神様と出会うには

体験談


皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

いつもエクレルをお読みいただき
ありがとうございます!

先日、エクレルの講師陣で
皆さんの体験談を読ませていただきました。

体験談を読むと、

「そういえば、私にも同じような
ことがあった!」

と、今まで見過ごしていたことに
気がつくものです。

そこで、これから度々、
皆さんから寄せられた体験談を
ご紹介していきたいと思います。

本日は、こちら!

===============

ある日突然パソコンが起動しなくなってしまい、1週間程が経っていました。

もう買い換えるしかないかな…と諦めかけていたのですが、最後に試してみようとパソコンの前に立ち「とほかみえみため」を3回唱えてみたところ、言い終わった直後に『コンセントを抜いて、もう一度差し込む』という行動が映像で頭に浮かんだのです。

何年か前にパソコンの調子が悪くなった時、たまたまそうやって直ったことがあったのを思い出し、コンセントを差し直してみたところ、見事パソコンが起動を再開しました!

これも「とほかみ」の効果なのでしょうか?!
信じられないような不思議な体験でした。

===============

すごいですね!

普通でしたら、
「もう買い換えよう」と
諦めてしまうような場面ですが、

その前に「とほかみえみため」を
試してみよう、と思われたことが、
何より素晴らしいと思います。

「そんな奇跡、起こったことないよ!」
という方でも、
本当は気がついていないだけで、

今回の体験談のように、
ふとしたイメージや言葉が
すでに降りてきているかもしれません。

そんな視点で、
日々あれこれ浮かぶことを観察してみると、
日常がまた一つ、楽しくなりますね。

さて、今回こちらの体験談を
ピックアップさせていただいたのは、
実は私にも、同じような
体験があったからです。

それは、大好きなアーティストの
ライブDVDをお店で発見したときのこと。

それは中古品でしたが、
なかなか手に入らないものでしたので、
掘り出し物ゲット!とばかりに
迷わず購入しました。

家に帰り、高鳴る鼓動をおさえながら
いざDVDを機器にセットしたところ・・

「読み取りエラー」

と表示されて、一向にDVDが
再生されないではありませんか!

ほかのDVDは正常に再生されるので、
これは機器の故障ではなさそうです。

「DVD詐欺にあったかな・・」

そんな聞いたこともない
詐欺の名前がよぎるほど、
パニックになっていました。

「そうだ、そんなときこそ、
とほかみえみためだ!」

と思い立ち、

とほかみえみため
とほかみえみため
とほかみえみため・・

と唱えましたら、
だんだん落ち着いてきました。

そして次の瞬間、
DVDの機器を、なぜだか一度、
リセットしたくなったのです。

さっそく説明書を読みながら
リセットを試してみたところ・・

今度は見事に
DVDを読み込んでくれて(!)
無事、ライブ映像を
楽しむことができました。

「とほかみえみため」に
心から感謝した瞬間です。

~~~~~~

前回の記事では
たくさんのご感想をお寄せくださり、
ありがとうございました!

皆さんの中には、
私と同じような体験をされた方もいらして

素直な気持ちを綴ってくださった
それぞれの言葉の中に、
私と同じものをたくさん、
発見させていただきました。

前回お届けしましたように、
「とほかみえみため」を唱えていますと
全体性につながっていきますので、

「相手の中に自分が見えてくる」
という経験をすることがあります。

日本の古からの教えでは、
「人は本来、神である」といわれます。

それは、人の奥深いところに
白ひげをたくわえた仙人みたいな人がいる
という話ではなくて、

人の中に、自分と同じものを
見たり、感じたりすることこそ、
本来はみんな同じ「神」であることの
発見ではないか、と思うのです。

少なくとも、
人や何か偉大な存在と自分を比べて
違うところにばかり意識を向けるより、
同じところに意識が向くようになると、
それだけで、世界は平和になります。

言葉も、同じです。

世界中の言葉を紐解くと、
そこには「母音」「子音」といった
同じ要素が見えてきます。

(すると同時に、日本語にしかない
唯一無二の特徴も見えてくるのです。
この点については、またいずれ
お伝えさせていただきたいと思います。)

その意味においても、
言葉は本来、神なのですね。

日々のエクレルの記事の中に。

そして皆さんの体験談の中に。

その言葉の一つひとつの中に。

皆さんの周りの人たちの中に。

皆さんのご先祖様たちの中に。

「とほかみえみため」の中に。

ご自身の中にあるものと同じ「神」を
見出していただけたらと思います^^

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


14 件のコメント

  • 素敵なお話しありがとうございます。
    とほかみえみためを唱え初めてようやく2ヶ月位立ちました。コロナが始まった頃から今まで、いくら考えていても、どうにも現象化しない様々な事柄が、何故か一つ二つ、と自分が思っていたような形で、調って行くようです。
    まさに、とほかみえみため以外には、考えられません。最近、神棚や、仏前でとほかみえみためを唱えて居ると、涙が流れてきてしまうのです。勝手に、浄化してくれて居るんだ!みそぎ、祓いなんだ!と感謝しています。

  • ともかく唱えていると、
    氣づかないだけで、色々と不思議なことが起こっているかもしれないな
    という氣がしています。ありがとうございます。
    とほかみえみため、とほかみえみため、とほかみえみため

  • 言霊、とほかみえみため とは何か
    日本に漢字が持ち込まれ言葉が変わる前に学者は日本人は文字を持たなかったと言います。
    しかし、日本には太古の昔から使われている象形文字のような日本の文字がありました。
    そんな時代から日本人は神と交信して生活の中に神を取り込んでいたのだと思います。
    「とほかみえみため」の意味は分かりませんがその言葉が神代の時代から引き継がれる日本人を守るものなのかもしれないとは思うのですが、人智を超えた大いなる存在、神の御名が分かりません。
    日本人を守り、祓い、鎮魂してくださる存在の御名が分からないのは不思議でなりません。
    本来なら弥栄を祈り多くの人に知って頂く必要があるのではないでしょうか?

  • いつも素敵な投稿をありがとうございます。
    このとほかみえみためを
    毎朝唱えるようになって1か月半が
    過ぎようとしています。
    毎日唱えると穏やかな
    胸が熱くなり感謝が湧いてきます。

    そして、その前に禊払詞も一緒に
    唱えるようになりました。
    唱えるようになってそう言えば
    随分昔に知人から誘われて
    大祓いセミナーに参加した事があり
    その時のプリントに
    禊祓詞やひふみ祝詞などが
    掲載されてたのを思い出して
    6年ぶりに開いてみたら
    そこにはなんと
    とほかみえみためが
    載っていました。当時、あまりわからないまま
    参加していたのですが
    改めて見てビックリでした。
    今回
    こちらでこのとほかみえみためと
    出会えてすごくよかったと思います。
    長くなりましたがこれからも
    よろしくお願いします。

  • 佐藤由美子 さん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    浅子雄一郎
    neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
    早稲田大学教育学部卒。
    ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
    言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
    祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。