分けるは分かる

その他

皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

「とほかみアカデミー」
大変な盛り上がりになっていますね。

全国からたくさんのご参加を
いただいておりまして、
本当にありがとうございます。

「祓い」「鎮魂」「言霊」という
白川の叡智が‟オンライン”によって
開示されるということは、

古来人類を生かしてきた真の叡智が
いよいよ全世界へと開かれ、

この「根源」に根ざした
それぞれの人生における学び・・

それは、人はどこから来て
どこへ向かっているのか、

人間存在とは、
宇宙とは一体何であるのか
といったことを含みますが、

そういった本格的な学びが
地球規模で始まるということ。

言い換えれば、
一人ひとりが「カミ」を掴む
時代の到来です。

「分けるは分かる」

といいます。

この一連の学びの中で
常々思うことは、

「とほかみえみため」とは
祓い、鎮魂、言霊であり、

白川が連綿と守り、
伝承してきたその‟すべて”を
含蓄するということです。

すでに、皆さんも
お気づきなのだと思います。

「とほかみアカデミー」で
祓い、鎮魂、言霊、構文、白川を
一つひとつ学んでいくということは、

「とほかみえみため」の真髄に触れ、
これを獲得することなのだと。

ところで、以前私は

いわゆる‟ワンネス”が大事であり、
分けたり、分離するといったことは
「よくないこと」だと思っていました。

私たちは、元々は一つであったのに
分け始めてしまったから分断が生じ、

やがて対立が始まって、
世界がおかしくなってしまったのだと。

いかにして、人は「一なるところ」へと
回帰することができるのか。

そんなことばかりを考えながら
瞑想をしていました。

しかし、この教えに
出会ってからというもの。

あらゆるものが瞬間的に
分離と結合を繰り返していることや、

霊と神の階層における境界線を
違うことなく審神者(さにわ)すること

そして、生きながらにして
「根源」を掴むといった
白川での学びを通して、

いつしか、次のように
考えるようになりました。

分断されてしまっているのならば、
その一つひとつをまずは認めて、
祓い清め、鎮魂しよう。

それらを網羅、整理し、
統合することこそが、
真に大事なことである。

祓い、鎮魂、言霊とは、
言わばこの「統合力」をつける
究極の叡智であると。

それはまた、
日本語の真の姿を明らかにし、
日本人としての本来の生き方を
目覚めさせることといっても
よいかもしれません。

「とほかみアカデミー」を
受講する中でも、
ただ知識として学ぶばかりでなく、

きっと、色々なものがご自身の中で
統合されてくるものと思います。

それは、これまでバラバラだと思っていた
祓い、鎮魂、言霊という
それぞれの叡智における統合のみならず、

これまでの人生、
あるいは世界で今起こっていること

今ここに生かされていることといった
あらゆる点、あらゆる階層における
「統合」です。

ここに、
「とほかみアカデミー」の
真の醍醐味があります。

今という時代に、
この醍醐味を皆さんとともに
噛み(カミ)しめながら

生命意志、宇宙創造意志を
全うさせていただけることへの
感謝と予祝を込めて。

ABOUT US

浅子雄一郎
neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
早稲田大学教育学部卒。
ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


2 件のコメント

  • 浅子さんの記事を読んで、ふと思い出すのです。いや時々思い出してはすぐ消えるんですけど。

    分かれるから争いが起こるというの、少し分かる気がします。
    自分の人生で思い出す事の一つとして、なんだか一つの組織が分裂したり、仲違いして、別々の組織を作って、一方が潰れるとか、両方潰れたとかっていうわたしにとって大きな物語をいくつか見てきました。別れることないだろうって思っていた宗教組織でさえ、目の当たりにして人間の業ってどれだけ罪深いんだろうって思ったこともあります。

    他者はここまで経験していないんじゃないかって思って、いつしか自分が疫病神のように感じていました。わたしが行くところ、触れるところ、全部分かれてしまう。人の感情や思いが剥き出しになって、離れてしまう。それは自分自身さえもそうでした。

    だからこの学びを始めた頃、エクレルやみえますに出会った頃、めっちゃ楽しいし、とっても心地よいのに、ここも分裂させてしまうのではないか、争わせてしまうのではないかと思って、触れるのがとてもとても怖かったんです。せっかくの叡智さえも壊してしまうんじゃないかって。

    だからいろんなものに触れながら、楽しみながら、見ていました。
    そうしているうちに、気づかされました。
    あ、ここ、元々(果たす役割で)分裂しているわって。でも叡智という共通項で統合されているんだって。
    一見、バラバラに見えるけど、ちゃんと整っているんだって。
    だから安心していいって思えるようになりました。

    言葉にするの難しいんですけど、今まではそれぞれが違って、組み合わせで綺麗な形になるって思っていたんですけど、統合ってそれとも違う、さらに上の概念のような気がしてて。組み合わせるわけではなくて、組み合わせなくても、それぞれの存在が共鳴し、共振し、いつのまにか組み合わさっている感じ。それが統合なのかなーなんて。

    なんか記事の内容とズレた気もしますが、どこかに書いておきたかったので置いておきます。

  •  浅子さんのこの記事を読んで、自分の今迄の体験と照らし合わせ、これ程までに簡潔に奥深く人生や我々の生き方を表現した真理に鳥肌が立つ思いでです。
     今年の夏からエンペラーコード「十種神宝」を受講し第三講義最終回を受講しながら並行して「とほかみアカデミー」を学んでいます。白川の教えを学び始めて直に奇跡の連続です。自分にとって最も重要な問題から変化が起きました。今回は私自身の体験は多過ぎるので割愛しますが同僚の事例報告をします。
     先月、職場の同僚が子宮筋腫で悪性腫瘍との診断を受けたと聞いたので早速、大野靖志さんの「お清めCDブック」を渡し一日中かけっぱなしにして「とほかみえみため」を唱えるよう伝えたところ手術のため総合病院に移転したときには悪性腫瘍の影が見えないとのことでした。本人の意志で念の為と摘出手術をしましたが結果は全く異常なしとのことでした。本人は何故癌が消えたのか自覚が薄いようです(笑)いずれにしても人助けができたことに感謝以外ありません。
     病気が治ることは結果であり、それよりも深い気づきにより中今をどう生きるかが核だと思います。その為には「とほかみアカデミー」受講は人生のチャンスと確信します。白川にご縁を頂いたことに心から感謝申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です