正しい人は常に戦争を起こす

内容


こんにちは!
エクレル講師の大島です。

人は無意識に、

善か?悪か?
正しいか?間違っているか?

をジャッジしながら
生きています。

そして、
多くの人は

正しく生きたいと
思っています。

もちろんそれ自体は
悪いことでは
無いと思いますが、

でも

そもそも
『 正しさ 』って
何なのでしょうか?

芸能人の
スキャンダルや失言に
過剰に反応し

テレビ局に
『 あいつを出すな!』
とクレームを入れる人も

自分と考え方の違うブログを
攻撃して炎上させる人も、

その背景には、
『 正しさ 』があります。

今のご時世に

自粛しないで
旅行にでも行こうものなら

車に傷を付けられたり
袋叩きに合いそうな勢いですが、

そんな
明らかな犯罪行為ですら

『 正しさ 』が
前提になっています。

『 正しさ 』が暴力を生み
戦争を生みます。

『 正しい 』

という言葉は、

世界の半分を
敵にまわす呪文です。

自分が『 正しい 』と決めた瞬間、

反対意見の人を
間違っていると断定している
わけですから。

そして、
自分が正義だと
大義名分を背負った時から、

人は
横暴な事を平気でやるように
なるのです。

あらゆる戦争は、
当事者にとっては

正当防衛なのです。

原爆を落として
罪のない人を大量殺戮するのも

人種が違うというだけで
幼い子供をガス室送りにすることも。

殺人と暴力の限りを
尽くしていたアル・カポネが

死刑が決まった瞬間、

『 俺は世の中のために
働いて来たのに

なんでこんな仕打ちを
受けるんだ!』

と恨み言を言ったという話は
有名ですよね。

ですから僕は昔から、

『 正しい人 』

とは付き合わないと
決めています(笑)

『 正しい人 』
ばかりだと

世の中は
どんどん殺伐として
しまいます。

善悪をジャッジしたくなる
自分に気づいたら、

『 とほかみえみため 』
と唱えながら

心をスーッと落ち着けて

時には
白黒つけないで

漂わせておくのも
よいのではないでしょうか?

本当は
個人のちっぽけな価値観だけで

何が正しいのかなんて、

簡単に決められるわけが
ないのですから。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


55 件のコメント

  • 先程のコメントに続くのですが、「正しい人は戦争を起こす」という意見には賛同できません。それぞれが正しいと主張したとしても、その自分の正しさに固執する事なく、反対意見の悪も取り入れてみる柔軟性を持つ事で悪が悪ではなく、自分の正の中のほころびを指し示す善をを含むことになり、進化をするのではないかと思います。講師をされていらっしゃるので、当然ご存知で比喩的におっしゃったかと推察いたしますが、少し誤解と、偏向性を生み出すことになり、真意が伝わりにくいかと思います。

    • 私も同様に感じたので、この意見に触れホッとしました。
      言葉に対する概念と表現は難しいところではありますが、主旨を読む限り、「正しい人」ではなく「自分の正義を押し付ける人」が正確な表現ではと思います。

    •  加藤さん お早うございます。私は『とほかみえみため』お祓いを続けて3年になります。今まで、哲学、科学など全く学んできませんでしたので難しいことは分かりません。でも大島さんのコラムを読ませて頂いて凄く腑に落ちてスッキリして、感想を書こうかなと思いパソコンを開き、加藤さんのコメントを読ませて頂きました。
       
       中国にマスクや防護服を送り、自粛を煽る知事さんや、中国に支援金を送ろうとした●●党の幹事長さんやら恐怖を煽るマスコミに気が滅入る日々の中、七沢先生の『コロナウイルスさえも神』と言うお話を頭の中でグルグル回している時に大島さんのコラムを読ませて頂きました。
       八百万の神、全てのものに神が宿ると言う日本古来の考え方?思想?意識? 分かりませんが、私の頭?胸?魂?の部分で腑に落ちたのです。
       アフターコロナ後の日本の舵取りを危ぶむ現状も『とほかみえみため』で皆で乗り越えたいと思えています。
       
