白川伯家が護った「とほかみえみため」

歴史

皆さん、こんにちは!
石原政樹です。

皆さんお元気でお過ごしでしょうか?


さて、明治政府が掲げた「王政復古」は江戸幕府を破壊するための大義名分に過ぎませんでした。


「王政復古」とは、武家政治・共和制などを廃し、再びもとの君主政体に復することです。


彼らにとって天皇の神なる力、国を統(す)べる力が発動するのは自分たちが権力を掌握する上で邪魔だったのでしょう。


その統べる力の源こそ「とほかみえみため」でした。


「とほかみえみため」を世に知らしめた「三種祓(さんしゅのはらい)」は白川伯家神道で最初に唱える重要な祓詞(はらいことば)です。

白川神祇伯王家はこの「とほかみえみため」を千年以上、護り伝えてきました。

この伯家の時代的背景について、
さらに触れてみましょう。
これには古代から連綿と続いてきた律令制が深く関係しています。


律令制の特徴は二官、「神祇官」と「太政官」が置かれたことです。
神祇官とは、もともと政治を司る太政官よりも上の位に置かれ、
国家の祭祀を司る官庁でした。


ちなみに太政官の上に神祇官があることは、日本のオリジナルです。
律令制の導入元である、中国にはないのです。


この順序には重大な意味があります。
古代社会には、

カミ(神)
キミ(君)
オミ(臣)
タミ(民)
イミ(忌)

という階層がありました。
次回はこの構造の意味についてお伝えします。

(つづく)

ABOUT US

禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


22 件のコメント

  • 「とほかみえみため」を世に知らしめた「三種祓(さんしゅのはらい)」は白川伯家神道で最初に唱える重要な祓詞(はらいことば)なんですネ❕
    それが❗千年以上守られて来たのですネ❕

    その間、律令制が有り、その特徴は二官、
    ★「神祇官」と・「太政官」が置かれていましたですネ。
    その神祇官とは、もともと政治を司る太政官『よりも上の位に置かれいて』、国家の祭祀を司る官庁だったのですネ❗

    知らない事ばかりです❗そしてこの太政官の上に神祇官があることの順序は、日本のオリジナルで重要な意味が有ると言う事でした❕

    次回の、古代社会には、以下の五つの、階層が
    在ったとの事❕
    カミ(神)
    キミ(君)
    オミ(臣)
    タミ(民)
    イミ(忌)
    という階層がありました。益々興味深く成って来ました⁉️
    一体どんな意味を持ち、稼働してたのでしょうか❔・・・楽しみですネ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です