「三密」より「五密」

方法・使い方


こんにちは。
阿蘇安彦です。

毎朝、祝殿ではスタッフ全員が
集まり、お祓いをしています。

このご時世に、
「三密」はダメです!
というお声もあるかもしれません。

しかしながら、
「三密」を超えた、
「五密」の空間を作っているので、
大丈夫なのです。

???

では、「三密」に何を加えて
「五密」にしているのか?

そうです、
「ORMUS(オルムス)」の密度、
を高めているのです。

以前、「平安晴明な場を作ろう!」
の記事でも書かせて頂きましたが、

入り口で全身にオルムスを噴霧し、
さらに、超音波加湿器四台を
フル稼働で空間に充満させています。

ここまでで、「四密」。

さらにどんな「密」を加えて、
「五密」になるのか?

「壇蜜」ではありませんよ。
好きですけどね。

はい、最後は、意志エネルギーにより、
「情報」の密度を高めています。

デジタルの発信も加わることにより、
あらゆる不必要なエネルギーや情報を
根源の世界に吹き送ります。

と、ここまで書きましたが、
「三密」とか「五密」とか
まるで「密教」みたいですね。

我々は「俊敏と公開」がモットーですので
「密」とは場違いかもしれません。

ですが、「情報」の圧を高め、
「密」が極限までいくと、
本当に「場」が反転します。

阿蘇安彦

ABOUT US

阿蘇安彦
neten株式会社研究員

空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。