いのちの芯

内容


皆さん、こんにちは。
内海昭徳です。

日々報道されている通り
ネガティブ要因が絶えない、経済活動のこれから。

戦後最大の国難
とも言われ

人生の見通しが立たず
不安心理が広がりそうな世相の中、

私ごとながらふと、
戦後の時代を生きた
自分のご先祖様に思いを馳せました。

私の父方の祖父は
宮城の出生なのですが

水産行政に携わっていたこともあり
戦前、台湾の開発のため
若くして台湾の地に渡りました。

そのまま敗戦までずっと
台湾での仕事に従事していましたので
20年ほどの人生を、台湾で送っていたかと思います。

日本が戦争に敗れ
台湾は国民党政権の支配となったことから
敗戦後ほどなく、小さな子供を3人連れて、本土に引き上げてきたとのこと。

当時、外地からの引き上げは
想像を絶する苦難の連続だったようで

『国家の品格』で有名な藤原正彦氏のご母堂である
藤原ていさんが、満州からの引き上げ体験を記した
『流れる星は生きている』などを読むと、
そのあまりの凄絶さに、言葉を失います。

私の祖父母は台湾からの引き上げだったので
満州に比べれば恵まれていたと思いますが

それでも、はるか遠く台湾・花蓮港から
幼子を3人連れての長い長い船旅、
そして九州から宮城までの、当時の旅客列車での列島の縦断。

ようやっと引き上げた宮城の地で
文字通り、ゼロからの人生の再興。

敗北感と喪失感に打ちひしがれた心を
家族のために何とか奮い立たせ、
痛いほどの責任感を己自身に課しながら

戦後日本の1日、1日を
ひたすらに歩み続けた祖父母の心中は、
とても察しえるものではありません。

一方、父はその後
宮城から大学卒業後に東京に出て
母と結ばれ、私が生を授かっているので

もし敗戦による本土引き上げがなく
ずっと祖父母が台湾で人生を送っていたなら

私は生まれていなかったでしょうし
こうして皆さんとご縁を頂くこともなかったことになります。

人の運命、人の縁の不思議さを思えば
人智の及ばぬ神縁に、ただ、心たゆたうばかりです。

父母、祖父母といった
今の自分に近い命のつながりを想い

心静かに「とほかみえみため」を唱えてみると

何とも言えず、

湧きいずる感謝のような、哀しさのような
優しく背中を押してくれるような

自分のいのちの芯を、確として支えてくれるような

そんな気持ちになります。

長い長い人類の歴史の上で
どんな苦難の時をも乗り越え続け、
いのちを紡ぎ続けてきてくれたご先祖の意志があって
今の自分が、ここにあること。

皆さんお一人おひとりの
遠津御祖神がそっと励ましてくれる
声なき声にも、ぜひ心を澄ませてみて頂けたらと思います。

ABOUT US

株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


24 件のコメント

  • 内海さんのコラムを読んで、満州から引き上げてきた父方の祖父母のことを思い出しました。
    祖父母からは満州の話は聞いたことがなく、軽く父から聞いていた程です。
    どんなに大変だったか、そんなことも微塵も感じさせない程に穏やかな人達でした。
    お寺の檀家になると、ほぼ廃寺だったところを住職と協力して、小さなお寺ながらも沢山の人が訪れるような所になりました。
    今は亡くなってしまいましたが、お寺にあるお墓には。祖父母に直接会ったことがない人達が、お墓に手を合わせてくれているようです。
    そんな、祖父母のことを忘れているつもりはなかったのですが、とほかみえみためはもっと遠いご先祖様のことに注目しすぎて唱えていたな、と感じました。
    祖父母が満州から無事に帰ってこなければ、私も父もいなかった。それに感謝してとほかみえみためを唱えていこうと思います。

  • 内海さん、感謝しています。
    遠津御祖神への 『とほかみえみため』の唱える時の
    感謝の気持ちがさらに増していくような素晴らしいお話
    本当にありがとうございます!!!(^^ゞ

  • こんにちは、いつも、ありがとうございます。

    命の芯、いい言葉ですね。

    本当に、あの悲惨な戦争に耐えてきた、ご先祖様方には、頭が下がります。私なんかには、想像もできない苦しみだったことは間違いないと思います。

    また、墓参りに行き、声無き声に耳をかたむけたいです。

  • 内海さん、講師の皆様、いつもありがとうございます。今日の内海さんのお話に台湾のことが出てきたので、初めて書かせていただきます。

    私は台湾の台南に嫁いで17年になります。不思議なご縁に導かれて台湾にやって来て、日本を離れているにもかかわらずこの教えを知ることができました。

    私が初めて台湾に来たのは、日本語教師の実習でした。当時はオーストラリアかカナダでの実習を考えていたのですが、先生に台湾からいい条件で募集が来ているから行きなさいと勧められ、1年間台湾で働くことに決めました。

    そのときに台湾で偶然ある男性と出会い、4年後に結婚しました。いい人そうだけど全く私のタイプではなく、結婚どころか恋愛の対象にさえならないと思っていたのですが…人生何が起こるかわからないものですね(笑)。
    また日本の大学で留学生に日本語を教えるのが目標だったのに、なぜか自分が思い描いていたのとは違う方向に人生が進んで行きました。

