経済という宗教の終焉

内容


こんにちは!
エクレル講師の大島です。

戦後私たちは、
経済復興の名の元

分離の道をひたすら
歩いてきました。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機
の三種の神器が一通り国民に行き渡ると

今度は、テレビを各部屋に
置くようにプロモーションを展開。

その結果
一家団欒が減っていきました。

さらに、
核家族化を進めることによって

電化製品や車など
様々な製品が売れていった訳ですが

それと引き換えに
日本人は沢山のものを失いました。

工業化のために
田畑を潰し

自給率を世界最低レベルまで
引き下げてきたこともそうです。

もちろんそのお陰で
私たちは豊かさを享受することが
出来ている訳ですが

コロナショックは

『 お金は食べられない 』
という

当たり前のことを
教えてくれるきっかけになるように
思います。

そして何よりも
家族や仲間との信頼。

目に見えない
大いなる命の力

天津神、国津神
遠津御祖乃神

への畏敬と信頼。

本当に大切なものが
どんどん浮き彫りになって
行くでしょう。

これから
経済自体がどうなっていくかは
ともかく

経済という宗教の持つ
魔力は

どんどん力を失って行くことは
間違いないと思います。

それによって
多くの人が
今まで信じてきた柱を失い、

『 どうやって生きたらいいのか? 』
『 何のために生きているのか? 』

という
命題を突きつけられることに
なるでしょう。

そんな激動期である今

『 とほかみえみため 』
が急速に広まっていることは

決して偶然ではありません。

先祖と繋がり
生きる力を解放すること

天津神、国津神と繋がり
大安心を確立すること

『 とほかみえみため 』

がもたらす
このような境地は

多くの方にとって
真の救いになるのではないでしょうか?

コロナショックが
いつ収束するか予測もつかない現状

本当の正念場はこれからです。

改めて気持ちを引き締めて
『 とほかみえみため 』
を広げて行きたいと思っています。

今後ともどうぞ
よろしくお願いします!

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


42 件のコメント

  • 以前たまたま見付けた本で、長島龍人著の「お金のいらない国」という本があります。

    その本を読んで、お金のいらない世界も創造できる事を知り、そういう世界が実現できたらいいなと思いました。
    今、私が出来ることは「とほかみえみため」を唱える事です。

  • 「経済という宗教」は、とても新鮮な言葉でした。
    経済という宗教(教え)にすがっている自分ですが、コロナショックをきっかけに、この洗脳から解かれたいです。
    とほかみえみため
    とほかみえみため…

  • とほかみえみためを唱えるようになって、
    必要なものが、ベストなタイミングで手元に届くようになりました。

    食べたいものしかり、必要な物しかり。
    米が底をつきそうになったタイミングで実家からコメや食料が送られて来たり、
    店舗にマスクやトイレットペーパーがなくなって困っていたのも束の間、
    複数人から差し入れして頂いたり。

    【力を入れずして天地を動かす】

    ということは、こういうことを言うのですね。

    この言葉に出会った始めの頃は、
    個人的な悩みや願望ばかりが心をざわつかせていました。
    それが、日を重ねるごとに、心が穏やかになり、
    感情に縛られ続けることもなくなり、
    ご先祖様の集合体であり、トップランナーであることの大安心感に包まれていることを実感できるようにもなりました。
    今では私を含んだ公のための願望に変わりました。

    人類の意識進化に貢献するために自分ができることは何か
    そのような発想で日々過ごし、行動するようになりました。

    【とほかみえみため】に出会う前のことですが、
    過去に3度も落選した仕事の契約についても、
    4度目の挑戦で本日仕事の契約を結ぶことができました。

    人類の意識進化に貢献するための仕事に従事する!という願望が叶いました。

    スーパーご先祖様集団の力の強力たるや、驚くことばかりです。

    やり方より
    在り方の重要性も理解できました。

    私の軸となっています。

    毎日に感謝です!

    スーパーご先祖様チームの輪をどんどん広げていきたいと思います。

    • 自分がトップランナー、そして応援するご先祖様がバックにいるんですね。
      とても素敵な表現だなあと感じました。

  • 食料自給率の数字は間違いらしい。40%じゃなく60%らしいです。お金にとらわれず生きたいと思うけど、難しいです。

  • 不思議な同事性が発揮されておりまして、私も個人的ブログに、当たり前な事の価値が上がるはず という記事を書いておりました。大島さんと感覚を共有できて良かった~と思いました。現在の世界の状況は、本来もっと価値のあるべきものが、不当に価値を下げられている異常な事にあると思います。
    過剰な通貨の発行が原因だそうです。

    丁度、経済に詳しい方から 今回の経済崩壊の中心は中国との話を聞きました。日本は、中心ではないので
    下げても持つという話を聞いてホッとしました。
    ただ、業種により残れない所もあるようで
    新しい時代に移行するのは、相当な痛みがあるようです

    大野さんから、今年は価値の大逆転のある時代とお聞きして、悪い事ばかりじゃない、大逆転して、不当に低められた物が本来の価値に上がる事もあるじゃないか と思っていました。

    東日本大震災の時、食べ物や 物資のありがたさを思い知りました。一般民衆の日本人の道徳心の凄さを知りました。
    日本人は、震災で意識改革いたしました
    こん回の災難でも、意識改革し 新しい経済を生みだして行くと思います。
    日本の価値が上がるのだ と思います。

  • こんにちわ、わたし達「いのち」を授かった肉体と共に在る
    存在させていただいている事は自然界の中ですごい事やとおもいます
    ここに生かさせていただいている意味があります
    一番大切な事はその人、その人に役割があります
    どうしてもお金、経済的な事に関心が行きがちになりますが
    「いのち」の存続はもっと大切です
    地球と言う星に誕生させていただいたのは「真のいのち」とは何んなのか
    この学びをする為に今が在るわたしです
    目に見える世界、みえない世界わたし自身の中に在ります
    底の底奥深く学んでいくとそこには「よろこび」しかありません
    じ~んと来るよろこび、そのものがわたし自身なのです
    ありがたい感謝の世界です
    ほんとうにありがとうございます
    2020年4月2日

  • 欲しい物をお金を気にすることなく何でも買っていた時期、ふと”お金の価値がわかるようになりたい “と思ったことがありました。退職し年金生活をするようになって、正にその願望!が叶っています。今は、より創造的な使い方、小さな事に見出す幸せ感、従って正に”.率直、等身大、親切”に生きることが自然体になり対人関係が自然で無理が無く人が集まって来るとうう経験を数多くするようになりました。”とほかみえみため”との出会いは、偶然ではなく必然的なものだったと切に感じるこの頃です。”経済という宗教の終焉”という大島さんの鋭い洞察力に深い感謝を申し上げます。

  • 「本当に大切なものがどんどん浮き彫りになって
    行くでしょう」の一文が心に響きました。
    新型コロナ騒ぎの中、友人がお子さんの手術の為に上京することになったので、ORMUSを手渡すと共に車で送迎しました。病院は面会禁止、手術前後も面会不可、手術中は外来待機のはずが、「とほかみえみため」の意宣りのお蔭か、手術後の移動の際に顔を見る事は出来たそうです。会いたいのに会えない、だから尚更大切さを再認識する。友人の子供を大切に思う姿に、私の母に対する複雑な思いにも春の雪解けの映像が思い浮かびました。
    「とほかみえみため」を唱えると、まさに神様が微笑んでくれているような気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    大島英明
    幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
    クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
    長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
    その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
    1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
    現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。