「自然体」に憧れた、あの頃

体験談

皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

お盆が明けて
8月も後半に入りましたね。

お盆休みだった方は
十分に休息が取れたでしょうか。

例年であれば帰省やお出かけにと
慌ただしく過ごすこともある時期。

今年は、あまり人と会わずに
お家でゆっくり過ごされた方も
多いかもしれませんね。

とくに「人疲れ」してしまう方に
とっては、案外過ごしやすかった
お盆だったのではないでしょうか。

(暑さは大変でしたが^^;)

人疲れといえば、以前私は
「人の目が気になって仕方ない」
という時期がありました。

思春期~学生時代全般にわたって
ずっとそうだったと記憶しています。

自分の言動の一つひとつなど
ちょっとしたことが
一日中気になってしまい
家に帰る頃にはどっと疲れている毎日。

その当時は

自分のやりたいことを貫いている人
自分の意見を物怖じせず言えるような人

そういった人たちと出会うと
それができない自分とを比べてしまい、
いつも劣等感を抱いていました。

「比べる」というのは厄介で
無意識に発動してしまうため
とても苦しいものです。

「なんで、自分はもっと
自然体で生きられないんだろう」

そう考え出すと、自分の中で
「不自然」と感じている部分が
気になり出して

それを排除しようとすると、
もっと不自然になって
身動きが取りづらくなってしまう
という悪循環・・。

「自然に生きたい」

という一心で、やがて瞑想に向かい
音楽を始めるようになりました。

それで「解放」された部分は
あったと思いますし
その道の中で出会った人々には
今でも感謝しています。

でも、やっぱり難しかったんですね、
「自然」で生きるということは。

ところが・・

「とほかみえみため」と出会って
祓いと鎮魂を実践していたら

いつの間にか、
ずっと切望していた「自然」を
実際に生きているということに
気がついたのです。

この教えに出会って実感した
一番の変化は何か?と聞かれたら
私は真っ先に、そう答えます。

エクレルで執筆させていただいて
すぐ、こんな体験談を
寄せてくださった方がいました。

(とほかみえみためを唱えることを)実践し出してから、いろんなことが変わっていて、自分でも驚いている一番の変化が、自分自身が素直になってきたことです。

今までは失敗をごまかすのはもちろん、不都合なことを隠したがったり、嘘をつくのが当たり前の世界で生きていました。

でもそんな自分が虚しくなったり、悲しかったりしたんですが、そうしないと自分を守れないと思っていた節がありました。

だから、今の変化がとても嬉しいです。(Rさん)

Rさん、私もまったく同じです。

素直になることができない
本音で人と接することができない
と苦しんできた時間が長かった人ほど

自らの中に「自然」を発見したときの
嬉しさは、ひとしおだと思います。

この「自然」をもたらしてくれたものは
いったい何だったのだろう。

と考えてみると、それはやはり
「とほかみえみため」という言葉がもつ
「祓い」の力によるものが
本当に大きかったと感じます。

祓うことで、私たちの本当の姿を
覆ってしまっているものが取り払われ

私たちを生かしている自然そのものが
眼前に立ち現れたのではないかと。

本当の自然、宇宙(神)の姿とは
自分が頭で考えた「自然」とは違い、
明確な階層性を持っているという
学びによるものでもあったと思います。

これからも、「とほかみえみため」
そして祓いという概念と実践を通して

この自然の奥深さ
深淵さというものの自覚を
深めてゆくのだと思います。

今あらためて感じるのは
こうした一連の気づきや学びは

周りの目(自我)に
苦しんでいた時期があったからこそ
得たものでもあった、ということ。

「逆吉」ですね。

皆さんにも、

「あのときあの苦しみがなかったら
今という時はなかったかもしれない。」

そんな出来事は、あるでしょうか。

「とほかみえみため」を唱えながら
<すべてに感謝>ということに
心を開いていきたいですね^^

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!


