「窮すれば通ず」↔「貧すれば鈍す」

体験談

皆さんこんにちは
石原政樹です。

本日も体験談解説です。
けいさんの体験談を
紹介させていただきます。

年老いた父は毎年、
田をやるか悩みます。
当初今年は半分作ろうと
思っていたが結局全部作ることに

苗が足らなかったのですが
とほかみえみため
を唱えていたら近所に
丁度余っていて
さらに手伝って
いただきました。
ありがとうございます

けいさん、ありがとうございます!

ことわざに

「窮すれば通ず」

「貧すれば鈍する」

という対照的な
ことわざがあります。

前者を享受できる人、
後者に追い込まれてしまう
人はどこが違うのでしょうか?

それは窮した時、天に
抜ける道があるかないかです。

具体的には、
鎮魂、祓い、とほかみえみため
があるか、
ということになってきます。

さらに、これを活かせる人と
活かせない人がいます。

ではこれらを活かせる人と
言葉として知ってはいるが
唱えても変わらない人の
違いは何でしょうか?

それは
「口祝詞か、真の祝詞か」
という問題になってきます。

現実が苦しければ苦しいほど
反転するエネルギーは
強くなる、という一面があります。

心理学では追い込まれると
「攻撃か逃避か」

ということになりますが、
二項対立を超えた言霊に
満ちた空の世界があります。

そこまで抜けた人は、
この現実世界に対して、
意志を発すれば
逆に空の世界が働きかけ、
現実が変わっていく、と言う
ことが起こってきます。

すると、けいさんのような
思わぬ形で解決が起こります。

事態が良くなる時は
想像を超えることが
起こります。

けいさんのように
田んぼが足らないのに
貸してくれる人が現れる
人手が足らないのに、
手伝ってくれる
人があらわれる。

ということになってきます。
これが物欲しげに苗を人に
ねだったり人手をねだったり
したら、このようなことは
起こらなかったかもしれません。

苦しい時は、人にねだったり、
人におもねりたくなります。

そんな時こそ、毅然と
「とほかみえみため」を
唱えてみてください。

助けが必要でしたら、
最も良い形で助けが
入ります。

真に窮状を救うもの、それは
「とほかみえみため」
であり、鎮魂です。

今の状況がどんなに苦しくても
その状況を忘れるくらい、
「とほかみえみため」
を唱えると、口祝詞を超え
清んだ意識が現れ
思わぬ形で現実が解決します。

それが今回のけいさんの体験談
に現れています。

皆さまも苦しい時こそ迷うことなく
あるいは迷いながらでも
「とほかみえみため」を
唱えてみてください。

必ず皆さまの悩みは
解決するはずです。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


7 件のコメント

  • 『とほかみえみため』言葉は知っていましたが、こういう意味があったというのは初めて知りました。
    真摯に受け止めていきたいと思いました。

  • 十か条の 9番目 真の道を求め病苦を忘れること

    これがなかなか出来ないでいましたが 出来そうです
    とにかく唱える 納得しました。

    >>>皆さまも苦しい時こそ迷うことなく
    あるいは迷いながらでも
    「とほかみえみため」を
    唱えてみてください。

  • 2016年から言霊の叡智を学ばせていただいています。
    調子に乗って、どん底まで落ちたこともありますが、振り返ってみると
    自分にとって必要な出来事だったと思えたりします。
    なかなかリッチにはなっていませんが、追い込まれた時にでも、
    結局何とかなっています。
    今の私は大きな期待もせず、ただ淡々と祓い鎮魂することに努めています。
    それが一番いい気がするのです。
    (^-^)

  • こんにちは、いつもありがとうございます。
    人に、おもねらないでいいのは、助かりますね。
    とほかみえみためを淡々と唱え、ゆだねることのできる安心、信頼を益々育んでいきたいと、おもいました。

  • 本当にその通りだと思います。私もいつも、ゼロからの出発で、経済的には苦しい生活を送って来ました。そんな私に、困ると何かと相談をしてくる人たちがいます。その人達の相談に乗りながら、解決できるものは、その方法を一緒に行動すると、不思議なくらい事は成就して、喜んでいただけます。それでも、自分のこととなるとからっきしダメで人の役に立つことにかけては、結構何とかなるという自負はありますが、自分についてはまぁこんなものというくらいになり、できても、出来なくても仕方ないと結構諦めたようなところが多々ありました。それでも、どうしても、家族や、周囲に迷惑が及ぶほど、追い詰められると、火事場の馬鹿力のようなことが起きて、奇跡的に、解決したり、回復したりという事がよくあったのです。今では、「とほかみえみため」を知り、それを唱える事で、当時の何倍も楽に、物事が良い方に進んでいきます。とても有り難い事でございます。とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため

  • 窮すれば通ず、窮すれば通ず、頼むはまこと一つなり。・・・確か宮沢賢治もこのように、言っているのを思い出しました。
    みやざわけんじは、いま、ぎんがのしごとをしているとうかがっておりますが、何か関係あるのかなとおもったりしています。

  • 今週は、久しぶりに大きなめまいと吐き気で苦しんでいました。
    時折、鬱滞している時には、めまい吐き気などに襲われるのですが、
    今回は「とほかみえみため」を唱えながら、苦しみが去るのを待っていました。
    回復して感じたことですが、いつもは苦しみで頭がいっぱいに
    なり、自分を省みる余裕がなかったのですが、苦しみの最中にも、
    沢山の感情が浮かんでいたことに気づきました。
    感情プログラムで祓っていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している