すべては頂きもの

方法・使い方


こんにちは!
エクレル講師の大島です。

『とほかみえみため』を
日々唱えていると、

内側と外側の垣根が
無くなってしまったような

面白い現象が
頻繁に起こってきます。

例えば、
『〇〇があったら便利だな』

と思っていたら、

次の日に
友人がプレゼントしてくれたり、

良いアイデアが浮かんだ直後に、
テレビをつけたら

そのアイデアを裏付ける解説を
していたり。

『帰ったらあれやらなきゃな』
と思っていたら、

誰かがやってくれていたり。

まるで自分の思い通りに、
世界が動いてくれているかのようです。

でも、そんな時こそ
慢心しない事が大切です。

『俺ってすごいな!』

と思った瞬間、
せっかく繋がった命の輪から

外れてしまうからです。

特別意識は、
全体性からの分離です。

『草も木も
人もなおさら 真砂子まで
神の社と 知る人ぞ神』

白川を民間に伝えた
高濱清七郎先生のお言葉です。

この道を歩み始めた頃
初めてこの言葉を知ったとき

短い中に込められた
神髄の迫力に
魂が震えるのを感じました。

ある意味この言葉に導かれて、
今日まで歩いて来たのかも知れません。

最近の事ですが、

ある日ふと
高濱清七郎先生が
頭に浮かんできた事がありました。

何となく気になって
調べてみると

なんと、

私の東京の住処から

僅か10分の所に
お墓がある事を知りました。

『知らず知らずのうちに
一年以上も

高濱先生の近くに
住んでいたんだ!』

不思議なご縁と
お導きを感じ、

早速お参りに
行かせていただきました。

考えてみると、
万事がこんな調子で、

森羅万象あらゆるものを通して
現れている

神のお働きによって
生かされている自分。

『とほかみえみため』
によって、

先祖や神々のお働きに繋がって
起こっている数々の奇跡。

どこまで行っても、
それは頂きものであり、

自分の手柄はゼロです。

この感覚を大切に

日々慢心しないで

生きていきたいものですね。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


24 件のコメント

  • [感情]の問題、期待してます。
    とほかみえみため、唱えても、祓い鎮魂してもうまくいきません。

  • 毎回、エクレルの講師の皆様のコラムを拝読する度に何故か心が洗われる感覚に見舞われます。
    それぞれのお話が真で素直で正直で、淡々と書かれているのに強いエネルギーが迫ってくるのです。
    皆さま、素晴らしい方達です。有難うございます。近づきたいと思います。

  • 等身大、ひたすら真面目、親切でいることは、慢心から逃れる私のホップ、ステップ、ジャンプです。この三段跳びをすることで私は銀河へ届きます。思ったことが実現するのは、ざらで、蝶のサナギの羽化を子どもたちにみせたいと思った3日後。普通だと早朝に羽化。だけど今回は、午後、さよならの前にみんなの前で羽化。生けるものに到達した三段跳びの着地点は、子供の喜びであり、生きていく励みとなり、宇宙へエネルギーを届けた。 未来に生きる人が蓄えた力は、とほかみえみためです。

  • 素晴らしいです!本当にONENESS楽しめて、、全体的だと言うことが、ビシバシ伝わってきます!CD夜流しぱなしで、朝の閃きが嬉しく、アバターの映画の物真似でガジュマルの超大きな木根をクラウンチャクラにチャージしたら、スゴーいエネルギーを頂き、意識が、木や岩や滝や焚き火など、自然界の聖霊との遊びに魂が喜んで戯れています!何時もとほかみえみための文字を前頭葉で見て唱えてます。本当に愛の中で中今ですね。感謝のみです!合掌

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    大島英明
    幼少の頃から、「自分とは何か?」という問いに導かれ、瞑想、思索を重ねる。
    クンダリーニの覚醒、幽体離脱、宇宙意識の体現など様々な神秘体験を経て、1998年、臨死体験を通して神の視点を獲得したことにより生まれ変わりを体験する。
    長者番付日本一の斎藤一人氏の元で経営を学び精神的な豊かさと経済的な豊かさの両輪を確立。関連3000店舗のトップランカー常連となる。
    その後ロゴストロンと出会いデジタルによる現実創造のエキスパートとして活躍。
    1年半で事業所得以外の臨時収入1億円越えを達成し、いつしかロゴストロン長者と呼ばれる。
    現在様々なセミナーを通じて、日本全国でその叡智を分け合っている。