挑戦と応戦、その先へ

その他

皆さん、こんにちは。
内海昭徳です。

だいぶん春めいてきました弥生三月、
いかがお過ごしでしょうか。

本日は久しぶりのコラムになります。

先日ふと、歴史家アーノルド・トインビーの有名な

「挑戦と応戦(チャレンジとレスポンス)」

という命題が、頭に浮かびました。

文明が興るときと、文明が衰退し、滅びるとき。

人類が延々と繰り返してきた
大きなリズム、サイクルのようなものですが

その中核となる要素を、
トインビーは上記の二語に集約したようでした。

外から来る困難や圧力といった「挑戦」

そこに状況対応できず滅びゆくのか

はたまた、内から発する「応戦」によって
また新たなフェーズへと時代の歩みを進められるのか。

日本の分かりやすい例としては
世界史上の大帝国・元の襲来や
幕末の黒船来航などがあるかと思います。

日本民族は様々な歴史上の
「挑戦」に対しての「応戦」を経て

今に至るまで、独自の文明圏を
維持・発展させているわけですが

トインビーは確か、
「応戦」しきれずに衰亡した文明の共通点として

「自己決定能力の喪失」

をあげていた記憶があります。

つまりは、自分たちで「決める」ことができないと。
主体性を失い、応戦の気概を失い、
他者に依存したり、意志を放擲した文明に、
未来は開かれなかったと。

歴史の実証という視点からは
他の要因も含め、様々に議論されるのかもしれませんが

直観的な印象としては、
おそらくその通りなのではないかと、私は思います。

そしてこれは、文明論であると同時に
人間論でもあるのではないかと。

もっと言えば、文明を創るのは
人間である以上、それは人間の内面の話でもあり、

人間の意識や精神のありようといったことに
本質的に直結するテーマなのでしょう。

翻って、我が身を内省したり
現代の日本を思った時に

トインビーのこういった洞察は
なかなかに、深く問いかけてくるものがあります。

しかし、「とほかみえみため」の
学びを共有してきたその価値を起点に考えたとき

何より大事なことは、
「応戦の自己決定能力」を発動させ続けてきた
ご先祖と、遠津御祖神につながるDNAを

どのように、自分に、そして日本に
発動させていけるのか、ということかと思います。

「体情魂霊神」と五階層がある中で、
不確定な混沌の時代、体や情の階層だけに
とどまっていては、状況対応はより困難になるでしょう。

そのような視点で見たとき
「とほかみえみため」の
響きが起こす様々な結びの働きと

存在遺伝子をスイッチオンさせる
その精妙な言霊の力は

自己の縦軸と横軸に
瞬時に強力な神意を立ち顕わせる

本当に貴重な「応戦」の糧になるのではないでしょうか。

たった8文字の言葉を
唱えるという、ただそれだけで

大きな意識の拡張や多階層への作用が
引き起こされるということは、
改めて、本当に奇跡的なことだと思います。

この一年の「とほかみえみため」の
広がりに心から感謝すると共に

この先の時代の変化の中にあって、
皆さんと果たしうるお役目にも感謝しつつ

本日のコラムとさせて頂きます。

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。