思いが昇華されるとき

体験談

皆さんこんにちは、内海昭徳です。

お盆休みに入りましたね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年のお盆はコロナの
影響もあり、
帰省せずに済ませている方も
多いかと思いますが

直接お墓参りが
出来なかったとしても
ぜひご先祖様を意識する時間を
取ってみて頂けたらと思います。

今日の体験談解説は、
少し前になりますが
加藤千秋さんから頂いた
内容の抜粋をご紹介させて頂きます。

私がもっと早くに此の御法に辿り着いていれば、父を病から守れたのではないかと思いました。
しかし、その反面父が此の御法に出会わせてくれたとも感じて、今初めて父に許されたと実感しております。
私にとって此の体感こそが「とほかみえみため」の一番貴重な体験の成果と今日改めて感じました。とほかみえみため ありがとうございます。

加藤さんは
お父様が生きた
その人生の足跡を
丁寧になぞっておられて

その上で、そのお父様が
御隠れになる間際の
自分とのやり取りのことが
ずっと心のわだかまりとして
残っていらしたとのことでした。

そういう深い背景があっての
上記の内容になります。

親御さんが生きている時に
親子関係が良くなかったり

親に不義理を働いてしまったり
あるいは悔いの残るような
別れをしてしまうケースは

世の中に、たくさん
あるのではないかと思います。

あるいは、生きている時に
ああいう話をしておけば良かった、とか

あのことを聞いておけばよかった、
ちゃんと気持ちを伝えておけば良かった、など

肉体の別れを通した
今となっては
直接的に交流することは
もはや叶いません。

しかし、現象的な
体の階層での過去の出来事は
そこで止まっていたとしても

目には見えない
より深い階層では

意志や情報はとどまる事なく
めぐり、はたらき続けています。

加藤さんのように
過去を起点とした親への
思い(重い)に意識を止めることなく

時間の流れから抜け出て
中今に、自分の親子関係の
新たな気づきや意味を見出し

そうして、
わだかまっていた思いを
すべて綺麗に昇華させて

そこから自然にふと湧き出づる
両親やご先祖への感謝の心と共に、
自分に託されたいのちの意味を見つめる。

「とほかみえみため」の
響きと共に、そのように深く
心を見つめ、向き合う時間を

ご先祖の意志とつながる
この数日の間に、
過ごされてみてはいかがでしょう。

このお盆休みを通して
また新たな生の律動が
自分のうちに生まれてくるかもしれません。

「とほかみえみため」の体験談を募集しています!


「とほかみえみため」を唱えて
感じたことや実践して得られたご体験を
ぜひ聞かせください。

お寄せいただいた体験談は
講師陣もしっかり目を通させていただきます。

また、お寄せいただいた体験談は
とほかみProjectオンラインサロン「みえます」の
サービスの1つで毎月行われる「QAライブ」で
発表させていただく場合がございます。

そのQAライブで

「今月のとほかみえみため実践大賞」

に選ばれた方には
特別なプレゼントを贈呈させていただきます!

プレゼントの贈呈の対象者は、
みえます入会者に限ります。

体験談応募フォームはこちら

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


4 件のコメント

  • ありがとうございます。今年のお盆は尚一層、父や、祖父そしてそのまた先のご先祖を身近に感じさせていただいております。本当に、これほど父を身近に感じたことはございません。そして、祖父の思いも今はよく分かるようになりました。「とほかみえみため」と言う究極の奥義、白川神道の御法に出会ってから全てが、霧の晴れるが如く、一つ一つがしっかりと見えてまいりました。父、母、共に己より、日本国を大事と生きた二人でした。本当に正反対の性格の二人が、こうまで互いを大事にして、その旅立ちのキワのキワまで、互いを思いやっていたことを思い出すにつけ、愛と言うものが単なる情の世界ではなかったことを教えられました。私にもその2人の血が流れていると思うと両親のご先祖を鎮魂して祓い清めさせていただけること、ありがたく思います。
    偶然かも知れませんが、私のフォロワーさんのグループDMで、今日私がお話しさせて頂いたのが、お盆でお墓まいりに帰省ことを断念された方達に、同じように、「お墓を参るというやり方でなくとも、ご自宅で「とほかみえみため」を40回唱えることでご先祖への供養も、またそれ以上の鎮魂とお清めが出来ます。やり方より在り方なのでは無いでしょうか」というコメントを書かせて頂きました。少人数のグループですが、皆様ご理解いただいたようで良いねマークやハートマークを全員から頂きました。これも、遠津御祖の神のお導きとまた、感謝しつつ、祓い鎮魂とほかみえみためを唱えさせていただきました。内海さんの解説を頂き尚、軽い、フォワ〜とした温かさが身体中に、そして心に広がりました。ありがとうございます。とほかみえみため とほかみえみため とほかみえみため

  • おはようございます。お盆のメッセージを拝見して、私の父とのことですが、父が亡くなる約半年前に、勤めていました病院の営利主義にやりきれなくなり、病院に対して提言した所、精神科受診その上他院に入院となりました。生前から泣き虫の私に対して泣く時は親が死んだときだけと言われていて、その父が死んだとき涙一滴も流れませんでした。心配させて申し訳ない気持ちだけですから、それから20年程だった今、恐らく父は分かってると思っています。僕が立て分けは仕方ないけど、立割社会になれば、会社も世の中も、良くない方向に進んでいくと感じて、行動していたことが、間違っていなかったと。

  • ハッとするお話です。
    一瞬先はもう変わっているのに、人の意識だけが過去に留まり続ける。
    やはり生きていると、遺恨を持ってしまった相手は幾人か居ます。
    しかし、このお話でハッとしました。
    何度かそう思うことはあっても、また戻ってしまう。
    とほかみえみため、を声に出して、時に心の中で、様々に適切な唱え方があると感じもしました。
    深い呼吸とともに、その呼吸を味わいながら心の中で唱えることが出来る、というのは人間だけに与えられた素晴らしい技なのかもしれないと思いました。
    過去の遺恨は見方を変えれば、自分が何か違った方に向かっていることを教えてくれるトリガーだった、ということを思い出します。

    ありがとうございます。

    そして、我が人生に立ち現れた全ての人たちに深い感謝を。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    内海昭徳
    株式会社ロンズデーライト代表取締役
    neten株式会社客員研究員

    筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
    9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
    世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
    北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
    シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
    コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。