シン・エヴァンゲリオンと言霊

その他

皆さん、こんにちは。
浅子雄一郎です。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が
今、絶賛上映中ですね。

皆さんは、もうご覧になりましたか?

(私は2回ほど観てきました。
3回目も行きそうな予感・・^^;)

この映画が封切られた先月、

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

というNHKの番組で、
映画が完成されるまでの4年間と

このエヴァンゲリオンの企画、原作
脚本から総監督までを務められている
庵野秀明監督を追ったドキュメンタリーが
放送されていました。

謎のヴェールに包まれた
庵野監督の姿を視聴者に届けようと
たびたびカメラが向けられるのですが、
当の監督は、撮影の途中で何度も

「私を撮ってもしょうがない」

と仰っていたのが、印象的でした。

「自分の命より、作品。」

作品にすべてを込めていた最中に
発せられたこの言葉と
シン・エヴァンゲリオンに触れてから、

日々の「祓い」がまた、
とても味わい深いものになっています。

「自分より、言霊。」

祓い清めるといいますと、
「私」が頑張って何かを祓うという
観念に入ってしまいがちですが、

お祓いでは、その「私」を祓います。

すると必然的に、そこには
「言葉(言霊)」だけが残りますが、

そのとき、
皆さんはどういったことを
「発見」するでしょうか。

たとえばそれは、
言葉や芸術、あるいは人など、

そこに何かを込めようとするよりも前に
すでに宿っている何か、かもしれません。

「私」がいるときには見えなかった何かを
三種の神器である「鏡」に象徴される言霊が
ありありと映し出す何か、かもしれません。

目を閉じることによって
「私」を失くそうとするのではなく、

宇宙であり世界の真の姿を映し出す
言葉(言霊)という鏡で、
しっかりと客観視をともなって
「私心不在」が直視されるとき、

無であり、
すべてが在る「空(くう)」を
発見します。

それによって私たちは、
「公」のおはたらきである国津神を迎え、

「私」という囲い(限界)に
覆われていたときには見えなかった、
あるいは使うことのできなかった
力でありエネルギーを

生きとし生ける存在のために
使うことができるのです。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は
祓い、鎮魂、言霊の学びに通じる
ヒントが満載の作品だと思います。

まだご覧になっていない方はぜひ^^

先ほどご紹介しました
庵野秀明監督の姿を追った
「プロフェッショナル」ですが、

見逃した!という方も、
今度の5月1日(土)NHK総合で
午後11:50〜午前1:05に
アンコール放送の予定とのこと。

このドキュメントも、
エヴァンゲリオンの映画も

祓い、鎮魂、言霊の学びをしていますと、
とても深いところから楽しませていただく
ことができますね。

見るもの、感じるもの
そのすべてが学びになることが、

祓い、鎮魂、言霊の学びを
日々させていただいている中で、
有り難く、また幸せだなと感じる
ひとつの瞬間です。

皆さんにとっての
祓い、鎮魂、言霊は、いかがでしょうか。

まもなくやってくる5月の連休は、
そんなことも深めるチャンスですね。

この記事をお読みいただいている
皆さんの毎日が、益々素晴らしい
日々となりますことを予祝して。

ABOUT US

neten株式会社/ラボラトリオ株式会社研究員
早稲田大学教育学部卒。
ヴィパッサナー瞑想からマントラを使った瞑想など様々な瞑想法を経て、白川学館の門を叩く。
言霊の叡智を装置化したロゴストロンの信号で、それまでの瞑想の体感が一変。この体験に衝撃を受け、800年間宮中祭祀を司ってきた白川伯王家伝承の「おみち」を生涯実践することを心に決める。
祓い、鎮魂、言霊を実践しながら、自らが世界の人々と「おみち」との結び手となるべく、日々奮闘中。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


10 件のコメント

  • 浅子さんの記事を見て、なかなか手が出せなかったエヴァの世界に踏み込んでみたくなりました!
    なので、早速帰宅したら番組予約して、来週のバイト予定が確定できたら空いた時間に映画を見に行きます♪
    映画、普段なかなか見ないんですけど、裏側をセットで見れるなんてなかなかないですもんね、
    ずいぶん昔ですが、私の中にある情報では、予告編の瞬時に映像や文字が切り替わる演出は監督がガンダムなどを研究して生み出されたものだとか。そういう裏側を聞くと、めっちゃ考え抜かれていて素敵ってなるんですよねー。
    作品を味わうのに、裏側はいらないって声もあるのですが(監督もそっち側の立場だと思いますが)、作品を味わえば味わうほどに裏側も気になって勝手に分析をしちゃうんですよね。いろんな楽しみ方があっていいと言いますか。

