宗教・信仰を超えて

内容

「エクレル」の皆さん、
こんにちは。
石原政樹です。

「とほかみえみため」は宗教ですか?
というご質問に対して。

(10月2日浅子講師のコラム
「とほかみえみため」という科学
に通じる話ですので併せて
お読みください。)

「とほかみえみため」という科学

では、宗教と
「とほかみえみため」の
違いとは何でしょう?

大きな違いは「依存させるのか、
それとも自立的な意志を育むことが
できるのか」

という点だと思います。

もちろん一概には
言えませんが、

宗教は自分の外側の
人格神を拝み崇めます。

実際に奇跡的なことも起こるので、
奇跡を体験した人、
願いが叶った人、
あるいはそれを見聞きした人は、
依存してしまいがちです。

それに対して「とほかみえみため」
は、自分自身の遠津御祖神と
繋がることにより、
自立的な意志の発動を促します。

ご先祖と繋がることと、
宗教の神仏と繋がるために
祈るのと、どこが違うの?

・・という方のために
少しご説明しますと、

遠津御祖神というのは、
いわゆる「守護霊」とは違い、
「自分自身の源」です。

自分自身の源とは、
五感を通した印象、つまり
外側の刺激やそれに伴う
喜びや悲しみ、憂い、怒り
を超えた存在です。

バーストラウマや
幼少時のトラウマがその人の
健全なありようを阻害する。

大人になっても
それらの影響を
受けてしまうと言われます。

五感に記憶されたトラウマが
事あるごとに甦って自信を奪い、
本来の力が発現できなく
するわけです。

しかし、そこを超えた
本来の自己が存在します。

そこに繋がることができれば、
ひどいトラウマを抱えていても
上の次元に突き抜ける
ことができます。

たとえば、苦手な内容の
TV番組があったとしたら、
流れている情報を消すのではなく、
ただちにチャンネルを変えて
しまえば良いわけです。

同じように、
なかなか浄化しきれない
ものがあっても

チャンネルを変えることで、
より根本的な解決に到達できます。

TVチャンネルを変える
だけなら、問題回避に
なりかねませんが、

「とほかみえみため」の周波数は、
高い次元とつながる
チャンネルと言えます。

つまり今回の人生の
苦しみやトラウマを
認めたうえで
「とほかみえみため」を
唱える事で、

現実世界が変化進展し、
解決に導かれる
ということも起きます。

「とほかみえみため」は
自立的な意志を発動させる
と認識し、唱える事で

ますますその効果は
増してくることでしょう。

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。