死を腹に据える

方法・使い方


皆さんこんにちは、内海昭徳です。

本日は体験談解説の日です。

だいぶん前になりますが、
理紗さんから頂戴した
こちらの体験談について。

わたしはフリーランスで音楽の仕事をしています。今回のコロナ禍であっという間に仕事が消えてしまいました。どこからも守られず、これでも一応納税者なのですが、経済ピラミッドのはみ出しもののように感じています。
本来ならもう不安で不安で、と言う毎日が当たり前かと思うのですが、妙に落ち着いています。
とほかみえみためとぶつぶつ言っていると、自分を遥か遠く宇宙から見ている気になるのです。
そして、ま、大丈夫、なるようになる、最悪死ぬだけだし、と言う気持ちが腹の底にどしんとあるのです。なのでいつまで保つかわかりませんが、結構平気です。

今年の春以降、
理紗さんのような
経済状況に置かれた方は
日本中にたくさんいらっしゃると思います。

4,5,6月期のGDPの落ち込みは
大変なものでしたが

7,8,9月期も
変わらずのコロナ問題に加え
長梅雨、大雨、酷暑、台風などもあり

また、特段新たな
経済対策が打たれている
訳でもありませんので

現実的な状況は
なお厳しいところです。

私個人の人生経験の中でも
経済、お金の問題に直面した時は

日々、なんとも言えない
不安や焦燥、苦悩に苛まれましたが

そういった現象に置かれた時、
自分の出来うることに
真摯に取り組む事と合わせて

本質的な心のあり方においては、
まさしく理紗さんのように

「死」というものを
腹の底にどしんと据える

という心の構えは、
とても重要な要素なのではないかと思います。

「死」を語るという事が
ある意味、とてもセンシティブな
ものであるのは承知の上ながら、

例えば、『とほかみえみため』の
書籍の中で、大野さんが

「わたしは先祖からできている。」

ということを強調されていますが

先祖神とは、既に肉体の
次元を離れた存在ですよね。

私の全てが先祖からできている、
ということは、すなわち、

私自身が今ここで
先祖そのものでもある、
ということですから

私とは、生きながらにして
命の連関の最先端を生きている
先祖神でもある、という解釈に繋がりますね。

先祖神となった自分が
宇宙大の視野と時間感覚で
自分の今生の出来事を客観視したならば

波立つ様々な
心の不安や葛藤も

きっと深く静かに鎮魂され、
心の安定(あんじょう)が広がる余裕が出てくると思います。

死生観を深め、整えるということ。

コロナを契機に、その方向の
意識進化にも、「とほかみえみため」が
きっと力を発揮してくれることと思います。

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!


「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。

体験談応募フォームはこちら

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


7 件のコメント

  • 死ぬことは自然なこととは思うのですが、苦しい死に方は避けたいです…。
    また、自分ひとり、と思えば、死は、まだ気楽に構えられるのですが、
    未練でしょうが、残された人間や動物が立ち行かなくなることを考えると、
    できればまだ…と思ってしまいます。

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    死を想う、のではなく「死を据える」。

    コロナ禍、台風、猛暑・・・。連日のざわつきの中、死を置くことでどこか冷めた自分に気が付かされます。

  • 「未然に防ぐ」ロゴ100を発信して2年。分からないけど効果があるかも!
    前の消防署の出勤回数が少なくなったかも。
    「学校、保育所のイヤシロチ化と適正化」嫌な話を聞かなくなった。
    「コロナ問題の発信」東京へ新幹線で通勤、通学している人、テレワークで帰ってきてる人がいるにもかかわらず、感染者が少ない。
    わが家のイヤシロチ化。周りの人たちがニコニコ挨拶してくれる。元気なお年寄りが多い。
    私の望みはまだかないません。「子供4人の結婚魂結と子孫繁栄」「霊的国防と世界平和」です。
    祓い、鎮魂、とほかみえみため、毎日やってます!

  • いつもありがとうございます。
    まわりの状況に左右されず、不安なく穏やかでいられるって本当にありがたいと思います。
    とほかみえみために感謝です。

  • 私はいつの頃からかといってもとても幼い頃から、自分の死に恐怖を感じた事はなかったように思います。生きるという事を知らぬうちに肉体にはおいていなかったのかもしれません。何度も死を味わい、その度に奇跡とも言える蘇りを体験したせいかもしれません。その奇跡は、常に周りの人たちの懸命な愛に支えられていた事を今は分かります。両親だけではありません先祖神のご縁に繋がる人達の愛が私の使命を果たさせてやろうと守ってくれていると思います。ですから、今の私がそれに相応しくないのであれば、いつでもこの肉体を奪われてもいいので、次に必ず使命を果たせる生を下さいと意宣ってきたように感じます。勿論自我も強く、個人的欲望もたくさんある私ですが、使命を果たすためなら、その全てに価値を見出す事はありません。その意味では両親の生き様から学んだ死生観があり、常に死は肚にあった日常を送らせてもらえていたのだと思うととても有り難く思います。とほかみえみためを知り、その深遠さを感じる事も多くなりました。本当に皆様には感謝しかございません。ありがとうございます。とほかみえみため

  • 「死を腹に据える」と、なぜか落ち着いて
    鎮魂されたように感じます。
    死を恐れていると五魂が遊離して、
    「死を腹に据える」と五魂が統合されて、生が輝き出すのでしょうか。

    生と死のメビウスを少し理解できた気がします。
    素晴らしい体験談と記事、ありがとうございます。

  • いつもありがとうございます

    あらためて、重複をさけて

    確認するには?
    ロゴストロンはどちらにつながりますか?
    興味ある処に、ポチポチつながっている?
    今の立ち位置を調べたいです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です