時空間を超えて「とほかみえみため」

その他

皆さま、こんにちは。
阿蘇安彦です。

これまで、
「とほかみえみため」の
8文字の言葉を通じて
様々なことを学んできました。

現代に生きる我々の意識は
自分の身体をはじめとする物質や、
社会の常識などに囚われて重くなっています。

しかし、
「とほかみえみため」を単なる言葉ではなく、
神に繋がる「言霊(げんれい)」として自覚すれば、
「時空間」の拘束から解き放たれ、
本来意識が持っている自在性を発揮します。

「時空間を超える」
「公」
「意志エネルギー」
など、今まで学んできたキーワードは
切り口は違えども、
指している真理は同じことだったと気づくはず。

ご先祖様からはじまり、
その先の神々の階層性が織りなす
いのちの美しさに感謝し、共に生きる
喜びは何事にも代えがたいものがあります。

このエクレルを通じて
皆様と「とほかみえみため」の
無限の可能性について共有し合えたことは
人類の意識進化に貢献できたといえるでしょう。

私のエクレルのコラムは
今回で最後となります。

ですが、新しいステージにおきましても
「とほかみえみため」言霊と共に
新しい創造をしてまいりましょう。

これまで、たくさんの記事をお読みいただき、
コメントや体験談も沢山投稿していただき、
ありがとうございました!

とほかみえみため

ABOUT US

阿蘇安彦
neten株式会社研究員

空手の指導員、フィットネスインストラクター、貿易業、フラワーエッセンスの輸入販売、生体情報測定機器及び水の研究・開発・販売などを経て、七沢研究所へ。
「生命(イノチ)の可能性を最大限に発揮させる」をテーマに、「水とエネルギー」の研究及びに、「祓い・鎮魂・言霊」の普及活動を行っている。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


6 件のコメント

  • 阿蘇さん、
    1年間、本当にありがとうございました。

    とほかみえみため、
    毎日唱えていると慣れてしまい、
    言霊だという自覚が薄れてしまっていました。

    いまいちど、
    最強最高の言霊だと意識し、
    唱えます。

    阿蘇さん、ありがとうございました。

    とほかみえみため。

  • 正にその。通りかと思います。私達人間が持つ本来のエネルギーとは宇宙の意志あるエネルギーと言う、言い方によれば神のエネルギーでありますね。その神のエネルギーはご先祖遠津御祖の神とともに宇宙創生の神の意志宇宙の意志エネルギーにつながっている事はまごう事なき真実であります。この学びを通し、そして、過去からの研鑽をそこに統合知として、学びましたこと、七沢先生、大野さん(今回、改名されたとお聞きしています。)石原さん、大島さん磯部さん、そして、このコラムを書かれた安蘇さんその他多くの方々に深く感謝申し上げます。データムグループとして更に発展、日本を守る、人類を守る、世界を守る為にまた、日夜、新たな取り組みをなさって行くことと思います。白川のお道をベースに、現代に即した、必要な教えを多くの人々にお届けなさる事と思いますが、これからも、私なりに経済の許す限り、真道を歩く為に此れからのデジタル社会の中での在り方、意志エネルギーの使い方、更に極めたく、末席に連なり、修行をしてまいります。

  • とほかみえみためを唱えていると本当にタイミングよくなり、シンクロニシティがバンバン起きるようになりました。
    これからはさらに言霊として意識していきます
    今までありがとうございました。
    そしてまた新たによろしくお願いいたします。

  • ありがとうございます
    精神的に、動じない自分がいます、感謝しております。宇宙から、自分を、見つめる事が出来、楽しく生かされている、ことがわかるように、なりました、さらに自由に、

  • 阿蘇先生、いつもおおらかで、ユーモア溢れる、温かなコラムを誠に有難うございました。
    9年ほど前、阿蘇先生や山口宮司と祝殿でご修行したことがもう夢のようです。
    私は未だに、白川の門前の前でくるくると空回りばかりの日々ですが、ふと気付けば、何とのんびりした優しさに包まれて幸せなんだろうと感じます。白寿を迎えた愛する母と共に、とほかみえみための言霊に浸りながら、最後の時を大切に生きて参ります。
    これからも、新・新人類の先頭を歩まれるお姿を拝見させて頂きたく存じます。何とかついて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

  •  コロナとワクチン騒動にともすれば意識が飲み込まれそうになっていた昨今。
     本来の意識が持っている自在性、と聞くと、何かすごい領域にいかなければ、とか、もっと修行を積んだらその境地へ行けるのかな、とか、一瞬思ってしまいそうになったんですが、この1年を思い返してみると、そっと唱えたとほかみえみための言霊によって、思いもかけない状況の展開がおこって、すべてが良い方へ導かれたことがたくさんあったことを思い出しました。
     そうだった、あれが意識の自在性のなせる技だったのかな?
     なかなか祓いと鎮魂も少しずつしかできていない私ですが、これからもとほかみえみための言霊とともに軽やかに世界を味わっていきます。
     阿蘇さん、講師の皆様、1年間本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
     あ、ずっと言いたかったのですが、
    阿蘇さん、私も食神あります。 笑!

  • みっち さん へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です