「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。

体験談応募フォームはこちら

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


10 件のコメント

  • 同感です‼︎
    祓いや「とほかみえみため」を唱えるようになってから、
    一瞬一瞬の感情が、執着することなく流れて行くようになりました。
    時々は張り付く感情もありますが。

    気付いたら、自然体で居られるようになっていたという感じです。

    ありがたい変化です‼︎

  • いつも楽しく読ませていただき、ありがとうございます。自然体という言葉に気になってしまいコメント残させていただきます。

    とほかみえみため や みえます に出会ったのは、今年5月でした。昨年春頃、まだ とほかみえみため を知りません。その頃、自身の生きる上での方針として、人生理念を考える機会がありました。あれやこれや考えていくうちに「調和のとれた自然体の追求」が自身の理念だ!と思うようになりました。その理念を持ったことによってなのか、今 とほかみえみために出会い唱えています。唱えている今、昨年の状況と比べると、身体は疲れにくくなっていて、心はニュートラルな状態が長く続くようになってきました。今後も とほかみえみため を唱えていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 浅子さん、

    こんにちは。はじめまして。

    全く同感です。人の目が気になって仕方がない。自分の欠点にフォーカスし続けてしまう。それ、私もありました!

    変に我慢したり、自然に振舞えている人と自分を比較したり。

    でも、今はそういうのはないですね。

    「とほかみえみため」に出会って、2ヶ月ぐらいになりますが、いい意味で「人は人。自分は自分」と、楽に思えるようになりました。

     すごい人には、自然に「すごい人だ!」と感じ、それで終わり。

     自分との比較は生じない。

     すごそうに見えない人でも、「この人はこの人なりに一所懸命なんだな」と思って、それで終わり。

     「とほかみえみため」の8字を唱えるだけで、不要なものが祓われてしまう。ほんと、すごいものに出会ったと、つくづく思います。

  • お世話になります。
    82歳の男性です。毎日元気に心配事なく、悩みなく毎日好きな勉強に集中していますが何時の間にか「とほかみえみため」の言葉が飛び込んできました。
    これは、私の自己成長する方向と同じなので勉強したいと感じました。
    妻が8年前に病気で亡くなり、どん底から這い上がりました。60歳以後腰椎骨折、左ひじと手首の粉砕骨折、胆のう摘出、前立腺手術、右足静脈全摘出しました。悪い所を全部取ったので全て良い所が残って、いまは快調です。思考方向も自分の外に向けていたのを、自分の内側に変り物事が全て良い方向に回りだしました。感情のコントロールがほゞ100%出来ます。
    人間は「元々幸せに生まれてきている」ことが腑に落ちました。すると、あらゆる、不安や心配事が亡くなりました。
    今では、後43年後の125歳で死ぬ時にはア~面白かったと言って、棺桶の中でガッツポーズだと公言しています。するとこの言葉に何の矛盾も感じなくなりました。
    そんな時に「ほとかみえみため」この言葉が舞い込んできたのは、何か意味を感じますので勉強させて下さい。この世は心が思考して言葉として出たとおりの世の中で有り、自分の人生も自分の思い通り人生を歩んでいることは実感できます。言霊の勉強の機会を頂いて感謝です。
    ちょい悪爺さん。

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    コメントされてる皆様、素晴らしいですね。

    私はなかなか成長を感じることはできませんが、成長を感じようとする心持ちがすでに違うのかな~とも感じています。

    あれこれ考えずに祓うことに尽きますね。やっぱり。

  • 浅子 先生へ
    素晴らしいお話に感動です。私は72歳です。若かりし頃の浅子先生と正反対で、目上の人であろうと、大きなな壇上で有ろうと、物おじせず、自分の意見を述べていました。そんな未熟な自分が恥ずかしく思うこの頃です。思いあがっていた頃は分かりませんでした。今は全ての己が懐かしいし、可愛いと思います。時は全てです。瞬間も永遠も。とほかみえみため ありがとうございます。

  • 50代にしてまだ生きづらさを感じて自然体に憧れてています。とほかみえみため毎日唱えています!

  • 浅子さんこんにちは、とても参考になりました。有難うございます。6月で65歳になりましたが中々大人になりきれません。私も自然体で生きれたらどんなにか楽だろうと思う時があります。「とほかみえみため」を実践していく内に徐々に自然体で居られるようになれば大変嬉しいです。毎日、今、ここと思う時はいつでも「とほかみえみため」を口ずさんでいます。楽しみです。

  • とほかみえみため 「自然体で在る」になりたいと長年思い続けてきました。
    このコラムを読み、そうなんだ!と嬉しくなりました。少し肩の力も抜けたように感じます。
    ありがとうございます。

  • こんにちは!
    いつもありがとうございます。
    今のさわやかで、穏やかな浅子さんにも、かつては、そんなお悩みがあったとは、、、
    逆吉
    希望を感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    浅子雄一郎
    neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
    早稲田大学教育学部卒。
    ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
    言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
    祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。