とほかみえみためは命の響き

体験談


皆さんこんにちは!
大島英明です。

今日は素敵な体験談を
ご紹介させて頂きます。

固定種の種から苗を育てています。
今年は初めて、まくわうりの種を、12個手に入れました。
ポットに、土を入れ、一粒ずつ、丁寧に、種を撒きました。
そして最終、それぞれのポットに まくわうりと書いて札を立てました。
12個のうち、半分の6個に、まくわうりと書いた裏に、とほかみえみためと書いてみました。
並べるのも、交互になるように置き、光の当たる向きや、水の具合も、差が無いように、また裏側にして、手入れをするときに、どれにとほかみえみためが書いてあるのか、意識しないようにしてお世話をしていました。
今、二葉が出て、かわいい姿を見せてくれています。
12個のうち、芽が出たのが7個 どうも、あとの5個は、もしかしたら芽が出ないような様子を醸し出しています。
芽が出た7個の内訳ですが、とほかみえみためを書いた6個のうち5個書かなかった方は、6個のうち2個の萠出となりました。
そして、とほかみえみためを書いたものは、何故か、どれもいきいきしている感じがします。
萠出率 とほかみえみためを書いた方は83%
書いてない方は、33%
実験をして思うことは、やはり何かが違うと言う事です。
また規模を拡大して実験してみたいと思っています。

とても分かりやすい体験談を
ありがとうございます!

この様な実験をしてみると、
客観的に『とほかみえみため』の効果を
実感出来て
確信に繋がりますよね。

今後も実験報告楽しみにしております。

それでは
また次回お会いしましょう!

ABOUT US

大島英明
幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。