悩んだ時は「とほかみえみため」

方法・使い方


こんにちは!
エクレル講師の大島です。

あなたは悩み事がある時
どうしますか?

多くの人は、
悩みを抱えた時、

しょっちゅうその事に
囚われて

気分がどんどん重くなっていって
しまいます。

でも、そもそも
考えても解決しないから
悩んでいるのに、

それ以上考えても
仕方が無いんじゃないでしょうか?(笑)

「認めたものが現れて
見つめたものが拡大する」

どこで読んだのかは
忘れてしまいましたが、

20数年前、
この言葉を知った時、

目から鱗が落ちたような
気持ちになりました。

悩み事を考えることは、
その悩みを創造しているという事
なのだと。

それなら、
悩み事はひとまず横に置いて

「とほかみえみため」
の響きの中に入っていっては
いかがでしょうか?

「と」なら
「と」の響きの中に

「ほ」なら
「ほ」の響きの中に

1音1音
その響きの中に没入していくような
つもりで唱えていると

その瞬間には
悩み事はありません。

完全な調和だけがあります。

全ての悩みが祓い清められ
根本的な解決がもたらされる場所は
ここにしかありません。

やがて
内なるものが外なるものとして
現れて

現実的にも
問題は解決していきます。

僕はこの方法論を
20年以上続けていますが

その間この方法論で悩みが解決
しなかった事はゼロです。

そもそも悩むことも
まったく無くなってしまいました(笑)

こう言うと
「信じられない」
という顔をされることも多いですが、

論より証拠

まずはご自分で試して
確かめてみて下さい。

生きることが
本当に楽しくなりますよ!

それでは、また次回
「とほかみえみため」の
豊かな響きの中で

またお会いしましょう!

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


34 件のコメント

  • とほかみ えみため

    冬の日差しの祝福

    春まだ遠く、小さな産毛のヒナたちよ、
    薄霜に震えるその羽よ
    雲間から差す光の祝福で、羽ばたけるその日まで、
    そっと包んで、その霜を溶かしてあげる。
    それまでは、夜明け前に降りる全ての霜は
    この羽で受け止めてあげる。 そっと無言で見守ったことも、
    傷ついて羽ばたけなくなったこの羽も
    果てしない青い空を誇らしく舞った時
    思い出してくれるだろう。

    全ての羽ばたこうとするものたちに 祝福あらんことを 天に祈る。

    とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため
     
     

  • 私は毎日とほかみ~を1000回早口で唱えます。その他、何をするにも思い出しては、とほかみ~と1日中唱えています。もちろん仏壇に向かって40回唱えます。20年前に買ったドラム式洗濯機がついに動かなくなりました。でも奇跡が起きました!又動き出してくださいました。とほかみ~。とほかみ~。とほかみ~。感謝感謝感謝
    このはなさくら

  • お疲れ様です!  
    最近は、困った時やラッキーな時などに
    「とほかみえみため」を3回唱えるように
    しています。

  • 今、コロナウイルスの恐怖で不安な気持ちです。
    とほかみえみため と唱えていたら楽になりますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    大島英明
    幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
    クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
    長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
    その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
    1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
    現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。