常日頃思っておりますが、創造の結果の今の私という新たな認識に襟が正される気持ちになりました。こういう深い意味があったのですね。ありがとうございます。

  • 阿蘇さん、いつも貴重なお話をありがとうございます。今日の関東は大雪ですが、これはまさに、コロナ蔓延防止のための神の働きか、と思いました。自粛要請が出ていても危機感を持たない人が多い中、この雪で半強制的に外出自粛になるのですから。これはもしかしたら、皆でとほかみえみためを唱えているおかげかな、と思いました。日本はギリギリのところで守られている気がします。ありがたいと思うと同時に、一刻も早く日本人としての役割を思い出し、地球を守るために力を発揮しなければと思います。Gコードも楽しみにしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • アメリカからです。皆様のコメントから、日本のみならず、世界各所から「とほかみえみため」を唱える仲間がたくさんいることを確認でき、非常に心強く感じています。子供たちとは、毎日「とほかみえみため」を唱えてきましたが、今回のコロナウィルスの緊急事態に直面して、ついにアメリカ人の主人にも紹介!事業をしている主人は、目まぐるしく変わる状況対応に追われ疲弊して、もうこうなったら、なんでもあれのやけくそ状態であった部分もありますが、、、、なんと、すんなり受け止めてくれました!その時に主人には、疫病、飢饉、戦争を経験したご先祖様たちが生き延びてくれたおかげで私達が存在しているんだよねと話したら、全くその通りだねと素直に話を聞いてくれ、家族全員で輪になって手を結び、「とほかみえみため」を唱えました。その後、子どもたちはお父さんもついに参加したぞ!、でも日本語の発音は僕たちのほうが上手だから聞いて!と自慢げに、 踊りながら「とほかみ」、ロック調で「とほかみ」、オペラ調で「とほかみ」等々のオンパレード。家族全員すごくストレスが溜まっていたところ、無邪気な子供たちのおかげで大爆笑して緊張がほぐれました。これからも一音一音を大事に、家族で唱えていきたいと思います。

  • とほかみえみため大野さんの本が手元に届きました。不思議なものでダウンロードしてプリントしたものを読むより何倍も響くものがあります。
    Gコードの講座まで繰り返し読みたいと思います。
    ありがとうございます!

  • とほかみえみため、知れば知るほど素晴らしい言霊だとあらためて思いました。この言霊にご縁を頂き感謝でいっぱいです。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    阿蘇安彦
    neten株式会社研究員

    空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
    「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。