「とほかみ」超健康法

方法・使い方


こんにちは。
阿蘇安彦です。

ウィルスを警戒するあまり、
緊張が続き、呼吸が浅くなっていませんか?

「お祓いは最高の健康法である」

と、七沢先生は仰います。

ポイントは、
息の使い方。

鼻から吸って、
口から吐く(とほかみを唱える)。

毎日、お祓いを続けると、
肺が確実に強化されます。

肺は唯一、自らの意思で
コントロールできる臓器です。

正しい呼吸により、自律神経が整い、
免疫も上がります。

もちろん、祓いをすれば、
不必要なエネルギーや情報も
解消されます。

まさに、
いいことずくめ!

声を出さなくても、
意志エネルギーの発生により、
お祓いの効果は十分あります。

その威力により、当然、
ウィルスは祓い清められます。
(*この自覚、大切です。)

しかし、声を出せる環境であれば、
呼吸を意識して唱えてみましょう。

健康といえば、
サプリメントも良いですが、
水と空気によって
生かされていることを
忘れてはなりません。

私たちは、生まれてくるときに
オギャーと息を頂き、

亡くなるときは
息を引き取ります。

息を通じて、
イノチの創造と帰趨(きすう)を自覚し、
元氣になりましょう。

それでは、今日も
イキイキとした
一日をお過ごし下さい。

阿蘇 安彦

ABOUT US

阿蘇安彦
neten株式会社研究員

空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


24 件のコメント

  • 祓いでも、鎮魂でも呼吸に意識を向けることが多くなりました。
    もっと意識的に行うことで肺を強化したいです。

    先日、とほかみえみためを唱えていてもご先祖さまと繋がっている実感がない、というコメントを書きましたが、
    それからほどなくして、実家の母から「お米送っといたからね」という電話が入りました。

    コロナな影響でいろいろな商品がデマによって品薄になっている状態で、
    コメも例外ではありませんでした。

    そろそろ家のコメがなくなるな~と思っていた矢先の母からの電話でした。

    その電話を通して感じたのは、
    「ちゃんと繋がっているよ」というご先祖様からメッセージが含まれているような気がしたのです。

    とほかみえみためを唱えることで、
    ご先祖様からのサポートも得られるし、健康法にもなるし、
    ウィルスも、情報場も清めることができるなんて

    いいこと尽くしですね。

    続けていくことの大切さを体感しています。
    いつもありがとうございます。
    メッセージが届く平日の朝がいつも楽しみです。
    土日は、一週間の振り返りということで、
    気になるメッセージを再度見直しています。

    引き続きよろしくお願いいたします。

  • 阿蘇さん、おはようございます。
    それほど大きな声は出していませんが一音一音をしっかり発音するように意識して祝詞を奏上させていただいています。最初のうちは途中で声がかすれたり咳き込んだりしがちでしたが最近は均等に声が出せるようになりました。電子神殿のおかげで毎朝のお祓いが習慣化し、肺や声帯が清められ肺活量も増えた感じがします。祝詞の威力と呼吸の大切さを改めて認識しました。ありがとうございました。

  • 就寝時や寝起きでも無意識に「とほかみえみため」を心の中で唱えている自分に気づきました。不要な情報とエネルギーを祓うことで健康にもコロナにも対処できるとは素晴らしいですね。綺麗好きな自分としてはどんどん心を綺麗に祓っていきたいと思います。

  • いつも素晴らしいメッセージをありがとうございます。
    呼吸とお祓いは健康にも抜群!との意識を持って、今日も唱えますね。
    毎朝、職場に音を消してコロナ撃退ミクちゃんかけてます。
    だから、大丈夫!大変心強く感謝しています。
    ありがとうございます。

  • 自分は呼吸が下手だと思っていました。でもとほかみえみためを唱えていれば祓いながら呼吸していることを知り安心しました。何も考えずにやっていましたがすごい事だったのですね。ありがとうございます。

  • 阿蘇さん ありがとうございます。
    「声を出さなくても、意志エネルギーの発生により、お祓いの効果は十分あります」とありました。
    いつ、どこにいても意志の発生により、お祓いの効果があると言う気づきをいただけました。

  • 息だけにイキイキとした日々を送っていくんですね!この部分がなぜか1番心に響きました…。呼吸の大事さを改めて思いました。

  • 素晴らしい健康法です。ありがとうございます「とほかみえみため」を唱える時、40回と教えて頂きましたが、回数はどのようにして数えたら、良いのでしょうか⁉️唱えているうちに、何回か分からなくなってしまいます。
    稚拙な質問でスミマセンが、よろしくお教え下さいませ。

    • 正式な方法があるのかもしれませんが、私がいくつか思いついたやり方でよろしければ参考にされてください。
      八方位(前後左右と斜め)と上下を合わせると10になりますので、自分の周りのその場所を意識しながら、4回繰り返します。
      数える順番は自分の直感に従われればよろしいかと。
      他には、自分の体を10分割し(眉間が1、首が2、肩が3など)、それを4回繰り返す方法も考えられます。
      手印を組まないのであれば(寝る前など)、指の関節を使って数えることができます。
      手の甲側の人差し指第一関節から中指、薬指、小指と同じ側の親指で触れていきます(1から4)。
      次に人差し指の指先から小指へと、同じ要領で触れていきます(2から8)。
      後は順番に手の平側の第一関節(9から12)、第二関節(13から16)、第三関節(17から20)。
      20までなので、2回繰り返すことになります。
      大野さんたちから正式な回答があるかもしれませんし、セミナーで話される内容なのかもしれません。

  • 阿蘇さん
    ありがとうございます。
    呼吸の大切さに普段気づかないですが、息をすることを意識することで氣が晴れてきます。
    とほかみえみため
    ひとことひとことが愛おしくなります。
    これから呼吸を意識してみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です