不易と易 ~水の心~

方法・使い方

皆さんこんにちは、
内海昭徳です。

7月になりましたね。

日本各地が梅雨らしからぬ
局地的豪雨に見舞われています。

梅雨が明けて夏になっても
酷暑の合間のゲリラ豪雨や

秋にかけては、昨年のような
超大型台風の懸念など

ひと昔前では考えられなかったような
水害の頻発に備えるべき時代になりました。

万物の根源、とも解せる
水の力がこれほど
天地の間で荒れていることは

この大変化の時代にあっての
幽の世界の働きの現れなのかもしれません。

水は五行の神でもありますが
「とほかみ」の深奥である
天之御中主神にも通じるものですから

そのまま、宇宙の根源の働きに
つながる象徴でもあります。

老子道徳経には
「上善如水」という
有名な語句があり
(日本酒の銘柄として馴染みのある方も多いかもしれません)

全てのいのちを生かし
また柔軟で争わず、
自在に方円の器に従う

その融通無碍な水の性質は
道(タオ)のありようの
理想として例えられています。

宇宙の根源・幽の世界の
不変の働きを「不易」とするなら

そこから発する顕の世界の
多様な変化の現れは「易」と取れます。

「とほかみえみため」の言霊は
「不易と易」「幽と顕」の
そのどちらにも通じ

そして最適な働きを
結ぶことのできる、

水の性質の神髄を
無限に含みもつ言霊とも言えるでしょう。

また、例えば海面が大荒れでも
深い海底は泰然と鎮まっているように

激しい現象の変化の中にあっても
自分の五魂が波立たないよう

平安清明のあり方を
整えてくれる言霊でもありますね。

さらに阿蘇さんのご専門の通り
水は情報の媒質でもありますから

水害、水難が想定される
これからの時期に

水を通して
「とほかみえみため」
の働きを伝播させることも

この時代に大なる貢献になるかもしれません。

2020年の下半期も
世相は大いに荒れそうですが

水のような自在の心
明鏡止水の澄んだ心で

今月も日々、
「とほかみえみため」
の働きを深めて参りましょう。

ABOUT US

内海昭徳
株式会社ロンズデーライト代表取締役
neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。
9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。
世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。
北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。
シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。
コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。