尽きることない喜びの世界

内容

皆さま、こんにちは。
石原政樹です。

そろそろ夏も終わりますね。

今年は梅雨が長引き、
肌寒い日々が続いたかと思うと、
一転して酷暑となり、

マスクで熱中症になる人多数。
コロナ禍とあいまって
大変でしたが、

いつもと同じ夏空に、
真っ白な入道雲が湧き上がり、
夏のエネルギーを感じさせて
くれました。

「みえます」オンラインの
収録のためにお邪魔した
柳田さんの湘南のスタジオでの
収録の合間に、

青空と雲と風と波。
サザンオールスターズの
歌の歌詞でも有名な
エボシ岩など、

夏らしい自然の景色に触れる
ことができました。

そんなタイミングで、
懐かしく思い出した10代のころ。

あの頃は、
夏が過ぎていく寂しさや
季節が移ろう寂しさに
ひどく敏感だった気がします。

そして、今は
大好きな時間を留めておけない
なんともいえない寂しさを
感じていた自分と、

「とほかみえみため」の世界を知った
自分の違いが明確にわかります。

「とほかみえみため」で
経験していくのは、
移ろう世界とは関係のない喜び。

その喜びが、季節ごとの自然を
とても美しく映してくれるのです。

昔の癖で、季節が移ろうことに
寂しさが生じても、

直ちに、「とほかみえみため」
に昇華されていくのを感じます。

話が宇宙に飛躍しますが、
ダークエネルギーの存在が
認識されたとき、

宇宙が急速に膨張しているにも
関わらず、そのエネルギーが
減衰しない、

つまり宇宙が2倍に広がれば、
例えれば箱の中に
ぎっしりとビー玉が
敷き詰めてあっても

その箱の大きさが2倍になれば、
中のビー玉の密度は半分になり、
スカスカになる筈が、

なぜか、ダークエネルギーは
そうならない。

逆に密度が増えている、
といいます。

私たちの喜びのエネルギーも
とほかみえみためを
唱え続けることで

尽きることなく、私たちの
宇宙に拡がり続けます。

そうなると、
必死に「とほかみえみため」を
唱えなくても、

泉が湧き出るように
心から「とほかみえみため」が
湧き上がってきます。

内側から溢れ出る喜びで、
自分が存在する世界が
美しく輝くのが、
「とほかみえみため」なのです。

尽きることない
「とほかみえみため」の、
美しい世界を、ともに
楽しんでまいりましょう

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!


「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。

体験談応募フォームはこちら

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


4 件のコメント

  • 前半の文章を読みながら、研ナオコさんの代表曲としても知られている「夏をあきらめて」の最後のサビが終わった後に歌われる箇所が浮かびました。この箇所だけで夏が過ぎ去っていく寂しさや時間のはかなさ的なのを感じて、朝から切ない気持ちをしみじみ味わいました。

    あ、すみません! ついつい……。

    本題。
    不幸な自分が自分だと思い込んでいたこともあり、幸せな瞬間、喜んだ経験を自分の中で溜め込んで何度も味わう経験をよくしていました。で、そのクセがおかしい、みんなはちゃんと世の中を生きているのにわたしだけどうしてこんなことをと自己嫌悪も重なって、こういった経験も含めて、世間から見ておかしいんだろうなって思われる体験を誰かに分かち合うことがほぼありませんでした。
    だから石原さんの文章を読んで、ああ、一人じゃなかったんだなって思った次第です。経験は全く同じではないとは思いますけども。

    とほかみえみためで昇華できるというところまでは理解がいってないのですが、唱え出してから、大野さんの本でプラスもマイナスも祓うということを学んでからというもの、溜め込む癖がちょっとずつ削れていると感じています。今では、喜びもプラスも味わったらそれでオッケーで、溜め込んだらむしろ腐る(表現が厳しいですが、ニュアンスが伝わったら幸いです)と分かるようになりました。そのおかげで過去の栄光にすがらずに今を生きる瞬間が増えてきたと思います。嬉しいな、ありがたいなって思ったら、ご先祖様に感謝の気持ちを持ってとほかみえみためってこっそり唱えて次に行けるようになりました。

  • 石原さん
    こんにちは

    泉が湧き出るように、とほかみえみためと
    いう表現をされていて
    私は富士山の湧水をイメージし
    清々しい気持ちになりました
    ありがとうございます

    美に対する意識も
    とほかみえみためを唱えるように
    なってから
    バランス、調和を意識するようになりました

    本当の幸せとはなんだろうと
    思うと同時に

    本当の美しさとはなんだろうと
    いままで、まわりや世間でいわれてきた
    価値観を一歩離れてみることができるようになってきました

    「芸術は爆発だ」とインパクトのあるお言葉も
    ありますが
    私は今、「お祓いは芸術だ」という気持ちです

    調和のとれた美の世界
    とほかみえみため

    これからも、気づき成長を望みます
    よろしくお願い致します

  • いつもありがとうございます。
    とほかみえみためのお陰で、わたしも路端の草花に愛おしさや雲の形に楽しさ、雨に濡れた葉っぱに輝く美しさなど、自然への感動が強くなっております。
    シャインマスカット収穫の様子の写真を拝見しましたが、あの時の心から楽しんでいる石原さんの表情が忘れられないです。

  • はい、本当にその通りですね。あたらしい気づきの中から湧き上がるとほかみえみためはとても気持ちよく、私の変なこだわりを溶かしてくれていきます。ありがとうございます。とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している