真の共生の実現

内容

皆さんこんにちは!
大島です。

先日とても不思議な体験をしました。

その日は仕事で東京に
泊まっていたのですが、

翌朝早くに甲府に移動する関係で
早めに床につきました。

いつもなら
朝までぐっすり寝てしまうのですが、

何故か夜中に目が覚めてしまい、
なかなか寝付けないので、

外に出て夜風に当たることに
しました。

そこは商店街の真ん中で

普段は夜中でもそれなりに
人通りもあるのですが、

その日は幸い周囲に誰も
いなかったので、

心を鎮めて早く寝ようと、
立ったまま自修鎮魂をしていました。
(人に見られたらかなり怪しいですね(笑))

ふと視線を感じたので、
そちらの方向を何気なく見てみると、

なんと、

目の前に2匹のタヌキが!

僅か1.5mの位置まで寄って来て、
僕をじーっと見ていました。

『何で都会の真ん中にタヌキが?!』

と一瞬動揺しそうになったのですが、

『動揺して鎮魂が乱れたら、
ビックリして逃げ出してしまうかも?』

と気を取り直して、

鎮魂しながら
少しの間タヌキを観察していました。

その間2匹のタヌキは
落ち着いた様子で

僕に寄り添うように
一緒にいてくれました。

とても温かい時間が流れ、

野生のタヌキとの友情が、
芽生えはじめたその瞬間

突然静寂を切り裂くように
遠くの方から酔っ払いの声が(笑)

びっくりしたタヌキは
物凄いスピードで、
ビルの隙間に消えて行ってしまいました。

『とほかみえみため』は、

祓いの言葉であり
鎮魂の言葉でもあります。

『とほかみえみため』を
唱える事によって

ご先祖さまと一体となり、
地球と一体になる境地を

誰もが体得して行く事が
出来ます。

今回出会った
タヌキさんのお陰で、

『あのタヌキさんは、
僕の事を「自然」と認識してくれたのかな?』

何て思ったり、

『こんな都会に降りて来ないと
餌がないんだろうな。』

何て自然環境に
思いを馳せてみたり、

自修鎮魂と自然環境の鎮魂について、
深く考えさせて頂きました。

我々ひとりひとりが、
『とほかみえみため』によって
鎮魂を深めて行く事で

自然との真の共生を実現し

人もタヌキさんも
安心して暮らせる世界を
創造して行きたいですね!

ABOUT US

大島英明
幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


6 件のコメント

  • 初めて加入して読ませて頂きました。
    まだ何も分かりません。
    自修鎮魂の意味もよく分からず、とほかみえみためを唱える事をチャレンジしてみます。

    何か奥深い世界と出会って行けそうな心地よい予感がしております。
    ありがとうございます。

  • 全く、その通りです。私は今、野良猫の預かりボランティアをしておりますが、地球環境のひどさが、我々の兄弟姉妹である、動物さんたちを苦しめています。それは、私の責任でもあります。

  • わたくし事ですが、今年の夏頃同じ経験を致しました
    よく行きます地元の神社で『とほかみえみため』を気持ちよく唱えておりましたら日本カモシカが現れました
    1回目は突然茂みからバサッと現れ
    2度目は振り向いたらいらっしゃいました

    2回もなんです!!
    さすがに2回目は『とほかみえみため』の力??と確信致しました

    実は1回目の遭遇に腰を抜かすほど驚いたので
    臆病な私はすぐにググって 日本カモシカは人を襲わず興味深々で観察する と調べてあったので
    2回目の遭遇は 安心してとほかみえみためと言って手を振ることができました

    一瞬でしたが繋がったような気がした体験です

    同じような体験だったので嬉しくなりコメントさせて頂きました

    大島さん いつもありがとうございます

  • たぬきさん達も、大島さんと一緒に「鎮魂」したかったのではないでしょうか(笑)

    壊れゆく地球を憂いたたぬき達が、心優しい大島さんに僅かな時間、寄り添ったのだと思います。

  • たぬきさんとの時間、ほっこりします。
    ありがとうございます。
    ご先祖さまと一体になる、地球と一体になる境地を楽しみに続けてみます。
    いろいろあたたかい思いををありがとうございました。
    プチ供食?時々してみてます。買い物先で、何が食べたいですか?と聞いてみたり、買ったり、作ったものを一緒に食べるイメージで、お話しながら食べてます。今日は、ご先祖さま全体に話しかけたら、ものすごく食欲がわいてしまったので、とほかみえみためを唱えながら、食べました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です