「体」の階層から自由になる

体験談

こんにちは。
石原政樹です。

本日もまた体験談の
解説をさせていただきます。

お腹が痛い時に「とほかみえみため」
を唱えると和らぎます。
毎日寝る時にも唱えるのですが、
いつの間にか寝てしまいます。

という体験談。
もうお一人は、

お医者さんに慢性蕁麻疹と
診断されていて、全身痒みに
襲われる事が多々あります。
昨晩も左の背中から始まり
痛みがどんどん移動して
掻き毟っていたのですが、
「とほかみえみため」を
唱えてみようと深呼吸を
して痒みが出た部分を
摩りながら
「とほかみえみため」を
唱えていると痒みが治まった。
この方にとって奇跡だった、
それだけ辛かったし
痒みから解放されなかった
と思うのですが、痒みに
襲われる恐怖から
救われました。
これからも毎日
「とほかみえみため」を
唱えようと思った出来事でした。

という内容です。

痛みも痒みもつらいですよね。

私たちは放っておくと
絶えず肉体に意識が
縛り付けられてしまいます。

普通に過ごしていると、
肉体が健康なうちは
いいのですが、
病気や怪我、
それに伴う痛みや痒み、
或いは熱、或いは寒さに
見舞われた時、
ストレートにその
苦しみを受けてしまい、
心身ともにダメージを受けて
しまいます。

重い病気にかかっても、
ひたすら苦しみに
もがく人と、
それを乗り越えて
大きな成長を遂げる人
がいます。

「とほかみえみため」的には
どのようなメカニズムが働いて
いるのでしょうか?

フォーカスするポイントの
ひとつは、「とほかみえみため」に
よっておこる振動で
身体を構成する波も変わる、
ということです。

身体というのは多重に
重なり合う
エネルギーフィールドです。

これに関しては、
昔から色々な分類が
されてきました。

例えば、
肉体、アストラル体、
コーザル体のように。

肉体一つとっても
癌になる人の振動もあれば、
健康な人の振動もある。

振動医学、波動医学という
ものがドイツで発達しましたが、

私たちが開発した
「ロゴストロン」という装置は
波動器を祓い・鎮魂・言霊を
起点として大幅に進化させ、
単なる波動ではなく、
言霊の周波数を
発信できるように
したものです。

もちろん、その中に
「とほかみえみため」
の周波数も入っています。

我々が、どの周波数帯に
いるかで、肉体の痛みに敏感
になるのか、肉体の痛みを
乗り越え治癒に導ける
かが決まってきます。

日頃から肉体に纏わる
快不快に関する言葉
ばかりを並べていると、

「ラーメンを腹いっぱい
食べたいな」

「あそこのお店に行って
美味しいもの食べよう」

「暑いから上着を脱いで
半袖になろう」

「寒いからカーデガン
羽織ろう」

「天気が悪いから気分が
悪いなぁ」など、

つまり、肉体の刺激が
あり、そこから出てくる
条件反射的な情緒語を
心の中に並べていると、
心の周波数もまた
肉体の不快な周波数に
すぐ同調しやすくなって
しまいます。

しかし、肉体的な快不快
とは関係なく、絶えず
「とほかみえみため」という、
遠津御祖神に周波数を
合わせていくと、
だんだん今の荒い
肉体の波の影響を
受けなくなります。

すると寒暑苦楽を
抜け出していくのです。

その良い例が、今回
いただいた体験談です。

「とほかみえみため」を
唱えてまもない段階で
体験し始めていると
いうことも素晴らしいですね。

「とほかみえみため」は
唱えれば唱えるほど、
私たちを構成している根源の
精妙な周波数に自分自身が
移行します。

日々の心がけとしては、
それを妨げる情緒語で遊ばない
情緒語に弄ばれない

と言うことです。
遊ぶなら、

「とほかみえみため」

の中で遊ぶということで、
これからもリラックスして
「とほかみえみため」を
継続していかれたら
良いですね。

皆さまも、ぜひ体験談をお寄せください。
楽しみにしております。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


16 件のコメント

  • いつも ありがとうございます
    どこに周波数をあわせるか?というところが 響きました。
    ついつい 痛みや不意に浮かぶ妄想に合わせて苦しくなりがちでした。
    とほかみえみための中で あそぶ!そうか(^^)と納得しました。
    講師の方々のコラムを読んで いつもは流してコメントしていなかったのですが
    感じたことは 言葉にして出していこうと思いました。
    良い機会をありがとうございます

