とほかみえみためで一番変わったこと

内容


皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

皆さんは、
「とほかみえみため」を唱えていて、
特別な体験をしたことはありますか?

瞑想の世界では、
意識が拡大したり、光を見たりといった
神秘的な体験をして、

「またあの体験を味わいたい!」

と執着してしまったり、
自分は特別な存在であるという観念に
囚われてしまうということがあります。

執着から離れていくはずの瞑想なのに、
これでは、本末転倒ですよね。

このような「特別感」は「慢心」となり、
道を歩むことの妨げとなることがあります。

私には、この「特別感」に苦しんだ
とある経験があります。

それは、
小学校4年生のときです。

何かの授業中だったと思いますが、
クラスメイトをニックネームで呼び合おう
ということになって、
先生から、突然このように言われました。

「浅子君は勉強もスポーツもできるから、
『出木杉くん』というのはどうかな!」

あの、ドラえもんのキャラクターですね。

勉強やスポーツが得意などとは
まったく思っていなかったため、

そのあだ名に面食らうとともに、
あまり良い気持ちがしませんでした。

ところが、それをきっかけに周囲から

「出木杉くん」「出木杉くん」

と呼ばれるようになったのです。

はじめは、そのたびに
「出木杉じゃないよ~」と
抵抗していたのですが、

その「出木杉くん」が、
だんだんとプレッシャーとなって
のしかかってきます。

そんな中、ある授業で
先生から指された問題に
答えられなかったことがありました。

そのとき、周りから

「出木杉くんなのに」
「出木杉くんでも答えられなかった」

というヒソヒソ声が、
聞こえてきたんですね。

それが心のどこかに、
グサっと刺さったようで・・

それからというもの、
先生から指されることが
極端に怖くなりました。

授業中に何度も心臓がドキドキしたり、
指されて答えられないと、
顔がカーッと熱くなったり、
冷や汗が止まらなくなったり。

周りから特別扱いを受け続けるうち、
気が付けばそれに囚われるようになって、
「出木杉くん」のイメージが壊れる瞬間を
極度に恐れるようになっていたのです。

このとき、「特別感=苦しい」
という図式が出来上がりました。

やがて瞑想をするようになったのも、
この苦しみの根源にあった「特別感」
あるいは「自我」といったものから
解放されたい!という動機があったと
思います。

「とほかみえみため」
そして白川伯王家伝承の祓詞、鎮魂で
一番変わったことは何かと聞かれれば、

それは、この「特別感」というものが
完全に消え失せてしまったことである、
と答えるでしょう。

あらゆる神々、
そして宇宙(公)とダイレクトにつながる
「とほかみえみため」で、ひとたび宇宙と
いう全体性につながってしまえば、

そこに個人的な「特別感」というものは
存在できません。

「悟り(さとり)」とは、
「差(さ)」が「取(と)れる」
ことであるともいわれます。

全体性とつながることで、
特別感から生じる「差」(自他を比べる
こと)や「分離感」が取れていき、

やがて、これらから生じる苦しみも
なくなるのです。

そのようにして、
瞬間瞬間こそが特別なものであることに、
意識が開かれていきます。

「とほかみえみため」を唱えていて
特別な体験がなかったとしても、

それは全体性につながり、
「差」が取れてきていることの証として、
安心して唱えていただきたいと思います。

特別感ゆえに
苦しんでいる人がいたり、

または逆に特別感を渇望していたり、

特別感ゆえに
感情的になっている人と出会ったら、

心の中で「とほかみえみため」を唱えて、
相手の苦しみの出所を溶かしてあげる
という心の余裕を持ちたいですね^^

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


36 件のコメント

  • 私は小さい頃から虚栄心が強く、自分を大きく見せようと躍起になっていました。
    今でもたまに頭をもたげてきます。
     
    そういう自分に気が付くたびに、
    何でだろうな。
    何で自分を大きく見せようとしたがるんだろう
    等身大で生きたいなと
    反省するのですが、
    繰り返し繰り返し出てきます。
     
    とほかみえみためを唱えることで、
    その出どころを溶かすことを心に決めました。

  • 「とほかみえみため」を唱える時に体感を求めていました。
    それが執着ということ。
    よくわかりました。
    体感が無くても大丈夫。
    唱えていきます。
    ありがとうございました。

  • コラム、ありがとうございました。私も小さいころに、ちょっと似たような経験がありました。同級生から、真面目、真面目❗と言われ、とても孤立感があり、嫌でした。私は、みんなと同じでいたいと思っていました。だから、すこし、わかります。

  • 「とほかみえみため」を唱えて、特別な体験が無かったとしても、それは全体性のつながり、「差」がとれていることの証として、、」のお言葉腑に落ちました。
    ありがとうございました。

  • ありがとうございます。
    ホ•オポノポノでも、他人の問題であれ、自分の中の何が原因か?を問い、クリーニングしていきます。
    とほかみえみためは、宇宙の根源神に繋がり、祓ってしまうなら、ひたすら繰り返すしかないと、改めて感じました。

  • 今回、拝読して、私は特別感を渇望していたことに気が付きました。
    無意識的に「差」をつけることを求めていた自分の執着心にハッとしました。

    「とほかみえみため」を唱えていて特別な体験がなかったとしても、それは全体性につながり、
    「差」が取れてきていることの証として、安心して唱えていけばよい、ということを知り、
    つっかえていたものが、ポロリと落ちた気がします。
    ありがとうございました。

  • 瞑想のようなことをして体感や特殊な体験がないとき、自分には才能がないのか、向いていないのか、と悩むことがときどきありました。、それが必ずしも悪いわけではないのですね。そう思ったら気分が軽くなりました。ありがとうございます。

  • 浅子さん、ありがとうございました。
    とほかみえみため、白川の祓い鎮魂と出会い、個性や特別感から起きた苦しみから今はかなり解放されました。
    そして、まわりの方の苦しみに気づき、とほかみえみためを唱え、何かして差し上げることがある喜びを感じられるようになってきました。
    何か特別で劇的なエピソードが起きたわけではありません。
    ですが、日常がとても生きやすくなったこと、分離感がなくなってきたこと、それこそが自身には劇的なことだと自覚できました。
    「宇宙という全体性とつながる」
    とほかみえみための新たな魅力を掴めました。
    ありがとうございました。

  • 〝とほかみえみため〟と声に出します。
    ひたすらに、淡々と〝とほかみえみため〟と・・感謝申し上げます。

  • 自分で自分を縛っているその何かを解放するにはそこに気づかなければならないのに、一番気づきにくいところですし、漸く気づいて解放したと思ったらそのことでまた新たな縛りを作っていたりするので、厄介です。
    だから毎日祓うのですね。
    ほぼ永遠に♾

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    浅子雄一郎
    neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
    早稲田大学教育学部卒。
    ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
    言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
    祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。