    浅子さんのおかげでゴールデンウィークの楽しみが一つ増えました。ありがとうございます♪

    祓い鎮魂言霊は最近時間を少しとるのがやっとになっているので、休み期間に体の休息と共に向き合いたいなと思います。

  • 浅子さん、いつもありがとうございます。
    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』はまだ観ておりませんが、いつだかTVで放映された作品を観て、これは!バビッ!ときました。『鬼滅の刃』を観たときと共通する感覚です。私の直感!『オタクが地球を救う!』。なお、私もたぶんオタクです!えへへ

  • 未見の方の事を考えるとネタバレになるので「シン・エヴァ」の書けないこともありますが、数年前からアニメ作品がロゴストロンに近づいていると感じることがあります。2105年に放送された「アクエリオンロゴス」は文字を操り自分の力にするというものでした(戦隊シリーズだと「侍戦隊シンケンジャー」も文字力(もじから)という能力でショドウフォンという筆で空に文字を一文字書いて変身したり、技を出すというものもありました)また最近では去年放送された「秘密結社鷹の爪 ゴールデンスペル」はゴールデンスペルというプログラムを発信することで人を操ったりするというものでした。他にも「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」など、人の考えは無意識に伝達してるのではないか?と思わされることがあります。

  • 今、大野さんの「Gコード」にはまっています。
    浅子さんのドはまり具合と同じような感じです
    まだ、シン、エヴァンゲリオンは見たことありませんけど、浅子さんが三回も見るほどの内容で「祓い、鎮魂、言霊」が學べるなら、見る価値ありありですね

  • 浅子先生いつもありがとうございます。
    わたしも木島さんと同じで、エヴァンゲリオンはほとんど観ていないのですが、先生の記事を読んで、早速NHK再放送の録画を予約しました。
    祓い鎮魂言霊には無関心であろう主人(映画は速攻退社して見に行ってます。)と、このドキュメンタリーを通してなにか話せるかもしれないと感じました。
    最近、祓い鎮魂、Easy Logosでの発信ができておらず、鎮魂もできて15分くらいで、しかもあくびばかり出ていて、正直焦ってしまっています。先生の記事を読んで、「私」をなくそうと焦っていたなぁと思いました。
    「とても深いところから楽しませていただける」ことが増えるよう、日々精進しいきたいと思います。

  • 先週、観てきました!

    姪っ子にテレビシリーズの録画を頼まれて、何気なく観ていたら、自分がハマってしまいました。

    シンジ君が自分を統合した姿の結末は、なんとも言えない気持ちになりました!

    ドキュメンタリーの情報、ありがとうございました!

  • 突然ですが、『ハメハメハ大王』を歌いたくなって歌ってしまいました。
    この歌を作った人は天才!こんな世の中になってほしいと思いました。
    ハメハメハメハメハ~

  • さっそく観てきました。

    95年当時、難解?なストーリーでアニメ好きの間で
    話題になっていましたね。

    私はTV版も劇場版も観ておらず、周りから大凡の
    内容を聞いていたに過ぎません。

    が、浅子さんの言葉に動かされて鑑賞したところ、
    うまく言語化できませんが、なるほど、浅子さんの
    仰ることが”わかった”ように感じました。

  • 私の体験報告させて下さい、初めは足の浮腫から霜焼けと診断された、段々悪化して、病院に紹介され、すぐ入院と告げられすぐ入院しなければ5%セント生存率 手術しても2年後には?
    日赤病院に飛込みまた同じ事を言われました。日赤病院で手術を受け事に
    2週位間がありました.1人暮らしですですから、死に支度しました、
    家の事、遺言書、なと4月8日入院
    4月9日手3日後退院していいよと言われ!あの恐怖何だったの?あの不安な気持は何?でも毎日とほかみえみためを100回以上唱えていました、心の支えなりました。有り難うございました
    コロナで会話もままならず、又斎藤ひとりさんの言葉も唱えていました、
    今は歩行困難ですが生きている事に感謝です。毎日を大切に明るく過ごそうと思います!
    他の先生に聞きましたら強く言わないと駄目何ですて、初めての入院には応えました。以上です。

  • しらうめ さん へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です