日々鎮魂とともに

体験談

「エクレル」の皆さん、
こんにちは。
石原政樹です。

本日は0212さんからの

毎日とほかみえみためを
唱えていると、
自修鎮魂の体感が増して、
自修鎮魂をしていない時間も
五魂のエネルギーを感じる
ようになりました。

という体験談です。

日々、大量の情報にさらされている
私たちにとって大切なのは、

日常において、
鎮魂状態を実感し続けること
ではないかと思います。

ネット上のマーケティングも
どんどん進化して、

その人が関心を持ちそうな商品や
関心を持ちそうな書籍、

よく試聴する動画と似たような
タイプの人気動画などが、

自動的に
ポップアップされてきて、

欲望をより加速的に
増大させる傾向にあることは
否めません。

外からの刺激によって
欲求が強くなると、
内側から意識が外れて、
外側の世界に遊離されて
行きがちです。

そして、一旦遊離してしまうと
それがクセになり、
次から次に、情報に流され、

最終的にはいつも落ち着か
ない状態になってきます。

アドレナリンを誘引するような、
メディア情報と同様、

添加物にまみれ、キレやすい脳を
つくるような食事も増えています。

つまり、私たちの体の階層、
情緒の階層、魂の階層、
霊の階層も攻撃にさらされて
いると言えるでしょう。

しかし、
そのような時代だからこそ、

内側の鎮魂を磨き上げる
絶好のチャンスであるとも
言えるのです。

それは例えるなら、
バーベルなどで負荷を
かけることによって、

筋肉が増大していくプロセス
と似ているところがあります。

日々の自修鎮魂と、
とほかみえみためを唱える
ことは、

情報の多い現代では、
必要不可欠であると
実感するので、

自修鎮魂や
とほかみえみためを
唱え続けることの意味合いが
府に落ちるのだと思います。

自修鎮魂を続けていると、
鎮魂石を見つめている状態から、

鎮魂の座を離れても、ある種の
統合感が自分の中に生まれる
状態になります。

そして、自分の中の情緒から
(この体験談のように)
五魂を感じるようになると、

例えば、
荒魂が発動して、
それがネガティブな方向に
向くと他者に対して
攻撃的になったり、

または、和魂の発動が
ネガティブな方向に向くと、
人に迎合したり、
妥協して流されてしまう
ことがあるかもしれない。

ところが、統合された
状態を経験していると、

「感情に揺さぶられて
荒魂が破壊的な方向に出ている」

「和魂が事なかれ主義的に
働いている」

と、自らの状態を把握
できるようになります。

そうすると、意識的に
鎮魂の力で、荒魂を
発動させて現状を打破したり、

意志の力で和魂を発動させて、
不必要な攻撃性を抑え、
周囲と和して物事を成し遂げる

という調整が
可能になってくるのです。

表層意識での自分が揺さぶられても、
絶えず冷静にそれを俯瞰する
自分があり、そこで最適な
対応ができる。

これも鎮魂を日常的に
鎮魂を行う大きなメリットです。

私も、空間を鎮魂の意志を持って
眺めたり、出会った方に鎮魂の意志
を向けたりすることが
日常的にあります。

自修鎮魂し、
とほかみえみためを唱えた上で
日常で色々な経験をする。

日常で困難な状況に直面して
一旦鎮魂状態が崩れる。
そしてまた鎮魂する。

この繰り返しにより、
だんだん鎮魂状態が実感できる
ようになってきます。

まずは「鎮魂」や
「とほかみえみため」の
「型」の中で自分を整える。

それが崩れたとしても
また「型」によって正され、
そのうちにきちんと位相が
揃うようになってくる。

鎮魂やとほかみえみため
という型を知っていると、

崩れた時もその状態を
把握できるので、
立ち直りも早くなります。

また立ち直ること自体が、
心に負荷をかけた
トレーニングになります。

何が起ころうと日々鎮魂とともに!
(フォースとともに?!笑)

これを合言葉に、進んで
いきましょう。

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!

「とほかみえみため」を唱えて感じたことや
実践して得られたご体験をぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで
「今月のとほかみえみため実践大賞」
に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

※プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。
体験談応募フォームはこちら

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。