  • 素敵なメッセージ有難う御座いました。

    「情緒語に弄ばれない」ことが肝要だと・・・、分かっていながら難しく感じていました。

    でも「とほかみえみため」を唱えていれば良いのですね。
    周波数を肉体を超えて、遠津御祖神に合わせる。

    肉体の情緒に捉われずに日々を過ごしたいと感じました。

  • 寒暑苦楽から、とほかみえみため で抜けだせるのですね。
    希望が湧きます。

    ホ・オポノポノから、自分を大切にする、ということを学んでいますが、その学びとの葛藤も感じています。

    葛藤も受け入れて、淡々と 唱えたいと思います。
    ありがとうございます。

  • 石原先生のお話し、とてもよくわかりました。
    今、全身で納得しています。

    身体の不調を感じやすいのは、私の身体が敏感過ぎるからだと、諦めていました。
    そしてまさに周波数を落とす情緒語で、自分を満たしていました。

    ああ、今、本当に「とほかみえみため」を知ることができたことが、有り難くて、
    全身が高揚して、まるで宙に浮いたように軽いです。

    そして、先生方のコラムを毎日読ませて頂く事で、
    自分の中の何か、よくわかりませんが、何かが、すごいスピードで変革していると感じています。

    ありがとうございます。感謝します。

  • やっていました!
    「今日は寒いから、この格好だと・・・」などなど。
    実は、「服に無頓着だった」メンタルの時期が10年くらいあったのですが(笑)、その時期は・・・その言葉すら出てこなかったんですが、「身をかまう」ようになってからのほうが、変な話・・・「気分の差、違い」に左右されるようになっていたのです。。。
    季節の変わり目にも、やたら敏感になっていて、肌の状態のことが気になるようになってました。

    服に無頓着であった時期のほうが(笑)寒暖も、変わり目の皮膚のかゆみなども、なかったです(笑)

    「とほかみえみため」なしでも、自分がどこに意識を向けているのか、身体に意識を向けてる向けていない、だけでも、ものすごく違っていました。

    目からうろこでした。
    ありがとうございます!

  • 『とほかみえみため』の中で遊ぶ
    とってもステキですね。

    毎月の腹痛時には必ず手を当てて唱えています。

    偏頭痛持ちで、週に2~3日は頭痛だったのですが、
    ここ数ヶ月一度も頭の痛い日がありません。頭痛が自分の中から無くなっていることを忘れていたほどです(笑)

  • トホカミヱヒタメ

    ヱ の発音はやいゆいぇいょ(やいゆえよを言うとできる発音)

    でできるようです

  • 先程コメントをさせて頂きました。
    その後、「あっ!」っと思う事がありましたので、追加コメントをさせて頂きます。

    先日も身体が重く横になっていましたが(ちょくちょくあります)、
    不意に「もう大丈夫。動ける。」と感じて起き上がった事がありました。
    初めての体感で「なんだろう、不思議。」と思いましたが、
    そのまま溜まった家事を始めました。

    でもこれ「とほかみえみため」のお陰でした!!
    横になりながら、ぶつぶつ唱えていましたから。
    今から思うと、確かに周波数が上がったというように、ふわっと軽くなったんです。

    そうか、私も「とほかみえみための不思議」体験者だったんだ!
    そう気付いたら、うれしくて、楽しくて。

    感想をコメントした事で、気づけたのだと思います。

    これからはもっと「とほかみえみため」の恩恵を受けていることにも注意を向けて、
    楽しんでやっていきます。
    ありがとうございました。

  • 私も、同じような体験を最近しました。急に蕁麻疹ができて、それが痒くてどうしようもない、夜中に目覚めて、無意識に掻いてしまう、そんな日々が続いていた時,とほかみえみためを唱え続けていました。今では、すっかりよくなりました。
    とほかみえみための中で遊ぶ、何と、心に響く言葉でしょう!!!
    ありがとうございます。

  • いつもありがとうございます。
    今回の、「とほかみえみため」のメカニズムについての解説、即座に納得できました。
    何かと理屈を求めがちな質なため、このような説明をいただくとすっきりとした気持ちで実践できます。
    軽やかに唱えることがよろしいと解っていても、疑問は湧いてきますし、そうした釈然としない心持ちでは、いつまでたっても遠津御祖神に周波数が合わないかもしれない、そんなことを考えたりしました。
    これからも、このような解説をどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している