    でも、私の場合台湾に来なければ白川の教えに繋がることもなかっただろうと思います。すでに他界した親が宗教関係者でしたので、日本に住んでいたらおそらく私もその宗教の信徒と結婚し、疑問を持ちながらもその宗教が最高の教えなのだと今も信じていたと思います。

    台南に来てからは、日本の常識が通用せず仕事でも家庭でも様々な困難や葛藤があり、何度も日本に帰りたいと思いましたが、振り返れば全てがこの教えに繋がるために必要なことだったような気がします。今では仕事をはじめ、あらゆることがひっくり返り、何のストレスも不安もなく暮らしております。

    最近は中学2年生の娘とよく哲学的なことや社会情勢について話をしています。昨晩は一緒にGコードの講義動画を見ました。娘はお祓いのボーカロイドを聞くようになってから、感情の爆発がなくなったと言っています。最近はSIZIMAが気に入っているようです。
    また、娘は先日、市のサイエンスフェスティバルで数学の研究発表をしたのですが、準備期間中、先生にボロクソに言われてへこんだり、チームメイトとうまく行かなかったり、緊張や不安があるというので、Easy LOGOSを使うよう勧めました。使ってみたところ、全然緊張しなくなって、発表内容の改善のアイディアも浮かんできたと言っていました。発表当日は、心のなかで「とほかみえみため」を唱えていたら、うまく発表でき、娘のチームだけ審査員に変な質問をされなかったと、とても嬉しそうに話してくれました。

    小学生の息子も出かける前と就寝前の「とほかみえみため」が習慣化しました。だんなはまだもうちょっと先かとは思いますが、職場でミニロゴストロンを使ってもらっています。

    長々と書いてしまいました…
    日本の皆様とこうして繋がることができ、とてもありがたく嬉しく思っております。

    あさってのオンラインライブ、たまたま日本語の授業がキャンセルになり参加できることになりました!
    楽しみにしております。

  • 今日も素晴らいいメッセージをありがとうございます!
     
    私の祖父は満州から引き揚げてきました。腹と足に銃弾を受けた痕があり、
    それを見せてくれたことはありますが、戦争の話は決してしてくれませんでした。
    祖母は挺身隊として長崎に赴き、原爆のきのこ雲を目にしたそうです。
    命よりもミシンを大切ににしろと命令されていたそうで、
    空襲の際は、防空壕にミシンを抱えて逃げ込んでいたとか。
     
    2人とももう今は亡くなっていますが、
    直近のご先祖様の話を聞いただけでも
    すごい時代を生きぬいて来たのだなと頭が下がる思いがします。
     
    それが何代にも遡って考えると、
    絶えることなく今に繋いで頂いたという感謝は
    底知れない深いものとなります。
     
    ご先祖様がほほ笑んでくださるよう、
    日々丁寧に唱えていきたいと思います。

  • 内海先生 いつもありがとうございます。
    私の父は満州から引き上げの人々の団長として日本に戻ってきました。引揚寮で縁あり母と結婚しました。私はこの寮で、様々な人々と接し、自分は一人で生きていくと覚悟しました。
    必要必然のもとに何もかも存在していると思います。今、3千年に一度の奇跡に出会えたことを限りなく感謝申し上げております。

  • 心に深く染み入るお話をありがとうございました。
    父方祖父が、祖母と5人の小さい子どもを残して戦死したことを思い出しました。祖父がどんな思いであったのか、その後の祖母や父らの苦労にも思いが及び、そのお陰で、自分が曲がりなりにも今こうやって平穏に生かされていることに、ただただ感謝の念が湧いてきました。
    いつにも増して「とほかみえみため」を唱えて、亡き祖父母に感謝を伝えます。

  • とても深いメッセージを戴きありがとうございました。
    先祖を深く思うことで心が洗われ、深遠なる何かを感じます。
    今こうして居られる幸せを感じ、先祖に感謝。
    メッセージを下さった内海先生に感謝申し上げます。
    とほかみえみため。

  • おはようございます✨✨ 内海先生のご家族のお話私事の様に感じましたので一言寄せさせて頂きました。亡き母(私は日本で高年齢時の産まれで)は昔は姉弟が多く叔母を頼って満州(中国)に渡り飲食業の手伝いをしていた様で終戦前の引き揚げ時は本当に〝命からがら〟兄と乳飲み子の二人を抱え(途中兄は死亡し)本当に大変な思いで日本に帰って来たと聞いていました。其ほどの体験をしたせいか辛抱強く何でもこなす強い生き方で一生を送り亡くなりました。そんな母に良い思いを体験させてやれなかった無念が残っていますが、私自身母の生きた年齢を追って来ますと、昔の人は精神的にも考え方にしても一本筋が通っている人が多かった気がします。現代の弱点を感じておりますが、住みやすい世の中になるには相当な時間がかかりそうです。

  • 今となっては出来なくなってしまいましたが、祖父母の昔話や曽祖父母たちの
    話をもっと詳しく聞いておけば良かったと、感じることがあります。
    とほかみえみためを唱えていると、困ったときにふっと答えが浮かんでくる時が
    あるので、ご先祖との繋がりに感謝し、続けていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です