大自然の中で五行の神を迎える

内容


皆さんこんにちは!
石原政樹です。

九州鎮魂ツアー中に
このメルマガを書いています。

雄大な阿蘇のふもとをバスで走っていると、山の斜面に放牧された牛たちが、のんびり日向ぼっこをしています。
見るともなく見ているうちに、こちらもすっかりゆるゆるモードに^ – ^

今回は、八代神社、幣立神宮、宇佐神宮、宗像大社など巡りますが、

空は澄み渡って青く、満開の桜を揺らして心地よい風が吹き抜けるという、絵に描いたような爽やかな天気に恵まれました。

そして、神社は神域の静謐そのもの。

「世間のコロナウィルス騒動が嘘のようだね」
講師の一人のつぶやきに、皆がうなずいていました。

自然は神そのものであり、
それは「五行」で表されます。

神は万物に無限の恵みをもたらすと同時に、
災いももたらします。

この「カミ」とは人格神というより
「はたらき」として捉えてください。

人間より一段上の存在である神が、怒って天罰をくだしたり、喜んで恵みを与えたり・・ということではなく、
春になれば桜が咲き、低気圧になれば雨が降る、大気が不安定になって雷が鳴る、というような自然のはたらきです。

そこには、無関係なようでいて人の意識がしっかり影響しています。

七沢先生はこのように述べています。

『自然というか、五行というもの、あるいは、空とか風とかというのも、
ありますけれども。

五大、六大とか、識も入れたりして、易の発展系ですよね。

そういうものが、全て、
人の意識進化というものを
促している存在というかね。

ということは、我々の地球の
すべての環境が、実は人を進化させるための要素であるというかね。

だから、その要素と
自分が一体になって、
体を動かすということを通じて、
ご修行というものが、五行というものと繋がるだということを、何回も言っているんですね。』

五行とは「木火土金水」を指します。
この講話で興味深いのは、五行に風、空、意識を加えた『六大』に触れられていることです。
これは「地・水・火・風・空・識」でその要素が表されます。

たとえば、
雄大でどこまでも続く阿蘇の「地」、
美しい金鱗湖の「水」、
小春日和の「陽」の暖かさ、
神社の社殿を吹き抜けていく「風」、
どこまでも広がる心地よい「空間」と
それを観ている自らの「意識」

旅を通してそれらにダイレクトに触れていると六大、五行を神として捉える感性が研ぎ澄まされていくのを感じます。

もちろんそれは、「とほかみえみため」をはじめとする日々の祓いと鎮魂があればこそです。

渦中にいると、ザワザワするようなコロナの情報ウィルスが嘘のように吹き送られ、心身が軽くなります。

いったん自然の中で得たこの実感は、日常に持ち帰ることができます。

コロナや、それにまつわる情報ウィルスが氾濫する中、九州の大自然の中で、爽やかな目覚めを迎えたようなツアーでした。

不安や苛立ちを覚える今こそ、自然の中で五行、六大を感じてみてはいかがでしょうか?

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。