いのちの芯

内容


皆さん、こんにちは。
内海昭徳です。

日々報道されている通り
ネガティブ要因が絶えない、経済活動のこれから。

戦後最大の国難
とも言われ

人生の見通しが立たず
不安心理が広がりそうな世相の中、

私ごとながらふと、
戦後の時代を生きた
自分のご先祖様に思いを馳せました。

私の父方の祖父は
宮城の出生なのですが

水産行政に携わっていたこともあり
戦前、台湾の開発のため
若くして台湾の地に渡りました。

そのまま敗戦までずっと
台湾での仕事に従事していましたので
20年ほどの人生を、台湾で送っていたかと思います。

日本が戦争に敗れ
台湾は国民党政権の支配となったことから
敗戦後ほどなく、小さな子供を3人連れて、本土に引き上げてきたとのこと。

当時、外地からの引き上げは
想像を絶する苦難の連続だったようで

『国家の品格』で有名な藤原正彦氏のご母堂である
藤原ていさんが、満州からの引き上げ体験を記した
『流れる星は生きている』などを読むと、
そのあまりの凄絶さに、言葉を失います。

私の祖父母は台湾からの引き上げだったので
満州に比べれば恵まれていたと思いますが

それでも、はるか遠く台湾・花蓮港から
幼子を3人連れての長い長い船旅、
そして九州から宮城までの、当時の旅客列車での列島の縦断。

ようやっと引き上げた宮城の地で
文字通り、ゼロからの人生の再興。

敗北感と喪失感に打ちひしがれた心を
家族のために何とか奮い立たせ、
痛いほどの責任感を己自身に課しながら

戦後日本の1日、1日を
ひたすらに歩み続けた祖父母の心中は、
とても察しえるものではありません。

一方、父はその後
宮城から大学卒業後に東京に出て
母と結ばれ、私が生を授かっているので

もし敗戦による本土引き上げがなく
ずっと祖父母が台湾で人生を送っていたなら

私は生まれていなかったでしょうし
こうして皆さんとご縁を頂くこともなかったことになります。

人の運命、人の縁の不思議さを思えば
人智の及ばぬ神縁に、ただ、心たゆたうばかりです。

父母、祖父母といった
今の自分に近い命のつながりを想い

心静かに「とほかみえみため」を唱えてみると

何とも言えず、

湧きいずる感謝のような、哀しさのような
優しく背中を押してくれるような

自分のいのちの芯を、確として支えてくれるような

そんな気持ちになります。

長い長い人類の歴史の上で
どんな苦難の時をも乗り越え続け、
いのちを紡ぎ続けてきてくれたご先祖の意志があって
今の自分が、ここにあること。

皆さんお一人おひとりの
遠津御祖神がそっと励ましてくれる
声なき声にも、ぜひ心を澄ませてみて頂けたらと思います。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


24 件のコメント

  • 内海先生のお話しを聞いて、祖父母より遡った御先祖様を知りたくなりました。そしてより深く感謝の気持ちがわいてくる感覚を感じました。全ての御先祖様に、とほかみえみため

  • 今朝とても気持ちの良い早起きで東山に昇った
    暖かい朝日を目を閉じて瞑想感謝しながら。
    とても気持ちがよく整えられた所で毎朝…ロゴストロン信号バージョンのイヤフォンで聴く発音ミクちゃんの。とほかみえみため…を口ずさみ…5月2日のこのLINEまで遡りスクロールして。真っ先にそれを書くつもりがふと内海様のこのタイトル読み落としていた事に気が付いて引き寄せられる如く読ませていただきました…そしてはっきりイメージできる様に台湾からの引き上げのようすが分かりました…私は終戦の年の1945年生まれの昭和20年間生まれです。だからとくにじぶんがそんな時時代な分岐点の大変なので中で生を受けてのだからと生きて来ました。テレビで。戦後75年など毎年のニュースで発信される言葉と共に歳を重ねております。そしてこの世に生を受けるという意味の深さ?とほかみえみため.二出逢って既に.みえます…のかな会員になって…長沢先生とも…ご活躍の内容を深く悟る事なくからかな気持ちで不思議な関わり方をして来ました.私がこの.みえます…に参加してる事をお知りになったら驚かれる事でしょう時思いつつ.そして今朝のこの内海様の文章を噛みしめてます.何度も反復する時思います.あの前後の時代を語れる人も少なくなり貴重な時にいます生きてる!その気持ちが強くて下今朝.
    今から新バージョンロゴストロン信号の発音ミクのかなとほかみえみためを宇宙の深いトンネルを通る感覚で毎日まあ朝習慣似ヘッドフォンして聴きます.優れもののヘッドフォンをご紹介して下さいませ.

    目も霞む中で誤字脱字変換ミス有ればお許し下さい.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    内海昭徳
    株式会社ロンズデーライト代表取締役
    neten株式会社客員研究員

    筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
    9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
    世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
    北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
    シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
    コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。