ファクターT

方法・使い方

皆さん、こんにちは。
内海昭徳です。

残念ながらの想定内、
というべきか

コロナの感染が
なかなか収まりませんね。

もっとも、感染者数の
妥当性や真偽についても
いろんな見解があるようですが

ともあれ当面の間、
日本も世界も、コロナと
コロナの派生問題に
苦慮せざるを得ない現状です。

一方で、
日本の感染者と死者数が
特に欧米に比べて劇的に
低かったことで

なぜこれほどまでの
差が生まれたのか、
いろんな仮説と検証が
議論されている状況もありますね。

京都大学の山中教授が
ファクターX、という指摘を
されたことは有名で

ご本人のwebページでも
「ファクターXを探せ!」として

考えられるいくつかの
仮説要因を挙げられています。

その中の一つに
「遺伝的要因」
というのがありまして

今後、研究が進められていくと
思われますが

「遺伝子」と言えば
とほかみプロジェクトで
ご縁を頂いている皆さんにはぜひ
想起して頂きたいのが、

「存在遺伝子」ですね。

「存在遺伝子」は
現代アカデミズムの
遺伝子研究で提唱されている
ものではありませんが

言霊、情報、エネルギー
物質、生命、意識などなど

様々な先端研究の知見を
総合した上で、独自に概念化しているものです。

『とほかみえみため』の書籍から
該当部分を少し抜粋してみましょう。

これまでの内容を遺伝子という観点から見ると、次のようなことがいえます。
それは「とほかみえみため」で先祖の神につながるとは、最終的にある遺伝子の発現をもたらすものだということです。
(中略)
ところが、今の世の中で問題と考えられるのは、ほとんどの日本人が存在遺伝子を眠らせたままにあるということです。
存在遺伝子が眠ったままであるとは、神につながることのないまま一生を終えてしまうことを意味します。

では、なぜ過去に何度も地球規模の災害に遭ったり、文明が崩壊したりしても、人類はここまで生き延びることができたのでしょうか。
それは、この存在遺伝子の継承があったからでした。
どんな災厄があっても、存在遺伝子の力で人類は生き残りました。そして、それを次の世代にバトンタッチしてくれたのです。

該当部分は第4章の第5節です。
前後の文脈は、ぜひご再読ください。

そして、「存在遺伝子」を発現させる
言霊こそが「とほかみえみため」ですよね。

ということで、これを
“To Ho Ka Mi E Mi Ta Me”の頭文字Tをとって

「ファクターT」と
私は勝手に名付けることにしました。

「ファクターT」の働きは
数々の体験談にあるように
縦横無尽の発現をもって確認できます。

「存在遺伝子」の働きを、
言霊の力でスイッチオンにする。

これはコロナに限らず、
この激動の時代を生き抜く上で

大切な、貴重な、かけがえのない
ファクターになりますので

ぜひその働きと共に、この時代を
一緒に乗り越えて参りましょう。

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


4 件のコメント

  • 「ファクター-T」とても良いネーミングだと思います。理屈ぬき、感覚的でありますから、正しいかどうかはわかりませんが、私は、ある時と言っても10代後半から、ギリシャ神話と日本の古事記による日本神話の相似性にとても興味をそそられ、それ以後、広く、浅くではありますが、考古学、地質学との関係性もあるので、それらを次々読み漁り、ついに、新旧聖書、中国古典、哲学、数学(と言っても幾何学)、にのめり込んだことがあります。そこで行き着いた感覚が、私に教えてくれたのは、神話は作り物語ではなく事実であると言うことでした。日本のコダマー西洋のフェアリー、巨人伝説、小人伝説、これらは、かなり古く、古代から伝承されて、地域により違うのですが、そのどんな神話や伝説とも、日本神話が全てを含んでいることへの驚きでした。似ているところが数カ所あると言う各地域の神話はあっても全ての神話とほぼ同じ、と言うのは日本神話ぐらいではないかと思います。だから何?と言われそうなので、感覚的結論としては、神世が有り、それは日本でそこから、全ての文明の発達が始まっているのではないかと言うことです。おかしい話と、片付けられ、笑われ、誇大妄想などと言われ続けてきたのですが、今は、ほぼ確信に近いものになりました。そう言うところから、遺伝子に、日本人しか持ち得ない、存在遺伝子の内在は、至極普通のことと言えるのではないでしょうか?

    • 初めまして。
      コメント自体も初めましてです、
      みなさまよろしくお願いいたします(^^)

      思うように読者をしていない自分にとって、
      とても深く永い知識の共有を頂き、ありがとうございます。

      純粋な興味と発見、そして、惑わされず自身をたいせつにする、ということも、改めて染み入りました。

      突然失礼いたしました!
      ありがとうございます。
      とほかみえみため。

  • 科学に落とし込むことの大変さとエクスタシーを感じます。
    遺伝子が日本語自体だという話は驚きでした。
    が、なんとなく不思議なんですが、同時に納得もできて。
    あ〜やはり意識というか意志ありきなんだな、と。
    さらに続けていきます。

  • 何時も、新鮮な気付きを戴きまして、ありがとうございます。
    「存在遺伝子」が、「ファクターT」っていうこといいですね~‼️
    この遺伝子のおかげさまで、ご先祖を含め、今ここに私が居ることが出来ている。
    奇跡のような素敵な感覚を味わっています。
    感謝申し上げます。「とほかみえみため

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です