       加藤さん! 『とほかみえみため』の音源を24時間流し続けてみて下さい。3ヶ月後、6ヶ月後、1年後にご自分の気持ちがどの様に変化して行くか、振り返ってみて下さい。
       私は、音源を流し始めて3ヶ月後に同居していた孫に『ばあば、変わった』と言われました。私自身に全く自覚はありませんでしたが、何かが変わったのでしょうね。3年経ってやっと最近、家に入り込んだ蜘蛛に『蜘蛛さんそっと外に出て行ってね』と言える様になりました。
       
       『とほかみえみため』を唱える一人一人が 周囲の人が、日本が、世界が。地球が良い方向に向かいます様に!!
      向かいました。
       

  • 大島さん、今日のコラム、素晴らしいです‼️
    正しいという価値観は、何処から発生するのでしょうか?自分の思い込みもあるはずですよね。他人をジャッジするのは、裁判官でも迷うはずですよね。大島さんのお言葉には、己を振り返り、自分が他人をジャッジするだけの人間に成っているのか?を見つめなければと、促されたように思います。やっぱり、とほかみえみためです☺️

  • 気をつけないと、ふとジャッジしてしまう時があります。
    みんな、よりよくなるように、人のために、しあわせのために、そう思っても、人の数だけ、違う考えや行動があり難しいですよね。
    違う意見や行動に感情が揺さぶられる時も、一旦すべて脇において、とほかみえみために委ねてみたいと思います。
    自分を振り返る機会をありがとうございます。

  • 大島先生  大好き!! お腹を抱えて笑っちゃいました。 ほんと素敵なコラムです♡

  • 大島さん、いつもありがとうございます。
    正しい人とは付き合わない、って凄いですね。
    そして奥が深い。

  • 私は今まで正しさを振りかざしていました。そして、相手の行動を良い、悪いで判断してました。
    ですが最近になって、正しさなんて個人の価値観に過ぎない、それを押し付けてはダメだと気づきました。

    それでも正しさを求めてしまう自分もいます。
    そんな時はとほかみえみためを唱え、善悪に分けない考え方ができるようにしていきたいです。

  • 「正しい」というのは視点が違えば変わりますし、実際何が正しいのかは判りません。
    「正しい」という事だけに囚われてしまうと相手を理解しようという気持ちが無くなりますし。
    何事も「決めつけ」ずに柔軟な心を待ち合わせたいものです。ためになるお話ありがとうございます。

  • 大島先生、いつもありがとうございます。
    本日のコラムを読んでいて先生のおっしゃる「正しい」について、その背景には、

    自分の考えは正しいと思い込んでいる自我や、
    何らかの理由をつけて自分を正当化している防衛本能が見えてきます。

    その防衛本能とは怖れ、不安から生まれているものであると感じます。

    つまり、人が物事をジャッジしようとするのは不安から自分を守ろうとする手段(方法)に過ぎず、そこに客観性は存在しないと思います。

    個人的な結論として、物事をジャッジをすること自体、どんな大義名分を並べようとも「正しい」は存在しないと思いました。

  • 大島さん、素晴らしいコラムをありがとうございます。
    私は最近自分から遮断した人間関係がありますが、その人は「正しい人」でした。
    でもなぜか、気になる人でした。それはおそらく昔の自分を見ているようだったからです。
    私も昔は「正しい人」であり、価値観の違いなどを受け止められなかった時期があり、思えば人間関係を中心に人生がうまくいっていなかった時期と重なっています。
    今は、異なる価値観に触れても、まあいいかと思えるようになってきました。いつもではありませんが。そんなときこそ、言霊の力を借りて中庸に戻るといいましょうか、ゼロベースに戻るよう心掛けています。

  • まさに〜!
    すごく附に落ちました!

    人はその人の正しさに従って生きていますね〜

    私も何かイラっとしたとき、
    それは私の正しさがそうさせているのであって、
    とほかみえみためを唱えると、
    すーっと落ち着きます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    大島英明
    幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
    クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
    長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
    その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
    1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
    現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。